FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英検2次合格者
2010年度第2回検定二次試験の「合否結果閲覧サービス」が開始されました。

セルフ塾の合格者は次の通りです。

3級 U原 A音

 セルフ塾から2次試験の受験生はA音さんだけでした。 

100_7115.jpg
写真、友人に祝福されるA音さん
スポンサーサイト




英語の質問に対する答え方
 日本語の場合には、主語が何である疑問文でも、それへの答え方は、それほど変わりません。

 「これは本ですか」に対して、「はい、そうです」または「いいえ、違います」と答えます。

 「あなたは学生ですか」に対しても「はい、そうです」「いいえ、違います」と答えます。

 「あなたのお父さんは~」に対しても「あなたのお母さんは~」に対しても、「はい、そうです」が使えます。

 このように主語が何であるかというのを、日本語ではまったく意識しないで答えることができます。

 しかし、英語の場合には絶対的にそれを意識しないといけないのです。

 Is this a book? に対しては Yes, it is. No, it is not. で答えます。

 Are you a boy? に対しては Yes, I am. No, I am not. と答えなければいけません。

 「あなたは」に対しては「私は」でこたえなければいけないのです。

 同じように Is your father ~? に対しては Yes, he is. などと答えます。

 だれについて聞いているのかを意識し、判断しないといけないのです。

 日本語とだいぶ違うところです。

 それで生徒たちはとても混乱してしまいます。英文和訳の場合は問題ありません。和文英訳をさせると分かります。 

「あなたは一人の学生ですか」「はい、そうです」
「あなたのお母さんは一人の看護婦ですか」「いいえ、ちがいます」
「私は一人の王様ですか」「はい、そうです」

 などを英訳させてみればその混乱するのが分かります。

 教科書では、 Yes, it is. を「はい、そうです」と教えているので、すべて it で答えるような子がいます。
 
 慣れてしまった私どもにとっては当たり前だと思うことですが、よく理解できないようなのです。

「あなたは一人の少年ですか。はい、( )は(そう)です」という日本語を英語に直すことができない生徒が習いにきます。

 Are you a boy? Yes, まではできるのですが、答えの主語が分からないのです。

 僕は「あなたは一人の少年ですか」と言いながら、その生徒を指差します。

 そして、「ぼくと同じ方向を指でさしてごらん」と言います。

 そして、自分のところに指をむけると、「それは誰?」と尋ねます。すると「あ、私だ」と気付いてくれます。

 このようにでもしないと、理解できないのです。

 それで、今回改訂するにあたって、日本語だけでの応答をするという問題を挿入しました。

 次のようなものです。

《練習》 日本語で考えましょう。( )内に「私,あなた,彼,彼女,それ」を入れなさい。

1] あなたの妹は、大学生ですか。はい、(     )は大学生です。

2] あなたの兄さんは、科学者ですか。いいえ、(     )は科学者ではありません。

3] あなたは、プロ野球の選手ですか。はい、(     )はプロ野球の選手です。

4] 私は、帰ってもいいですか。はい、(     )は帰ってもいいです。


 このように、まずは日本語で主語を意識するという練習をすることによってって、英語による答え方がスムーズに学習できるのではないかと期待しています。

あえて叱る
 Tくんが習いに行きました。
 教えてやると、「Yojiさん、教え方うまい。Yojiさん天才」と言い、去り際に「照れてる」とからかうのです。

 僕は、すこしムッとしましたが、それに腹を立てては大人げないと思い、聞かないふりをしていました。

 ところが、それを何度も何度も繰り返すのです。

 それで考えました。

 それに腹を立ててしかるのは、確かに大人げないことかもしれません。

 しかし、そのような行動をTくんがするのを見過ごすというのは、その子のためにならないと考えたのです。

 大人をからかう行動をして楽しむということを他でもやっているのでしょう。そして今後もやっていくのでしょう。

 周りの人を不愉快にするというのを、一応教育者である僕が見過ごすわけにはいきません。

 それで先日またからかった時に、厳しく叱りつけてやりました。

 子どもたちのために「あえて叱る」というのも必要なことだと思います。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.