FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

バナナを収穫
 セルフ塾になったバナナを収穫しました。

banana1_20101017172123.jpg
banana2_20101017172123.jpg
banana3.jpg
スポンサーサイト




太陽や月が、なぜ南の空に見えるのか
 中学3年生は理科で「天体」の学習をしています。

 Chikaさんが習いにやってきました。

 太陽や月が、なぜ南の空に見えるのかよく理解できない、とのことです。

 僕は少し考えてから、「隣の教室にある地球儀を持って来てごらん」と指示しました。

 持って来てもらった地球儀で、まず日本をさがします。

 そして、その日本の上に、近くにあった接着剤のキャップをたてました。

taiyominami.jpg

 「Chikaさんが太陽だとするよ。そしてここに人が立っている。

 この人の真上はここでしょう」といって、キャップの真上を指で指し示します。

 そして、

 「太陽であるChikaさんを、この人が見るよ。この人にとってはこの方向に見えるでしょう」といってChikaさんを指さします。

「真上よりも太陽の方向が南の方にあることがわかるかな。
日本がここだから日本はここで南にある赤道はここだよ。
だからこの人にとっては、真上よりも南の方向に太陽があるんだ」

 しばらく考えてからChikaさんは「分かった」と云いました。

 「南半球にあるオーストラリアではどうなるか考えてみよう」と言って、僕は接着剤のキャップをオーストラリアに立てました。

「ほらオーストラリアにいる人は真上よりも北の方向に太陽が見えることになるでしょう」

 「わかった」とChikaさんは答えました。

 何とか理解できたようです。接着剤のキャップより小さな人形があればもっとよかったかもしれません。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.