FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

清少納言はtwitter, 紫式部は放送作家、吉田兼好はブロガー
 先日、「昴(すばる)」の記事を書くときに、枕草子をながめていると、短い段がとても多いことに気づきました。いま書き出すと、

(三段)
 ことごとなるもの
 法師の詞。男女の詞。下司の詞にはかならず文字あまりしたり。

(八段)
 よろこび奏するこそをかしけれ。後をまかせて、笏とりて、御前の方に向ひてたてるを。拜し舞踏しさわぐよ。

(一一段)
 市は
 辰の市。椿市は、大和に數多ある中に、長谷寺にまうづる人の、かならずそこにとどまりければ、觀音の御縁あるにやと、心ことなるなり。おふさの市。餝摩の市。飛鳥の市。

(一二段)
 峯は
 ゆづるはの峯。阿彌陀の峯。彌高の峯。

(一三段)
 原は
 竹原。甕の原。朝の原。その原。萩原。粟津原。奈志原。うなゐごが原。安倍の原。篠原。

(一四段)
 淵は
 かしこ淵、いかなる底の心を見えて、さる名をつけけんと、いとをかし。ないりその淵、誰にいかなる人の教へしならん。青色の淵こそまたをかしけれ。藏人などの身にしつべくて。いな淵。かくれの淵。のぞきの淵。玉淵。

(一五段)
 海は
 水うみ。與謝の海。かはぐちの海。伊勢の海。

(一六段)
 山陵は
 うぐひすの陵。柏原の陵。あめの陵。

(一七段)
 わたり(渡)は
 しかすがの渡。みつはしの渡。こりずまの渡。

(一八段)
 館(or太刀)は
 玉造り。

(一九段)
 家は
 近衞の御門。二條。一條もよし。
 染殿の宮。清和院。菅原の院。冷泉院。朱雀院。とうゐん。小野宮。紅梅。縣の井戸。東三條。小六條。小一條。


 短いですね。教科書に載っているような段は長い。長いほうが授業がしやすいのでしょう。

 それを眺めながら思いました。清少納言はいま生きていたらtwitterだっただろうな、と。

 140文字で書くのが得意だったのではないでしょうか。もちろん、長い文もあるので、ブログも書きながら。


 それに比べると、紫式部は紙の小説家でしょうか。それとも、連続テレビ番組の放送作家かな。

 紫式部日記というのがあるようなので、個人的にブログも書いているとか。

 徒然草の吉田兼好は、ブログでしょうね。徒然草を眺めると、前後の脈絡がなく、ほんとうに「心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつく」っている感じがします。ブログ的ではないでしょうか。

 古典には疎いので、感じたことを無責任に書いています。間違えていたらごめんなさい。

 なお、いまネットで枕草子、徒然草を読むことができるのですね。


原文『枕草子』全巻
原文『徒然草』全巻
スポンサーサイト




泡瀬干潟三人展
 小橋川共男さんから、『泡瀬干潟三人展』の案内はがきが届きました。多くの人に知ってもらいたいので、ここに書いておきます。


awase.jpg

 泡瀬干潟三人展~生き物たちからのメッセージ

 小橋川共男・写真 屋良朝敏・オブジェ 名和 純・貝世界

那覇市民ギャラリー(パレット久茂地6F)

 2010年12月14日(火)~19日(日)
 10時~19時(最終日は17時まで)

泡瀬干潟を語るミニトーク 小橋川PM3時~毎日
屋良(木)(土)(日)PM4時~ 
    名和(火)(土)(日)PM2時~



 「泡瀬干潟のすべてを展示したいと思います」という添え書きもありました。

 12月11日付け琉球新報の「ネットワーク」に、屋良朝敏による紹介がありました。ここに貼り付けます。

生き物たちからのメッセージ


県民の皆さんは沖縄にも干潟があることをご存じだろうか。沖縄の人も沖縄の海のイメージは「青い海と空」ではないでしょうか。

 泥が混じった遠浅の海が干潟で、そこは栄養があり、海草が生育し海の生物たちの産卵場所であり保育園なのです。潮の干満が分かる干潟は陸と海の接点という大事な役目があり、渡り鳥にとっても生命線といえます。

 しかし、泡瀬干潟の生き物たちは、埋め立てが前提になった「欠陥」アセスメントの査定で本来の姿(価値)を不当に低く評価、改ざんされ埋め立ての犠牲になっています。

 実際に国は泡瀬干潟の海草とサンゴの被度を不当に低く評価し埋め立てや移植をしました。貝やその他の生物もアセスではびっくりするほど低く評価されています。

 そこで、私たちは
ありのままの泡瀬干潟の生き物たちを紹介する三人展
 (10年撮りためた泡瀬干潟の写真=小橋川共男、
  アセスに約20種しか記載のない貝→約300種の展示=名和純、
  理不尽な埋め立てに、怒りから始まった鉄骨オブジェ=屋良朝敏)を

 12月14日(火)~19日(日)、午前10時~午後7時、

 那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6階)

 で行います。

 3人によるミニトークもあります。ぜひ多くの県民が足を運び、声無き泡瀬干潟の生き物たちを見、正当な評価をし、保全を共に考えていきましょう。

 連絡先・泡瀬干潟を守る連絡会代表世話人・小橋川共男 電話098(939)2447
  (造形作家・屋良朝敏)



 あさって木曜日に時間が作れそうなので、妻と二人で出かけてみようと予定しています。そして、泡瀬干潟について考えてみたいと思います。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.