FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読谷村議会議員選挙速報 2010年
 読谷村議会議員選挙の結果が先ほど11時過ぎに発表されました。
 それをここに掲載します。FM読谷を聞きながらメモをとり、それを活字にしたものです。名前など、間違えている可能性もあります。正式な発表ではありません。

 いろいろさがしたのですが、このように知らせるページがありません。知りたい人はいると思うので、ぼくが掲載します。


当選 イハアツシ 1285
当選 山内まさのり 1226
当選 山城正輝 1161
当選 城間勇 1120
当選 新垣スーコ 1095
当選 知花トクエイ 959
当選 国吉マサカズ 939.791
当選 仲宗根モリヨシ 892
当選 大城ユキハル 831
当選 ツハコキクエ 804
当選 カデカル林春 791
当選 当山カツヨシ 786
当選 当真リョージ 772
当選 上地リエコ 761.249
当選 照屋セイシュウ 751
当選 長浜ムネノリ 748
当選 比嘉イクヤ 746.654
当選 上地サカエ 671.75
当選 いさ真武 656
次点 島袋ヒデミツ 606
落選 比嘉ゲンセイ 394.345
落選 池原マサカツ 101.208
スポンサーサイト




沖縄方言、ウチナーグチ、琉球語
 僕はこれまで沖縄方言、ウチナーグチ、琉球語を全く区別ししないで使ってきました。

 僕にとっては、ウチナーグチというのは、琉球語であり、沖縄方言だったのです。

 それで、今の若者は沖縄方言が全く使えない、または、僕は沖縄方言がそれほどうまくはない、などということを書いてきました。

 ところが、ネットを調べてみると、沖縄方言と琉球語を区別した方がいいのではないかというページに出合いました。

2章  <現在の沖縄方言の特徴>


琉球語は現在、若い世代ではほとんど使用されていない。しかし、沖縄でも他府県同様に方言が現在も使われている。
山口大学人文学部言語文化学科4年上谷有三


 それは、いい考えかもしれません。昔、沖縄で使われていた言葉を琉球語とし、そして現在若者が使っている共通語ではない、沖縄で使われている言葉を沖縄方言とするのです。

 方言を「一定の地域社会に行われる言語」とすれば、若者がいま使っている言葉は、沖縄で行われる言語ですから、方言と言えます。

 つまり、若者は沖縄方言を使っていることになります。

 それはそれで一つの文化といえるかもしれません。

 僕の耳で聞くと、若者が使っている方言は、全く聞くに堪えないものです。こんな方言があるのかと思ってしまいます。

 でも、言葉というのは変わていきます。これだけ標準語が当たり前になっていると方言も大幅に変わってくるものです。

 沖縄の場合には 琉球語と現在若者が使っている言葉との間にはものすごい差があります。

 僕はどちらかというと、まだ琉球語を使う方にかなり近いです。

 ぼくの世代を境にして、琉球語がなくなりつつあり、そして、沖縄方言という新しい言語が作り出されてきているのです。

 ウチナーグチは、琉球語とイコールでいいのではないでしょうか。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.