FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

熟語も「なぜ?」で考える
 ぼくが中学、高校のころ、英語の熟語は、「なぜそういう意味になるのか考えないで、そのまま覚えなさい」と教わりました。いまでもそうでしょうか。

 get up は「起きる」という意味です。get up をまとめて「起きる」と覚えるのであって、なぜget なのか,なぜupなのか考えるな、ということですね。

 先生のいうことですから、そのまま覚えるように努めました。といってもまじめな生徒ではないので、がんばって覚える努力をしたわけではないのですが、・・・。

 ただ、数学、理科が好きで、「なぜ?」が好きで、理屈が好きなぼくは、ただただ覚えるというのは好きではありませんでした。

 やはり、なぜget?,なぜup?と考えたくなります。

 故事成語というのがあります。例えば有名なところで「矛盾」。「つじつまが合わないこと」を言います。

  「矛盾」とは「つじつまが合わないこと」です。そのまま覚えてください。なぜ「矛」なのか、なぜ「盾」なのか考えてはだめです。

 というより、あの有名な矛と盾の話を知ったら、もう「矛盾」のことは忘れません。

 ぼくは、英語のテキストを作るときに、熟語もなぜ?を説明するように努めました。2年5章。

 get up get は「手に入れる」、 upは「上に」です。

 「横たわっていた人が上に(up)立ち上がる状態を手に入れる(get)」からget up は「起きる」になるんだよ、ということです。

 一度、理屈を理解すれば、あとは使って覚える努力は必要です。

矛盾
《昔、中国の楚の国で、矛(ほこ)と盾(たて)とを売っていた者が、「この矛はどんなかたい盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、「それではお前の矛でお前の盾を突けばどうなるか」と尋ねられて答えることができなかったという「韓非子」難一の故事から》二つの物事がくいちがっていて、つじつまが合わないこと。自家撞着(じかどうちゃく)。「発言の―を突かれる」「二人の話が―する」
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]


 
スポンサーサイト




あなたの魚は『普通』。あっちの魚は『サービス』
 昨夜、酒の場でYoshihiroくんが語ってくれた話です。おもしろかったので、ここに掲載します。

 観光客2人が、読谷村字都屋にある食堂「読谷海産物レストラン」に行きました。

 都屋の漁港のすぐ近くで、新鮮な海産物を食べさせてくれるという評判の店です。

 上品さはほとんどなく、荒々しいのですが、沖縄らしい食堂です。

 2人の観光客は、いろいろ迷ったあげく、2人とも「焼き魚定食」を注文しました。

 ところが、出てきた焼き魚、明らかに大きさが異なるのです。小さい方が来たAさんは不満です。

 それで、給仕のおばさんに言いました。

「ぼくの魚は小さいですよ」

 それにおばさんは、まったく動じることなく答えました。

「あっ、それね。あなたの魚は『普通』。あっちの魚は『サービス』。あなたの魚が小さいわけではないですよ」

 それにAさんは、言い返すこともできず、納得したそうです。


 大きさがまったく異なる魚を堂々と出すというところが沖縄らしいと思います。

 答えも名言ですね。

 でも、小さい方にはてんぷら1つでも加えてくれたらいいですね。

http://rp.gnavi.co.jp/5440542/map/
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.