FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

科目別、これからの伸び
 おとといの高校受験夏期学習では国語の過去問をさせました。それで昨日はそれの間違い直しを一緒にしました。

 間違い直しに入る前に、
「国語は、数学や英語よりやりやすかったでしょう」と問いかけました。

 すると生徒の反応も
「国語はやりやすかった」でした。

 「でもね、国語はこれから後はそれほど伸びはしないんだよ」とぼくは言いました。

 すると生徒は「えぇ~~」と落胆した声を出しました。

「もちろん作文の書き方や古典の勉強をすれば、それは伸びていく。それに読解力の練習もすれば少しは伸びはする。しかしほかの科目のようには伸びは大きくないんだ」と話ました。

 そして黒板におおざっぱな僕のだいぶ主観的なグラフをかきました。
「国語の伸びはこのように傾きがとても小さいんだ」

kamokubetunobi.jpg
「それじゃあ数学は?」という声が上がったので、

「数学はこれくらい急激に上がるよ。だから、これから数学はとてもとても伸びていく。今は 30%や40%しかできないだろうけども 入試の時には満点を狙う人も出てくるくらいだよ。実際にこれまで満点をとった生徒が何人もいる。自己採点でね」と話ました。

 「それでは英語は?」という問い掛けに、

「英語は数学ほどの伸びではないが、国語よりは伸びるよ」ということで黒板に英語のグラブをかき入れました。

「社会は?」
「社会はね」
 と僕も少し考えてから。

「こんなふうに徐々に伸びて、入試直前にぐ~んと伸びていくよ。だから社会は直前まで勉強することが大切なんだ」

「理科は?」

「理科はね、社会ほどではないけども直前にぐんと伸びていくよ」

 このグラフは僕のかなり主観的なこれからの科目別の伸びです。これまでの経験で感じている伸びです。

 もちろん国語もこれからの勉強を軽視するわけにはいきませんが、やはりほかの科目の伸びの方が大きいと思われます。

 そういうことも正直に話して生徒に理解してもらった方がいいと思い、話しました。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.