FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

方程式、右辺がなくなった!!

 中学1年生は方程式を学んでいます。一元一次方程式です。

 さて、次のような方程式が出たらとても戸惑う人が多いです。

 5x=2X

 Xの項は、左辺に移項します。移項もだいぶ上手になりました。
 それで、
 5x=2x の2xを左辺に移項するのですが、そうすると、
 5x-2x=
 で、右辺がなくなってしまいます。
 ここで大慌てです。右辺がなくなった、どうすればいいのだ、という感じです。

 ここで、移項とはどういうことだったのか、に戻って考えさせます。

 5x=2x という場合、右辺に2xがある。両辺から2xを引くというのが移項の意味だよ。つりあっている天秤、両方から同じだけとればつりあうでしょう。

だから、

 5x=2x は、
 5x-2x=2x-2x になる。

 2x-2x はいくらになる?

 0 と答えてくれたら、先の左辺に移項したら右辺は0になる、ということをすぐに理解してくれます。

 でもそうスムーズにいかないこともあります。「0」「なくなる」の概念がまだしっかりしていないのです。先ほどの以降でなくなったのにまだしばられています。

 「2x-2x は何?」
 「なくなる」というだけで「0」が出てきません。文字式の計算もまだ慣れていないのです。

 「では、2-2= ?」
 これはさすがにどの中学2年生でも「0」と答えてくれます。数字の計算は得意です。
 
 「2-2=0、 では2x-2x=?」 ここまでくるとたいていは「0」と答えてくれます。

 「0」って難しいのです。インドで0が発見されたそうですが、とてもすごいことだったのだろうと思います。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.