FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

そのまま覚える英語脳、理屈で覚える数学脳
 twitterで、kyushinkenさんのつぶやきに次のようなのがありました。

高校時代に何を習ったかほとんど覚えていないが、数学の先生が英単語を語源で覚える方法教えてくれたのよく覚えている。どうやって勉強すればいいのか教えるのが指導者の役目でもあると思う。


 ぼくには、岩田一男著「英単語記憶術―語源による必須6000...」に出合い、感動した記憶があります。



 さて、kyushinkenさんのつぶやきの中でおもしろいと思ったのは、「数学の先生が英単語を語源で覚える方法教えてくれた」ということです。

 「英語」の先生ではなく、「数学」の先生なのです。

 ぼくは分かるような気がします。以下、ぼくの勝手な推理です。

 英語の先生は、記憶力がよすぎるのです。学生のころに単語を覚えるのに苦労しない。だから、特に工夫することを指導しないのです。

 一方、理数系の得意な人は、記憶力はそれほどよくありません。それよりも「なぜ?」を考えます。

 「なぜ、この単語はこうなんだ?」などと考えてしまいます。

 そういう質問を英語の先生にすると、「それに意味はありません。そのまま覚えてください」といった回答が返ってきます。

 ぼくが完全にそうですが、理数系の人は、りくつが分かると覚えきれるのですが、「そのまま覚えなさい」に弱いのです。

 単語を、接頭辞、接尾辞、語根などに分解し、それの組み合わせで単語を覚える。すると、ただただそのまま覚えるより、分かるのです。もちろん、接頭辞、接尾辞、語根は覚えなければいけません。しかし、単語の数より圧倒的に少ない。

 接頭辞、接尾辞、語根は覚えると、初めて出合う単語でも、こういう意味ではないだろうか、と推測できるのですね。文脈も考えながらだと、けっこう正解になることが多いです。そして覚えたのが定着しやすい。

 英語に強い人と理数に強い人の頭の構造はだいぶちがうということです。どれが優れているということではありません。すぐに覚えきれる人がうらやましくもあります。

人の後には現在分詞、物、動物のあとには過去分詞
 中学生は期末テストに向けての勉強をしています。教科書準拠の問題問題集パーソナルに英語中3に、次のような問題があります。

 次の英文に合うものを( )内から選び、記号で答えなさい。

The girl { アspeak イspeaking ウspoke} to Emi is my sister.

Is tha the store { アopen イopens ウopened } yesterday?



僕は習いに来た生徒M君に一通り説明をしてから、次のように、つけ加えました。

「あくまでも傾向なんなのだけども、

 人間の後ろにはing、つまり現在(進行)分詞が、物や動物の後ろにはed, 過去(受動)分詞がくるんだ。

 なぜかというと、人間は働きかけることが多い。だから
「なになにしている誰だれ」という言い方になる。

 ここでは「中国語を学んでいる生徒」というようにね。
 学ぶという働きかけを行うのは人間だからingになる。

一方、物や動物は動作を働き掛けられるという受動的な立場に立つことが多いんだ。「~される・・・」というように。

 店は人間が開けるので、開けられるということになる。

 ただそれは絶対的ではない。

 「タカと呼ばれる少年」と人間の後に過去分詞が来たり、
 「むこうを走っている犬」というような動物の後にingが来ることもあるからね。

 だからきちんと意味をとらえながら考えなければいけないけど、まあ、そういう傾向があるというのを知っていても悪くはないと思うね」

「沖縄のうわさ話」にに、セルフ塾のこと
 「沖縄のうわさ話」というサイトに、セルフ塾のことが載っています。ここに、転載いたします。

沖縄のうわさ話 9月 29日 【塾】読谷村の塾


= ナユ さん =

現在、読谷村在住で、小6の子供がいます。
以前から将来の目標が医者でしたが、本気のようで、親としては応援してやりたいと思っています。
医学部に進むために、金銭面もある為、公立中学から開邦高校か球陽高校にと考えていますが、
来年中学に入学する際に、塾に通わせようと思います。
送迎が困難なので、できれば村内で探していますが、有名な進学塾等がないため、
志学塾かスタディにしようと思っています。どちらがお勧めでしょうか?
それ以外に、他にいい塾がありますでしょうか?
それとも、専門の塾でないと難しいのでしょうか?
また、中学から勉強を始めるのは遅すぎますか?
土地柄かのんびりしていて、進学校を目指すお子さんも少ないので、情報が少ないです。
経験者や情報があれば、是非アドバイスお願いします。



One Response to “【塾】読谷村の塾”
1. 匿名 より:

9月 29th, 2010 at 7:22 PM
読谷村座喜味、役場近くに、セルフ塾と言うのがあります。
少し変わった授業形態の塾ですが、球陽高校への合格者も高い確率で出しています。
うちの子も中3から通いましたが、学校では、無理だと言われていた普天間高校へ、合格する事ができました。

ただ、他の塾ではけっして見られない授業形態ですのでその子に合った塾かどうかは、保障はできません。
自信を持って言えるのは、勉強するくせがつきます。

年に一日だけしか募集をしていませんし、朝9時からの受付で、30分ほどで締め切るほど、希望者が多かったような気がします。



 昨夜、知人で元塾の保護者であるMさんに久しぶりに会いました。

 「『沖縄のうわさ話』というサイトがあるの知っている?」と尋ねるので「知らない」と答えました。

 「実は、読谷で学習塾を探しているした人がいるので、セルフ塾のことを書いたのよ」と言っていました。

 早速検索して見つけました。

 いいように評価して下さっているのでうれしく思います。
 Mさん、ありがとうございます。


区民清掃作業、屋号
 まずは笑い話から。

 沖縄出身のAさんが東京で自己紹介をしました。

「私の父は区長です。」

 それを聞いた東京の人たちは「すごいな区長さんの子供なんだ」と感心しました。



 なにが笑い話なのか伝わっていないでしょうね。たぶん。

 説明します。説明しなければいけない笑い話というのは、いい笑い話ではないのですが。

 東京の人にとって「区長」をというのは、世田谷区、新宿区などの特別区の首長のことですね。

 でも、沖縄では「区長」というのは市町村のさらに下の行政区のことです。

 僕の住んでいる読谷村では座喜味は「座喜味区」とよく言っています。そこの首長が座喜味の区長です。選挙で選ばれます。

 座喜味は約3,000人の人口ですから、その長ということになります。

 東京の特別区は都道府県レベルの人口です。

1 東京都 世田谷区 約84万人
2 東京都 練馬区 約69万人
3 東京都 大田区 約67万人


 だから同じ「区長」でも東京の「区長」は都道府県知事レベルということになります。

 格付けがだいぶ異なるということです。

 この「区」を、ここではよく用います。

 座喜味区民運動会、座喜味区豊年祭などなど。

 前書きが長くなりました。実は今日は座喜味区の清掃作業に行って来たのです。年に2回、春と秋に座喜味区清掃作業があるのです。

 こ草刈機をもって出かけました。慣れない作業なので、うまくいかないこともありましたが、なんとか終わりました。

 ぼくは出身は読谷ではありません。
 地元にまだなじんでいないので、「アレーターヤガ(あの人はだれだ)?」という声が聞こえます。
 すると、ぼくを知っている人が「アレー、ミーヤーメーウザのムークヤサ(あの人は新屋前宇座の婿だよ」というように紹介してくれます。

 「新屋前宇座(ミーヤーメーウザ)」というのは、屋号です。ここではまだまだ屋号が生きているんです。

や‐ごう〔‐ガウ〕【屋号】
1 家屋敷の各戸につける姓以外の通称。先祖名、職業名、家の本家・分家関係などによって呼び分けた。家名(いえな)。門名(かどな)。


 新屋前宇座というのは、どうも次のようにできたようです。まず「宇座」という役目をもらった人がいたので、そこを「宇座」と言った。その前に分家して家を建てたのが「前宇座」。さらに分家して新しい家を建てたので、「新屋前宇座」。

 お年寄りに自己紹介をするときには、この屋号を言わなければいけないのです。ここではまだ。

二次関数の変化率の簡単方法は証明も 
 中学生は期末テストに向けた勉強を行っています。中学3年生の今回のテスト範囲には,二次関数が含まれています。

 変化の割合(変化率)を求める問題も出ます。二次関数の変化率は,とても簡単に求めることができます。

 例えば
「y=2x²のグラフにおいて,xが3~5まで増加した。その間の変化の割合はいくらか」という問題では

 (3+5)をして,比例定数の2をかければ求めることができます。とてもとても簡単です。

 塾に通っている生徒の多くはそのやり方を知っているようです。

 それで学校でもそのやり方でやっているようです。

 でも、読谷中学の数学の先生方は,
「なぜそのようになるのか証明できなければこのやり方で解いてはだめ」
 と言って,注意するそうです。

 僕は基本的に正しい姿勢だと評価しています。

 なぜそうなるのか分からないままにやるよりは,面倒でも理解しながらやった方がいいのです。そうでなければ考える力はつきません。機械的にやるだけです。

 ただ、ぼくはこの方法を証明してから使わせるようにしています。とてもとても簡単な方法なので,利用価値は十分にあります。また,よく出題されます。

 そして証明も比較的簡単です。だから

 ぼくは,
 「自分で証明できるようにしなさい。
そして先生に証明しなさいと言われたら,きちんと証明し,説明できるようにしなさい。」
 と言っています。

 Kantaくんは学校でその方法でやっていたら,案の定,先生に証明はできるかと問われたようです。そしてきちんと証明できたといっていました。

先生は「面白いね」と言って認めたようです。

 念のために証明を載せておきます。

関数y=ax²について、xの値が、pからqまで増加すると、yの値は、ap²から
aq²まで増加するから、

変化の割合=(aq²-ap²)/(q-p)

(分子を共通因数aでくくる
=a(q²-p²)/(q-p)

{因数分解する(平方差の公式)}
=a(q+p)(q-p)/(q-p)

(約分する)
=a(q+p)

   (証明終わり)


タイムカードでやる気に
 「あ~あ,タイムカードの赤が途切れてしまうな」

 習いにやってきたAkito君がつぶやきました。

 セルフ塾では,出席をタイムカードで記録しています。

 塾に来た時に,「出」,帰る時に「退」のところにカードを押すのです。

 そして,19:15から21:45までの間は赤い色で記録されます。

 19:15が中学部の開始時間。そして21:45が中学部の終了時間です。終了時間までに終わっていない生徒は学習を続けますが、居残り組みということになります。

 午後7:15までにくれば開始時間に間に合っており,午後9
:45までに課題を終っていれば,時間内に終わったということです。

 開始時間は黒色の記録がいいことになります。「出」のところが赤色になっていれば,遅刻したな,ということが分かります。

 逆に帰りは赤の方がいいのです。「出」が赤色の場合,早めに課題を終わったということになります。

 Akito君はこのごろを順調に課題を終わって帰る時のタイムカードは赤色が続いていたのです。

 その日は自分でやるべきことはすべて終わったのですが,自分で解くことができない問題が数問残っていたのです。

 順番が来ないと習うことができません。だから21:45までには終わり切れず赤色が中断してしまい,残念なのです。

 タイムカードの帰りの色をずっと赤色にするというのは,がんばってきた証です。こういうところでもやる気につながる一つの手があるのです。

できる問題を与えてやる気にする
 子どもたちにやる気を起こさせるのは、とても難しいです。
 どうすればいいのか分からず、ついつい「なぜやる気のがないんだろう」と思い、「もっとやる気を出せ」と怒鳴ってしまいそうです。

 でも、そうどなってみたからといって、やる気が出てくるものでもありません。

 いくつかやる気の条件があるでしょうが、やる気を起こす一つの大きな条件は、その子ができる問題をさせているかどうかです。

 できない問題だけをさせていたら、やる気というのは起こらないのは当然なのです。

 その子ができる問題であれば、結構をやる気を持って課題に取り組むものです。

 もうすぐ期末テストなのでテスト対策を行っています。それが大変です。

 テスト勉強というのは、基本的にこれまで学んだことを復習して、思い出すという作業です。新しいことを学ぶことではありません。

 今年度は中学二年生に、学力の低い子がかなり入りました。学校での授業が全く身についていません。

 ほかの科目はまだいいのですが、英語が大変です。

 なぜならセルフ塾では、英語は中学2年生で入塾しても、中学1年生の学習から入るからです。だから今回のテスト範囲については、塾では全く学習していないのです。

 そのうえ学校での授業も全く聞いていないという感じです。

 だから新しいことを学びながら期末テスト対策をしなければいけません。

 通常はテスト勉強期間に入ると教科書準拠の問題集を解くということで対策をとっています。

 でもこの子たちにそのような問題集を与えてもできるはずがありません。それでやる気につながらないのです。

 僕は要点を絞って、この子たちにでもできるような問題を作ってあげています。今回のテスト範囲の中心は不定詞と動名詞です。

 それに沿った問題で、彼らでもできる問題を作ってあげているのです。

 きのうつくってさせた問題を載せます。

中2英語これだけは、テスト勉強 Lesson5 C [ 不定詞の副詞的用法 ]
次の英文を日本語に訳しなさい。
S V1 to V2 .Þ SはV2するためにV1する。
(1) I sit to study.
(         )
(2 ) You stand to speak.
(         )
(3) We eat to live. ( live =生きる)
(         )
(4) They study to pass. ( pass =合格する)
(         )
(5) Boys practice to win. ( practice=練習する、win =勝つ)
(         )
S V1 O1 to V2 O2 .Þ SはO2をV2するためにO1 をV1する。
(6) I went there to play baseball.
(         )
(7) He went to the library to read.. library=図書館
(         )
(8) We went to the station to see Takuho. ( station =駅)
(         )
(9) She studies English to go to America.
(         )
(10) He practices to be a soccer player. ( to be =~になるために)
(         )

中2英語これだけは、テスト勉強 Lesson5 D [ 不定詞の形容詞的用法 ]
次の英文を日本語に訳しなさい。
S V1 O1 to V2 .Þ SはV2するためのO1 をV1する。
(1) I have water to drink.
(         )
(2) I want cake to eat.
(         )
(3) We need a pencil to write.
(         )
(4) They need a book to read.
(         )
(5) She has the homewark to do.
(         )
(6) My mother wants a house to live.
(         )
(7) Girls need time to study.
(         )
(8) Boys have things to do. (thing=こと))
(         )
(9) Okinawa has places to visit. (places =場所))
(         )
(10) We want a ball to play baseball.
(         )


 そのようにとても分かりやすい単語で不定詞の用法を学習させているのです。

 このような問題なら彼らでも何とか解くことができます。すると、できるのですからやる気を持って学習に取り組んでいます。

 別口で問題を作るのは時間もかかり大変ですが、彼らがやる気を持って勉強するのですから何とか頑張ってやっていきたいと思います。

 やる気というのはどの子でも持っています。それをどう引き出していくのか僕らの役目です。

give up ingは基本的に「(していることを)中断する」
きのう書いた
動名詞は「~していること(状態)」、不定詞は「~することを目標点に」
 に、積分定数さんから、コメントをいただきました。

give up に関してはまさに Yojiさんが書いているようなことが書いてあるページがありました。勉強になります。有り難うございます。 http://i-eigo.net/cat_0/ent_59.html


コメント,メールのブログ掲載について
  ぼくもそのページはとても勉強になりました。積分定数さん、ありがとうございます。

 そのページの説明を簡単にしますね。


「家を改築するのをあきらめた 」

I gave up reforming my house.


 と英訳しては間違いだというのです。

 give up ~ing を「~することをあきらめる」と覚えたら、上の文は正しいように思います。

 しかし、ぼくが推理したように、

give up ingは基本的に「(していることを)中断する」
という意味の「あきらめる」。


 だそうです。ingはやはり「~していること(状態)」という意味なのですね。だから、これからやろうとすることに関しては使うことができない、ということです。 


家を改革するのを中断した
I gave up the idea of remodeling my house.
まだしていない計画などをあきらめる、という場合は
give up the idea of ~にします。


 というそうです。家を改築するという考えを放り投げた、という感じでしょうか。

 やはり、動名詞も不定詞も「~すること」とするより、
 動名詞は「~していること(状態)」、不定詞は「~することを目標点に」とした方がベターだということですね。




全か無かの法則
 Naohide君は、一次関数の問題がだいぶ上手にできるようになりました。2点があたえられて、その直線の式を求める問題です。

 しかし、マイナスのつけ忘れや引き算、移項など、ちょっとしたことで間違えてしまうことがあります。

 僕は
「このマイナスをつけていないだけでも、この問題ではバツ(不正解)だよ。すべてきちんとできないと、この問題で得点できない。

 この問題が5点だとする。マイナスをつけないだけで、×になっても0点。まったく解き方が分からなくても0点。同じ0点だよ。
 あなたがこの間勉強してきてここまでできたけど、マイナスをつけないだけで,まったく勉強しなかった時と同じ点数になってしまう。

 すべてきちんとできてやっと5点になるだから細かいところまで注意して計算しないといけないんだよ」
 と注意しました。

 「全か無かの法則」というのがあります。

全か無かの法則(英 all-or-none principle、all-or-none law)とは刺激の強さ反応の大きさに関する法則であり、悉無律とも呼ばれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



 例えば水に砂糖を入れるとします。少しだけ入れた時にはただの水と変わらないと感じます。

 少しずつ加えていき、ある量に達した時にやっと、「あっ、甘い砂糖を入れたんだね」と気づきます。

 ある点に達しないと刺激が伝わらないのです。80%でも90%でもだめなのです。100%でやっと刺激が伝わるという点があるのです。

 100%か0%か、それだけです。中間はないのです。

 大分上手になって99パーセントをできたとしても、マイナスをつけ忘れただけでも、これは0%と同じ結果になってしまうのです。

 ゼロか100か、といったところです。
 これを「全か無かの法則」といいます。all or none, all or nothing ともいいます。

 このような例はいくらでもあります。

 先日、英語検定の結果が送られてきました。

 それを見たある生徒は「あと一点だったのに」と残念がっていました。

 合格点が70点だとすると69点でも不合格なのです。

 また別の子は合格点すれすれだったといって、喜んでいます。

 70点でも合格、100点でも合格、同じ合格ということになります。

 「合格」か「不合格」か、結果はそれだけです。

 不合格Aとか不合格Bといった評価もついてきますが、気休めでしかありません。高校入試もそうですね。

 アメリカの大統領選挙では、ある州で勝つと100パーセントその選挙人を得ることができます。

 Aの候補が55%、Bの候補が45%の得票があったとしても、Aの候補が100パーセント選挙人を得るのです。これは本当に「全か無かの法則」だと思います。勝つか負けるか、それだけです。

 弁証法に、「量から質への転換」というのがあります。

 ある程度量が増えてきても、基本的には変わらないが、ある一点にまでその量が増えると質の転換があるというのです。

 20℃の水をだんだん冷やしていきます。18℃、 17℃とだんだん冷えていきます。しかし基本的に水であることに変わりはありません。

 しかし、それが0℃になると、水は氷という物質に変わっていきます。

 このように、そこまで達するまでは質的変化はないが、ある一点に達した時に質的な転換が現れるということです。

 それも全か無か法則のひとつでしょう。


 Naohideくんも、その辺のことを理解して(弁証法は分からなくてもいいのですが)、マイナスをつけ忘れたり、引き算を間違えたりといった、細かい点にも注意を払ってもらいたいものです。


 動名詞は「~していること(状態)」、不定詞は「~することを目標点に」
中学生は、期末テストに向けての勉強をしています。

 中学2年の今回のテスト範囲には動名詞と不定詞が入っています。

 ガイドブックなどでは、案の定、どちらも「~すること」と訳しています。学校でもそう教えているようです。ぼくも学生のころそう学びました。

 自然な日本語に近い訳をする場合にはこの「~すること」と訳した方が確かにいいですね。

 僕は不自然な日本語でいいから、できるだけ英語に近い訳をするよう心掛けています。

 動名詞の ing は現在分詞(僕は進行分詞と呼んでいますが)、の ing と基本的には同じものです。

 つまり「~している」ということを意味するのです。それが動名詞しになっても引き継がれます。

 だから
I like reading. は「私は読んでいる状態を好みます」ということになります。

 現在分詞と異なるのは、現在分詞は形容詞の役目を、動名詞が名詞の役目をするというところです。

 意味としては基本的に同じなのです。

 不定詞の to も前置詞の to と基本的に同じ意味です。

I go to school. は、「私は行きます、目標点は学校」ということです。

 前置詞の to の意味は「目標点は」です。「次の目標点に向かって」という感じです。

 不定詞の場合も同じです。前置詞toと不定詞to が異なるのは、前置詞の後ろには名詞が、不定詞の後ろには動詞の原形が来るということなのです。

 だから
I like to read. は「私は好みます、次の目標点に向かって、読む」ということになります。

 like は動名詞も不定詞も目的語として取ることができます。そしてそれほど意味は異なりません。

 ある本によると、
I like reading. は 読書が趣味であることを意味するそうです。

 私は読んでいる状態を好むですから、趣味ということになります。

 一方、I like to read. は、「目標点は」ということですから、これから読みたいという感じがあるようです。

 問題は一方しかとれない動詞です。

enjoy, stop. finish, give up, mind は、目的語に不定詞をとることはできず、動名詞しか取ることができません。

 動名詞、不定詞をどちらも「~すること」と訳していたのではその説明はできません。そう覚えましょう、と教えるしかないでしょう。

 でも、動名詞のingが「~している」ことをあらわすと理解したら、なぜ、enjoy, stop. finish, give up, mind が不定詞を目的語にとれないことが理解できます。

 I enjoy reading. 「私は読んでいる状態を楽しむ」のです。「読むという目標点に向かって楽しむ」ということにはなりません。
stop ~ing, finish ~ing も「~している状態をやめる(終わる)」という感じで、「これから目標点に向かって」というのとは仲良くありません。

 give up は普通「あきらめる」という日本語に対応します。これで考えると、「これから出世することをあきらめる」という感じで、to でもいいように思います。

 以下はぼくの推測です。give up は、up にあるように、これまでやってきたことを放り投げる、という感じの言葉ではないでしょうか。これまで一生懸命がんばってきて出世しようとしてきたが、それを放り投げることにする。そう考えると、to より、ingがいいように思いますがどうでしょうか。

 一方、want, wish, hope, expect, promice は動名詞ではなく、不定詞を目的語にとります。

 この言葉は「これから」とぴったりの言葉ですね。

 I want to read. は「私は欲しい、目標点は 読む」「これから読みたい」ということです。

 want の基本語義は「欠けている」です。
 「読むということが欠けている、だから読むことに渇望している、読みたい」ということになります。

他の言葉もそうです。「これから、目標点は」という意味をあらわすtoと仲がいいのです。

 このように、単に動名詞も不定詞も自然な日本語に近づけるために「~すること」と訳すよりも、不自然でもいいから、
 動名詞は「~していること(状態)」
 不定詞は「~することを目標点に」としたほうがいいと思います。


子どもころの小さなずれが大人になると大きなずれに
 一次関数のグラフの書き方に「2点法」というのがあります。

 直線というのは2点が決まればいいわけです。だから2点だけを決めて、直線を引けば一次関数のグラフが出来上がるのです。

 理論的に言えば、この2点というのはどのような2点でもかまいません。

 しかし、距離が短い場合には狂いがかなり生じるのです。距離が短い2点を定め直線を引くと、最初は少しの差であっても、端に行くとかなり大きくずれているのです。

 それで、できるだけ離れている2点を定めて直線を引くように指導しています。

 さて、人間の性格というのもこのようなものかなと思います。

 子どものときには少ししかずれていなくても、それがだんだん大きくなって大人になるころには大変なずれになっているということがあるように思います。

 塾の生徒に我慢のできない子がいます。少し面倒な計算をさせると、ぶつぶつと愚痴をこぼします。そして途中で投げ出してしまうのです。

 我慢する力というのは幼い時にできあがるのではないでしょうか。

 小さいころに小さな我慢をさせることで、だんだん大きな我慢ができるようになります。

 その小さながまんをさせなかったら、大きくなっても小さながまんさえもできなくなるのではないでしょうか。

 一次関数のずれのように、性格のずれも最初は小さいがだんだん大きくなるように感じます。

形式主語のitも訳してしまう
 きのうは、There is a book. のthere を「そこに」と訳してしまおうと書きました。

 形式主語のitも訳してしまいましょう。

 it は「それ」という意味です。主格だと「それは」になります。

 時刻、寒暖、距離などの場合、主語にitを用います。

 It is ten. 「10時です」
 It is cold.「寒い」
 It is 10km. 「10kmです」 などなど。

 また、
 It is important for you to study English. 「あなたにとって勉強することは大切です」

 このような it は日本語にしないというのが普通です。

 It is ten. を「それは10時です」としてしまったら、不正解にする先生が多いのではないでしょうか。

 ぼくは最近、それは訳してしまってもいいのではないか、と考えています。itを「それ」と覚えている生徒は多いです。その it が出ているのですから、訳したくなる。それで、

 It is ten. を「それは10時です」と訳してしまうのはよくあるのです。

 あとは日本語力の問題です。

 「それは10時です」
 おかしな日本語だな。不自然だな。「それは」を抜いたほうがいいな。
 「10時です」の方がいいな。

 こう考えるのは日本語力です。

 たぶん英語ネイティブの人たちは It is ten. の it と It is a book. の it を区別していないと思うのです。区別しているのは日本人です。

 それは、「それは10時です」という日本語が不自然だからです。それに気づき、自然な日本語にする力を養うべきなのです。

 入門者には、「それは10時です」を与えて、和文英訳をさせるようにします。それになれると「10時です」だけで it が出てきてくれないか。ぼくの期待です。

そこに あるよ 一冊の本が (次のものに)接触して その机
 thereは、「そこに」という意味です。

 しかし、

 There is a book on the desk.

のような文ではで、there は形式主語とされます。そして「そこに」の意味はないという説明がされていて、日本語には訳さないとあります。

 別にその説明に反対するつもりはありません。

 でも、英語を学び初めの人にとっては、そのthereがよく理解できません。

僕は形式主語のthereも「そこに」と訳してしまってもいいと思っています。

 There is a book on the desk.

 は、「そこに あるよ 一冊の本が (次のものに)接触して その机」

 と考えればいいのです。確かにとても不自然な日本語です。

 日本語でも英語でもない「和英中間語」なのです。でも意味としてはわかりますね。

 意味が分かったら、それを自然な日本語に直す力は日本語力です。

 「そこに あるよ 一冊の本が (次のものに)接触して その机」

 「そこに 一冊の本があるよ その机に接触して」

 「一冊の本がある その机に接触して」

 「机の上に一冊の本がある」

 という感じで、自然な日本語にするのは日本語の力なのです。

 僕のテキストでは和文英訳を練習として解かせます。次に改訂するときには、最初は「そこにあるよ」というような不自然な日本語与えて、それを英語に直すことができるという段階からはじめようと思っています。

 英語が慣れてくると、頭からその英語の順序に意味をとらえるという練習をしますね。そのようにして訳された日本語(和英中間語)を生徒に与えて、英作文をさせるのです。

 その方が、学ぶ方としては入りやすいでしょうね。

プログラム学習の作り方
ぼくは、プログラム学習という方法で、教材を作っています。自己流ですが。

プログラム学習とは

 いま、一次関数を田の字表で教えることをその方法でやっています。

 目標は、「2点を通る直線の式を求める」ということです。

 例えば、

 「(2,7)(4,11)を通る直線の式を求めなさい。」

 これが解けるようにする、のが目標です。このように、目標をはっきりさせる、というのはプログラム学習に限らず大切ですね。

 さて、田の字表(曲の字表)でこれを解いてみます。

 一次関数は、そのままでは比例していません。しかし、yの値から切片(初期値)を引いたものはxに比例します。初期値をbとすると、この問題では、(2,7-b)(4,11-b)は比例してます。これを曲の字表に整理します。

第1段階、曲の字表に整理

x24
y-b7-b11-b

第2段階
 右2列に着目し、たすきにかけて方程式を作る

2(11-b)=4(7-b)

第3段階
 これを解く。
 b=3 

第4段階
 b=3を上の表に代入する。

x24
y-37-311-3


第5段階
左2列に着目し、たすきにかけて式を作る。
2(y-3)=x(7-3)

第6段階
これをyについて解く。
y=2x+3

 これでできあがりです。

 
 さて、これをプログラム学習にしてみましょう。
 プログラム学習の場合
「学習内容をできるだけ細かく分けて,スモールステップにする」です。

 この場合、上の6つの段階に分けることができます。

 それを逆向きに学習を進めていくのです。さかのぼるのです。

第1ステップ
 yについて解きなさい。
 2(y-3)=x(7-3)

 といった問題をいくつかさせます。

第2ステップ
 田の字表を与えて、式を作り、yについて解きなさい。
y-37-3

第3ステップ
 b=3を次の表に代入し、yについて解きなさい。。

y-b7-b


第4ステップ
2(11-b)=4(7-b)を解き、その値を表に代入し、yについて解きなさい。 

y-b7-b


第5ステップ
 右2列に着目し、たすきにかけて方程式を作り、解きなさい。そして左2列に着目し、式をつくり、yについて解きなさい。

x24
y-b7-b11-b

第6ステップ
(2,7)(4,11)を通る直線の式を求めなさい。曲の字表に整理してから。

 今回、学習が遅れている生徒にこれをさせています。いま第3ステップまで進みました。とても順調に進んでいます。

理解力があればこれだけは1日で終わるのでしょうが、1日に2ステップ、3日で終わる予定にしています。

一次関数を「田の字表」で解く、傾きが与えられた問題
 一次関数を「田の字表」で解いています。

 今回は、傾き(変化の割合)と直線上の1点が与えられて、直線の式を求める問題を

 たとえば、「グラフの傾きが2で、点(3,1)を通る直線の式を求めなさい」

 一次関数を「田の字表」で教える  に書いたように、一次関数から切片(初期値)を引いた式は比例します。

 比例の場合、傾きと、x=1のときのyの値は等しくなります。

 だから、上の問題は次のような 「曲の字表」に整理することができます。ここでbは切片(初期値)です。

x13
y-b21-b

 右2列に着目し、たすきにかけてイコールで結ぶと

3×2=1×(1-b)

 これを解くと
b=-5

 上の曲の字表に、b=-5を代入する

x13
y-(-5)21-(-5)


 左2列に着目し、たすきにかけてイコールで結ぶと

1×(y+5)=2x

 これをyについて解くと
 y=2x-5

 このように「田の字表」で解くことができました。

 この一次関数(傾きが与えられた問題)は「中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!」には載っていません。


「田の字表」とは何か?

「田の字」って何?




 一次関数を「田の字表」で解く、切片が与えられた問題
 切片と直線上の1点が与えられて、直線の式を求める問題がありますね。

 たとえば、「切片が1で、点(2,5)を通る直線の式を求めなさい」

 一次関数を「田の字表」で教える
 
に書いたように、一次関数から切片(初期値)を引いた式は比例します。

 だから、上の問題は次のような 「田の字表」に整理することができます。

x2
y-15-1

 たすきにかけてイコールで結ぶと

2(y-1)=x(5-1)

 yについてとくと、 y=2x+1

 このように「田の字表」で解くことができました。

 この一次関数(切片が与えられた問題)は「中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!」には載っていません。

「田の字表」とは何か?

「田の字」って何?




尖閣衝突事件のビデオ
尖閣衝突事件のビデオ

どうなる尖閣 海上保安庁6

尖閣衝突事件のビデオのようです。たぶん本物。
海上保安庁が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ




高機能テキストエディタ
 先ほどいろいろやっていたら、fc2のブログに「高機能テキストエディタ」というのがあるのがわかりました。

 「管理ページ」、「新しい記事を書く」「本文の編集」の右上の「W」のアイコンです。

 昨日も「田の字表」の記事を書きました。でも、その列をそろえるのが一苦労です。なかなか綺麗に揃ってくれません。

 これまではそろえることをあきらめていたのですが、もしかすると、と思ってブログの編集の画面をいろいろ見てみました。表をつくる機能があるかと思ったのです。

 すると「高機能テキストエディタ」というのがあるのに気づきました。

 素晴らしい機能です。表が簡単にできます。「田の字表」も「曲の字表」もきれいにできました。きのうの記事の表も直しました。
(田の字表)
x12
13

(曲の字表)



 そのうえ、上付き文字、下付き文字も簡単にできます。次のように。 すこしぶかっこうですが。

HO  

 これまでいろいろ苦労をしていたことがこんなに簡単にできるかと驚きです。

 出来るようになったことは嬉しいのですが、これまでの苦労は何だったんだろと思ってしまいますね。

一次関数を「田の字表」で教える
 「田の字表」は比例関係のある場合にしか使えません。それで、長い間一次関数に関しては「田の字表」は使えないと思っていました。

 「田の字表」について初めての人は次をお読みください。

「田の字表」とは何か?

「田の字」って何?

 しかし、一次関数は、yの値から初期値の分を引いたものは比例関係にあります。すると「田の字表」は使えるということになるのです。

 考えてみれば当たり前のことですが、自分で気づいたときは何か大発見をしたようで気持ちが高ぶっていました。

 そのとき方については僕の本でも紹介しています。

 例えば、よく出る2点を通る直線の式を求めなさい、という場合です。

 座標(1,5)(3,9)を通る直線の式を「田の字表」(曲の字表)で解いてみます。

 初期値をbとします。

(x,y-b)(1,5-b)(3,9-b)は比例関係にありますね。

 曲の字表に整理してみます。

x13
y-b5-b9-b

 右側2列に着目し、たすきにかけて、方程式を作ります。

3(5-b)=9-b
 これをとくと、b=3

 上の曲の字表にb=3を代入すると


x13
y-35-39-3

 左2列に着目し、たすきにかけて方程式を作ります。

y-3=x(5-3)

 これをyについて解くと
y=2x+3 でできあがりです。

 これまでこの方法で生徒を指導したことはありません。教材がきちんとできていないからです。

 中学の期末テストが二週間後にあります。学習の遅れた生徒がいるので、そのテストまでにこの方法をマスターさせようと思っています。

 それまでプログラムを組んでその教材を作ろうと試みているところです。

 2週間後にいい結果が報告できればいいのですが。





ミニクリーナー2 透明
 「ミニクリーナー2 透明」を買いました。面白いです。中にハケのようなのが付いていて、押して動かすと、くるくるまわり、机の上の消しゴムくずを見事に取り除いてくれます。

 電気ではなく、手動で動いてゴムくずが見事になくなるのが楽しいです。


 僕の机の上に置いてあるのですが、生徒たちが珍しそうに使っています。ただ、それに似たようなのテレビのCMかなにかで見たことがあるようです。

 ただただ消しゴムくずをつくって、そしてコロコロッと転がして、消しゴムくずを取り除くの楽しんでいます。

 こんなのを見ると、人間ってやはり好奇心が強いんだなと感じます。

「いくらだったの?」と尋ねるのでを「\525だった」と答えると、「高い」と言っています。

 子どもたちにとっては\525は高いのでしょうね。

 アマゾンで送料無料で売っていました。

 沖縄に住んでいると、送料無料というのはつくづくありがたいと思います。

 通販をよく利用するのですが、沖縄は別途料金というので、かなり高めの送料がつくことが少なくないからです。

 このクリーナーも別で買うと沖縄別途料金というのがついたりします。全国一律で\500の送料というのがあります。

 アマゾンはその点とてもいいと思っています。

 今気づいたのですが、アマゾンではこのクリーナーはおもちゃの部類に入っているのですね。僕はおもちゃをこの年になって買ったということです。




anyは「どんな」
僕は、英語学ぶときには、意訳よりも直訳がいいと思っています。

 特に感じるのは any です。

 anyをYahoo辞書で調べてみると次のような訳がのっています。

**an・y[ ni;((強))ni ]
1 ((疑問文))何か,いくらか,どれか,だれか,いく人か
2 ((否定文))何も,どれも,だれも,少しも
3 ((条件文や疑念を表す文))何か,どれか,だれか,いくらか,いく人か
4 ((肯定文))どんな…でも,いかような…でも,あらゆる,みんなの,すべての(▼ふつう強勢を置く)
5 ((否定文))ただの,普通の



 実に様々な意味です。これをすべて覚えるのは大変です。

 ぼくは、それらは覚えないで、中心的な意味を一つ覚えるように指導しています。

 any の中心語義は「どんな」です。

 例えば
 Do you have any brothers? の場合、

 「あなたはどんな兄弟でも持っていますか」と訳します。おかしな日本語ですね。普通はこのような日本語は使いません。でも意味は分かります。

 しかし、英語ではそう尋ねているのです。

 「あなたには1人でも2人でも3人でも何人でもいいですが、兄弟がいますか」ということをanyで表しているのです。

 また否定文も同じです。

 I don't have any brothers.
は、
 「私はどんな数の兄弟も持っていません」です。

 つまり、私は1人も2人も 3人も何人も、どんな数の兄弟も持っていません

 という意味が込められているのです。

 それを意味のわかる自然な日本語に直すなら

 私には兄弟がいませんとなりますね。

それを自然な日本語にするのは日本語力です。

 「私はどんな数でもいいけども兄弟を持っていません」
 「私はどんな数でもいいけども兄弟がいません」
 「私には兄弟がいません」

 自然な日本語になりました。

 次はYahoo辞書にあった例文です。

Any time you say.
いつでもいいよ


 any time は「どんな時」で大丈夫ですね。

 中心語義で、無理にでも日本語に強引に訳してみる。そして、それで訳してみて不自然な日本語なら日本語でさらに自然な日本語に作り直す、という作業をしてすればいいのです。だから、英単語はできるだけ中心語尾だけを覚えるようにするのです。

古宇利島に
 昨日は兄嫁の父親の初七日でした。兄嫁の実家は古宇利島にあります。京子は今日を病院の予約がすでに入っているので、行くのは僕だけ。スクーターです。

 途中、名護市伊差川にある中山そばでソーキそばを食べました。かなり多いそばで、おいしかったです。

100_7048.jpg


 そして、古宇利大橋の手前にある駐車場でスクーターをとめて、古宇利大橋と古宇利島の写真を撮りました。
100_7050.jpg

 兄嫁の実家は前にも行った事がありますが、よく覚えていません。以前はフェリーでいって、兄嫁の兄弟に迎えてもらいました。自分だけでいくのは初めてです。

 途中までカーナビに頼っていました。スクーターなので画面を見ることはできず、音声だけを頼りに行きました。

 集落の小道ではほとんど画面が見られないため、ほとんど頼りにならず、適当に走りました。でも、特に迷うことなくたどり着くことができました。

 兄嫁の父親はとてもやさしい人です。首里にある僕の実家にもよくやってきました。そこで親しくお話しをしたことが何度もあります。とても親しみを感じる方です。

 90歳を超えたそうなので、なくなるのは仕方ないのですが残念です。

 GPSロガーで記録をとりながら行きました。うまく記録されていてうれしいです。

元版では、ちゃんと見ることができますが、ブログでは海しか見えません。かなり拡大されています。縮小してみてください。



より大きな地図で 古宇利島へ を表示

知識があると新しい知識が向こうから飛んでくる
 昨日から期末テスト勉強が始まりました。近々、中学二年生の修学旅行があります。そのために期末テストがだいぶ早くなっています。

 さて、Naohide君が英語の単語を覚えているのですが、なかなか覚えきれないようです。

 「頭がいっぱいになってはいらないよ」と言っています。

 それで僕は

「頭の中が空っぽだから覚えきれないんだよ」と返しました。

 Naohide君は「へぇ~!」と不思議そうな顔をしています。

「ものを覚えるというのは、関連づけて覚えるんだ。だから、いろんなことが頭に入っていたら、それと関連づけて新しいことも簡単に覚えきれるんだよ。

 日本の歴史で幕末のことが詳しいとするね。坂本竜馬や西郷隆盛についてもよく知っているとする。するとそれとの関連で新しい人が出てきても、すぐに覚えることができるんだ。

 それから、地球がどのようにしてできたかというとね、小さな星がぶつかりあって、合わさって一つのものにだんだんなっていきたんだ。

 最初は小さかったけども、それが少しずつ大きくなる。すると大きくなるから引力がだんだん強くなるんだ。

 引力が強くなると、それに引かれてほかの多くの星が飛んでくる。
 するとさらに大きくなる。

 これと同じように、大きな知識を持っていると新しい知識が向こうから飛んできて、どんどん増えていくんだ。

 最初は苦しいかもしれないけども、少しずつ覚えていくようにすると、後では覚えやすくなるから、今頑張ることが大切だよ」

 と話しました。

 Naohideくんは、「そうか」と納得した顔をしていましたが、・・・

2010年10月の拍手数の記事別統計
 過去30日間で,拍手のあった記事です。拍手の多い順に載せます。この30日で61の拍手がありました。

 バンザイねこ(Surprised Kitty )に5回の拍手です。累計で14回になります。

 扇状地と三角州に4回。それも人気があり、累計で28の拍手数です。

 読書に集中が3回。

 そして、2回の拍手が10,1回の拍手が48でした。発表されるのは20だけのようです。

 これまでの合計は2176です。

拍手数の記事別統計

エントリー名 グラフ

拍手数5

バンザイねこ(Surprised Kitty ) 8.2% 5

拍手数4

扇状地と三角州 6.6% 4

拍手数3

読書に集中 4.9% 3

拍手数2

叱り方のポイント 3.3% 2

二次方程式、解の公式 3.3% 2

なぜ、難しい方法で解くの? 3.3% 2

マーガレット・ミードの説も否定されている 3.3% 2

権力が世襲される 3.3% 2

反抗期は、ホルモンのせいだよ 3.3% 2

GPSデータをアップ 3.3% 2

我慢させられる経験が我慢する力に 3.3% 2

○○があなたをフォローし始めました 3.3% 2

概数のイメージ 3.3% 2

拍手数1

「謂ひおほせて何かある」 1.6% 1

「2けたで割るわり算」の指導 1.6% 1 (累計7拍手)

顔写真を載せる、自分は何者かを明かす 1.6% 1

ブログを読んでもらいたいなら、相手に関心を示せ 1.6% 1

十年後から戻ってきたんですよ 1.6% 1 (累計6拍手)

英語穴埋め問- 1.6% 1

see,look,watch と 「見る」「視る」「観る」 1.6% 1

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.