FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ニービチを観光資源に
 きょうの琉球新報におもしろいのがありました。
 ラジオ沖縄アナウンサーの屋良悦子さんの「OH!ラジオ」というコラムです。

 ニービチとは、結婚のことです。

ニービチを観光資源に

「沖縄の結婚披露宴ほど、おもしろ楽しいパーティーはない」と言った、元日銀那覇支店長の沼波正さんの言葉を思い出す季節です。

 招待客より親族がいい席に座り、しまいには歌って踊りだす。当初あきれたものの、よく考えると「たった1万円の御祝儀でフルコースの料理を味わい、歌に踊りと沖縄の文化まで学べるのだからこれは安い!」と考えて以来、沼波さんはニービチにはまるのです。 (多分、余興の唄三線もワンカラワンカラだったはず)。

 そんなお話を聞いて、私も考えました。沖縄観光のオプションのーつにウチナー式披露宴はどうでしょう。300席もある会場のひとテーブルを観光客に提供し、体験ツアーをしていただくのです。もちろん御祝儀は1万円。「おはようインタビュー」でホテルの社長さんに会うと、必ずお話しするのですが 「ホー!おもしろいですネ」とは言うものの、まだどのホテルも実行していません。

 どなたか、勇気と遊び心いっぱいにヒヤミカシテみませんか?



 おもしろいですね。これはうけます。観光客はみんなよろこんでくれるでしょう。

 問題は、その1テーブルを作れるかどうかでしょうね。新郎側も新譜側も、招待客をしぼりにしぼっています。「俺は呼ばずに、観光客の席を作ったのか」とは言われたくないでしょう。
 そういう中で観光客のためのテーブルが作れるのかどうか。

 でも、何とかできればいいですね。沖縄観光の目玉になるのでは。
スポンサーサイト




クラシック音楽を罰にする話
 rinkaanさんからコメントをいただきました。rinkaanさん、いつもありがとうございます。

クラシック音楽を罰にする話
超面白い話があります。クラシック音楽を懲罰に話です。
そういう方法があったのかと感心します。と同時に、もっと研究してもらいたいテーマです。おそらく、クラッシック音楽は彼らのアイデンティティを解体するから、恐ろしく感じるのでしょう。


Classical music proves to be a bad behaviour deterrent




 クラシックミュージックが懲罰になる、っておもしろいです。

 今では好んで聴いていますが、確かに、中学、高校のころに音楽の時間にクラシックを聴かされるのはきらいでした。
 だから懲罰になるというのも考えられなくはないですね。

 おしゃべりの多い生徒に、マスキングの意味をこめてクラシックを聴かせるようにしていますが、懲罰として働いているのでしょうか。

 いろんな人に聴かせるという研究をしてもらいたいですね。

1 と 1.0 は同じではない
 「0.4gの物質に0.6gの物質を加えました。何gになりますか」

 という問題では、もちろん0.4g+0.6g=1.0gなります。

そういうのが出てきたとき、生徒の中には
「1.0gだから1gでいいね」と言いう生徒がいうのが少なくありません。

 僕は「1と1.0は本当は違うけど、まあいいか」と答えます。

 中学までは1と1.0を特に区別する必要はありません。でも1と1.0は違います。

 指導者の中にもはっきりとは知らない人が少なくないのではないでしょうか。どう違うのか、知っておいた方がいいと思います。

 昨日はメスシリンダーの目盛りについて書きました。

 メモリーの1/10までは目分量で判断する、ということでした。

 (A)のような目盛りの場合1/10まで判断するのですから、1ということになります。

 しかし、(B)のような場合には1.0となります。違いが分かりますか。

ichitoittennsero.jpeg

 (A)の場合には、目盛りが0の次に10です。だから、それの1/10のところを判断すると、1,2,3,・・・となります。

 (B)の場合には、目盛りが0の次に1です。だから、それの1/10のところを判断すると、0.1, 0.2, 0.3,・・・となります。

 (A)の場合には、0でもない2でもない、およそ1だな、と判断しているのです。

 (B)の場合には、0.9でもないし、1.1でもないおよそ1.0だなと判断しているのです。

 判断の精度に違いがあります。1よりも1.0は細かい判断をしているのです。

 別な見方で説明します。
 四捨五入で言うと、1は、0.5以上1.5未満ということになります。0.7, 0.8でも1になります。1.3, 1.4でも 1 になります。

 一方、1.0の範囲は、0.95以上1.05未満ということになります。図示すると次のようになります。
ichinohani.jpeg

このように、詳しく見ると 1 と 1.0 は同じとは言えないのです。1は粗く、1.0は細かく判断しているのです。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.