FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ペリーの「旗立て岩」
 きのうは,中城村の旗立て岩に行きました。

 前回も行ったと紹介しました。
ペリー一行が歩いた道

 そのとき,Kyokoは,「どこに岩があるんだろうね,それらしいのは見あたらないけど」と言っていました。

 さて,KyokoのいとこのTamotsuくんが旗立て岩の近くに住んでいます。
 先日,旧盆でそこにKyokoが行きました。

 彼に先の疑問をぶつけたのです。

 すると,彼は,「岩はちゃんとあるよ」と言い,連れて行ってくれたのです。

 それで,今回はぼくもいっしょにその岩に向かいました。

 まずは,Tamotsuくんの家に行きました。

 理由は2つ。Kyokoはそこから連れていってもらったので,そこからの道順しかしらない,もう1つは,塾の庭でとれた野菜をプレゼントに。

 Tamotsuくんの家は中城村新垣。建て売り住宅のところです。本部落とは別。

 畑道を車で進みます。しばらくして,Kyokoが車を止めるように言うので,道ばたに留めました。

 そこから見上げると,確かに岩が見えます。それが「旗立て岩」とのこと。かなり高いところにあります。そこからだと東西の海が見渡せたでしょう。
hatatate1.jpg


 そして,新垣の本部落へ。そして,ぐるっとまわって,墓のあるところ。そこから歩きます。道なき道を歩きます。密林をかきわける感じ。
hatatate2.jpg


 もし,岩まで行きたい人は,軽装で来た方がいいですね。そして,村役場に問い合わせるなりして,道の分かる人についてきてもらった方がいいです。案内板もありません。少しだけ危険でもあります。(村役場に問い合わせたら,案内者を紹介するかどうかは分かりません。ただ,案内者がいないと無理に近いということです)

 その辺りは,地面の裂け目になっていて,左右に移動しているとのこと。Tamotsuくんは地質の専門家です。あちこちに裂け目が見えます。旗立て岩も2つに分かれています。そういう意味でも危ないところです。素人のぼくの目では,2つの岩がただあるだけにしか見えませんが。
hatatate3.jpg


 Tamotsuくんは,毎年見に来るそうです。どれくらい移動しているかを調べるために。

 さて,なんとか岩の下までたどりつきました。下から見上げます。

 岩の上に上りたいと思い,途中まで行ったのですが,きびしいです。身が軽ければ上ることができそうです。でも,ぼくには危ない。無理はよそうと思い,止めました。でも,旗立て岩そのものを見ることができたのは,大きな収穫です。

peri2.jpg


 さて,場所です。
 「ペリーの旗立て岩」の説明板があり,展望台があるところの裏手です。そこに車を止めて行くこともできます。
hatatate.jpg


 展望台に向かって右の方向に「ハンタ道」を行きます。ゴルフ場に向かう感じで。

 すると左に車一台が通るくらいの小道があるので,そこを進みます。すると,次のような施設が見られます。何の施設かは分かりません。
hatatate6.jpg


 その建物に向かって右手の方に進みます。墓や畑があります。ぼくの行ったときはサトウキビ畑でした。

 そして,次の墓の後ろにまわって進みます。
hatatate5.jpg

そこからは案内者がいないと難しいですね。
スポンサーサイト




ペリー一行が歩いた道2日目
 ペリー一行が歩いた道を前に紹介しました。

ペリー一行が歩いた道

 昨日は,その第2弾です。

午後12:48 セルフ塾を出発しました。

1128 カレーハウスCOMEに到着。昼食です。前回と同じ店。開店サービスで安い。カレーバイキング一人\700。
1:50カレーハウスを出る。

2:03 松田Tamotsu君の家に野菜を届けました。

2:10 旗立て岩を下から写しました。旗立て岩は前回も訪ねています。旗立て岩についてはまた改めて書きます。
 ぼくらが立って写真を撮したところは畑道。昔はここがメーンストリートだっただろうとのこと。
peri1.jpg


2:29本 旗立て岩に到着。上にのぼることは出来ません。ほとんどの人が通らないところを通ってやってきました。
peri2.jpg


ペリーの旗立岩(新垣)

3:15 車を駐車場に止めて守礼の門。
peri3.jpg

その後首里城の歓会門 、園比屋武御嶽石門 の写真。
peri4.jpg


 ペリーは首里城を訪問しています。守礼の門の絵も残っています。

ペリー提督の首里城訪問(琉球王国)

3:30 駐車料金\200を支払い駐車場から出てきました。

3:53 那覇市泊「ペリー上陸の地」。
peri5.jpg
 「ペリー提督上陸之地」の字の下には,

「琉球人の繁榮を祈り,且つ琉球人とアメリカ人とが恒に友人たらんことを望む 一八五三年六月六日 大美郷殿招宴席上のペルリ提督挨拶」


とあります。

 現在の,アメリカと沖縄の関係をペリーが見たらどう思うでしょうかね。
 やはり,アメリカ人としての目で見ていたのだろうな,とぼくは思います。


4:50 宜野湾市のはにんす、北谷町のハンビータウンに寄る。

6:03 セルフ塾に到着。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.