FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

 動名詞は「~していること(状態)」、不定詞は「~することを目標点に」
中学生は、期末テストに向けての勉強をしています。

 中学2年の今回のテスト範囲には動名詞と不定詞が入っています。

 ガイドブックなどでは、案の定、どちらも「~すること」と訳しています。学校でもそう教えているようです。ぼくも学生のころそう学びました。

 自然な日本語に近い訳をする場合にはこの「~すること」と訳した方が確かにいいですね。

 僕は不自然な日本語でいいから、できるだけ英語に近い訳をするよう心掛けています。

 動名詞の ing は現在分詞(僕は進行分詞と呼んでいますが)、の ing と基本的には同じものです。

 つまり「~している」ということを意味するのです。それが動名詞しになっても引き継がれます。

 だから
I like reading. は「私は読んでいる状態を好みます」ということになります。

 現在分詞と異なるのは、現在分詞は形容詞の役目を、動名詞が名詞の役目をするというところです。

 意味としては基本的に同じなのです。

 不定詞の to も前置詞の to と基本的に同じ意味です。

I go to school. は、「私は行きます、目標点は学校」ということです。

 前置詞の to の意味は「目標点は」です。「次の目標点に向かって」という感じです。

 不定詞の場合も同じです。前置詞toと不定詞to が異なるのは、前置詞の後ろには名詞が、不定詞の後ろには動詞の原形が来るということなのです。

 だから
I like to read. は「私は好みます、次の目標点に向かって、読む」ということになります。

 like は動名詞も不定詞も目的語として取ることができます。そしてそれほど意味は異なりません。

 ある本によると、
I like reading. は 読書が趣味であることを意味するそうです。

 私は読んでいる状態を好むですから、趣味ということになります。

 一方、I like to read. は、「目標点は」ということですから、これから読みたいという感じがあるようです。

 問題は一方しかとれない動詞です。

enjoy, stop. finish, give up, mind は、目的語に不定詞をとることはできず、動名詞しか取ることができません。

 動名詞、不定詞をどちらも「~すること」と訳していたのではその説明はできません。そう覚えましょう、と教えるしかないでしょう。

 でも、動名詞のingが「~している」ことをあらわすと理解したら、なぜ、enjoy, stop. finish, give up, mind が不定詞を目的語にとれないことが理解できます。

 I enjoy reading. 「私は読んでいる状態を楽しむ」のです。「読むという目標点に向かって楽しむ」ということにはなりません。
stop ~ing, finish ~ing も「~している状態をやめる(終わる)」という感じで、「これから目標点に向かって」というのとは仲良くありません。

 give up は普通「あきらめる」という日本語に対応します。これで考えると、「これから出世することをあきらめる」という感じで、to でもいいように思います。

 以下はぼくの推測です。give up は、up にあるように、これまでやってきたことを放り投げる、という感じの言葉ではないでしょうか。これまで一生懸命がんばってきて出世しようとしてきたが、それを放り投げることにする。そう考えると、to より、ingがいいように思いますがどうでしょうか。

 一方、want, wish, hope, expect, promice は動名詞ではなく、不定詞を目的語にとります。

 この言葉は「これから」とぴったりの言葉ですね。

 I want to read. は「私は欲しい、目標点は 読む」「これから読みたい」ということです。

 want の基本語義は「欠けている」です。
 「読むということが欠けている、だから読むことに渇望している、読みたい」ということになります。

他の言葉もそうです。「これから、目標点は」という意味をあらわすtoと仲がいいのです。

 このように、単に動名詞も不定詞も自然な日本語に近づけるために「~すること」と訳すよりも、不自然でもいいから、
 動名詞は「~していること(状態)」
 不定詞は「~することを目標点に」としたほうがいいと思います。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.