FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

不定詞の導入
 不定詞の導入は,一般に次のように行われているように思います。

 まず,to + 動詞の原形 を「不定詞」という。なぜ,「定まらない(不)ことば(詞)」なのかの説明はない。

 そして,不定詞には,「~すること」という意味があり,名詞の役割をする。

 また,不定詞には,「~するために」という意味があり,副詞の役割をする。
 そして,不定詞には,「~するための」という意味があり,形容詞の役割をする。

 不定詞にはこのように,3つの用法があります。そのまま覚えましょう。と言う感じ。もちろん,それぞれの例題を出しながら,ていねいに教えるのでしょうが。

 ぼくが言いたいのは,この名詞的用法,副詞的用法,形容詞的用法がばらばらに提示されるということ。それらの関連はまったくないということです。

 そして,これまで 前置詞の to は「~へ」「~に」という意味だったのに,ここではその前置詞toとの関連もまったく説明されない,ということです。

 とにかく,ばらばらにでいいから覚えましょう,という感じです。

 ぼくのように,記憶力が悪く,理屈が好きなものにはついていけないのです。だから,英語がきらいになっていったのでしょう。
(自分の不勉強を棚に上げて,人のせいにしていますね。自分でも分かります。)

 ぼくのような理屈の好きなものが英語を教えると,次のようになります。

 まずは,これまでに学んだ前置詞 to から出発します。

 to は,「目標点」を表す。

 I go to school. は「私は行く,目標点は学校」と考えるのですね。

 つぎ
 I like apples. は「私はりんごが好きです」

 I like to sing. は「私は好きです(目標点は)歌う」

 つまり,私が好きなのだが,その「好き」が向かう目標点は「歌う」ということ。
 「私は,歌うことを目標点に好きであるという感情を持っている」

 だから,
 I like to sing. は「私は歌うことが好きです」 になる,ということです。

 このように,不定詞のtoも前置詞のtoと同じ「目標点」を表すのです。別々に覚える必要はありません。前置詞のtoから派生したものとして不定詞のtoを学べばいいのです。

 前置詞のtoでは,その後ろに名詞が来て,不定詞のtoの後ろには動詞が来るという違いはあるが,基本は同じだよ,と。

 I want water to drink. は
「私は水が欲しい。その水は何につかうかその目標点は『飲む』」
「私は,飲むことを目標点にした水が欲しい」

 だから,「私は飲むための水が欲しい」になる。

 I went to school to study.
「私は学校に行った,なぜ行ったのか,その目標点は 勉強する」
「私は,勉強することを目標点にして学校に行った」

 だから,「勉強するために学校に行った」となる。

 このように,不定詞は, 「~することを目標点に」という一般的な意味になるのです。

 不定詞の3つの用法をばらばらに覚える必要はないのです。

 なぜ「不定詞」というのかの説明も一応はします。次のページを参照ください。

不定詞を to動原詞に
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.