FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

恩納ナビーの歌碑めぐり
 きょうは恩納ナビーに歌碑廻りに出かけました。

恩納なべ(おんななべ) 生没年不詳。琉歌(りゅうか)の歌人。18世紀前半、琉球王朝尚敬(しょうけい)王時代(1713~51)の人と伝えられる。沖縄本島の中央部恩納岳の麓(ふもと)に生まれ、万葉風の琉歌を詠んで有名な歌人である。「恩納岳あがた里(さとう)が生(う)まれ島(じま)/もりもおしのけてこがたなさな」にみられるように、壮大な景観や熱烈な恋情を歌に託す手法は非凡で、作風の際だった特徴である。国王の巡行を迎えて詠んだ歌の歌碑が恩納村の万座毛(まんざもう)に建てられている。島袋盛敏・翁長俊郎著『標音評釈琉歌全集』(1968)によれば、恩納なべの歌とされるものを18首数えることができる。 [ 執筆者:外間守善 ][ 日本大百科全書(小学館) ]



12時29分 セルフ塾を出発。京子と二人車で。

12時52分 恩納村の博物館に立ち寄る。職員にこれから恩納ナビーの歌碑めぐりに行くのだが、ネットで二つは見つけた。もっとあるのかと尋ねたが、二つだけとの返事だった。


1時22分 万座毛を通過して御菓子御殿のレストランに入る。そこで、フーチャンプー \850とソーキそば\750を注文。海の色がとてもきれいである。伊江島も見える。

1時37分 フーチャンプルーとソーキそばが来る。食べ始める。

2時4分  御菓子御殿を出る。二人で\1600を支払う。

2時15分 万座毛に到着。恩納ナビーの歌碑を見物。
nabi-1.jpg


「波の声もとまれ 風の声もとまれ 首里天がなし 美御機拝ま」
(波の音も 風の音も 静かになれ 今私が首里の王様のご機嫌を伺いをしますから お顔を拝ましますから)
「しぐれせり おんな詩人の 碑を訪(と)へば」


明治・大正期に活躍した児童文学者、巌谷小波(いわや・さざなみ)が1931(昭和7)年にここを訪れた時に詠んだ句。


2時30分 万座毛。歩道ができている。ほとんどが立ち入り禁止になっている。だから以前来たときよりも面白くなくなっている。

万座毛(まんざもう) 沖縄本島北部、恩納(おんな)村にある海岸景観地。東シナ海に面した岬部で、琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる台地に広場をなし、古来から若い男女が集まって歌や踊りに興じた(毛遊(もうあし)び)ところから、尚敬(しょうけい)王が1726年の巡行のおりに命名されたと伝承されている。沖縄海岸国定公園にあって沖縄本島北部観光のメッカとなり、近接して万座ビーチの海水浴場がある。 [ 執筆者:目崎茂和 ] [ 日本大百科全書(小学館) ]



「恩納岳あがた 里が生まれ島 もりもおしのけて こがたなさな」

(恩納岳の彼方に愛しい人の生まれた村がある。あの山を押しのけてこちらに引き寄せたいものだ)




2時40分 売店の裏をぐるりと回る。あずまやがある。ダイビングスポットなのかYナンバーの車などがある。釣りをしている人もいる。
 ボンベもあるのでダイビングの人もいるようだ。

 恩納松下の歌碑に到着
nabi-2.jpg

恩納松下に 禁止の碑たちゅす
恋しのぶまでの 禁止やないさめ
恩納の松下になにやら禁止の立て札が立っているというが、
まさか男女の恋を忍ぶことまで禁ずるようなおふれではないでしょう。



 3時:29分 恩納ナビー誕生の地に到着。地図がはっきりしないのでだいぶ迷う。途中で高校生ぐらい女の子に尋ねる。
nabi-3.jpg

3時:50分 恩納のえき。
4時:03分 クリームぜんざい(カナちゃんパーラー )\370。ターウム、とまっ茶のぜんざい(琉冰) \500。そこは行列ができている。

4時:40分 セルフ塾に到着。
スポンサーサイト




「やばい」の意味は?
 「やばい !」
 「今度の期末テストどうだった?」と僕が尋ねたことに対する、K君の返事です。

 僕は、「そうか、この間よく頑張っていたから期待していたんだけど、残念だね」と返すと、

「いや、いい意味でのやばいです」とK君。「数学が○○点、理科が○○点・・・」とすばらしい点数です。

 そうなのです。最近の若者は「すごい、素晴らしい」というような意味で「やばい」という言葉をよく使っているのです。僕もこれまで何度か聞いて知ってはいたのですが、やはり僕の頭の中では「やばい」は「大変なことになるぞ。危ないぞ」というような意味なのです。

 言葉というのは変わっていきます。紫式部が使っていた「あはれ(あわれ)」は現在僕等が使っている意味とは全く異なります。言葉に絶対的に正しいということはありません。

 「やばい」も多くの若者がそのまま使い続けていくと、その意味も変わってしまうのでしょうね。

 6月28日(月曜日)、沖縄タイムス「声」に掲載されました。


全商連国分会長と岡崎事務局長と懇談
 昨日は 午後1:00から2:00までの間、沖縄市にいました。

全国商工団体連合会(全商連)の国分稔会長と岡崎民人事務局長がいらっしゃったからです。お二人は参議院選挙の応援にいらっしゃったのです。

参院沖縄選挙区に立候補している県民共同のイジュ唯行氏(日本共産党推薦)と日本共産党の応援です。

 部屋には 10数人の業者仲間が集まりました。

 自己紹介などを行ったりして、和気藹々とした雰囲気で話し合いが行われました。

 お二人からは沖縄の普天間基地の問題、そして消費税の問題などが語られました。イジュ唯行候補のすばらしさんらも語っておられました。

 またその後、出席者の意見も出ました。

 僕も発言しました。
 一般の人は消費税のことは知っているが、法人税のことは全く知らない。これはマスコミの責任である。大企業から広告料を受け取っているマスコミでは真実を語ることは出来ない。僕はブログなどでそういうことを発信していると、

zenshouren.jpg

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.