FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

人工授精、遺伝子はだまされている
 野田聖子さんが50歳で男児を出産なさったそうです。まずは、おめでとうございます。
 スポーツ報知 1月7日(金)の記事を簡単にまとめると、

野田聖子氏50歳で男児初出産

 野田聖子元郵政相(50)が6日午前9時31分、都内の病院で男児を出産。
 昨年、米国で第三者の卵子提供を受け、事実婚の男性の精子との受精卵を移植。
 ブログを更新。「出産のご報告」と題し「長年の念願であった家族を持つことが叶い嬉しいです」とコメント。


 さて、この記事に接して次のようなことを考えてみました。

 「利己的な遺伝子」という考えがあります。

 人間を含む生き物というのは、遺伝子の単なる乗り物でしかない、という考えです。

 遺伝子はその乗り物を乗り継いで生き残っていくわけです。

 私たちのいろいろな行動も、遺伝子を生き残らせるという目的で行動している、ということで理解することができます。

 恋愛もそうですし、子育てもそうです。母親が子どもをあんなにかわいがるというのは利己的な遺伝子の考えかたでとてもよく理解できます。

 さて、今度の野田聖子さんの出産の場合はどうでしょうか。

 産まれてくる子どもは彼女の遺伝子をまったく持っていません。
 そうであるのに、わざわざ妊娠をし、痛い思いをして出産し、これから子育てに励むわけです。

 自分の遺伝子がある子どもの場合なら、そのような苦労をしても、自分の遺伝子が残るわけですから十分に理解できます。

 しかし、野田聖子さんは、なぜ遺伝子を残そうとするのでしょう。自分の遺伝子もないのに。

 それで考えてみました。

 遺伝子はだまされているのです。

 遺伝子はこれまでの歴史の中で、妊娠をして産まれてくる場合には、その子は親の遺伝子を持っていると考えています。

 この辺り遺伝子を擬人法的に扱っています。遺伝子が本当にそう思っているわけではありませんよ。

 人間の医療技術が発達して、遺伝子の想定をはるかに超えたものになっているのです。

 遺伝子は、妊娠をして出産をし、そして子どもを育てるということに喜びを感じるように人間を作り上げたのです。

 それが自分と全く異なる遺伝子ができるということは想定外のことなのです。

 ある意味でお金に似ています。
 お金というのはそれそのものにはほとんど価値はありません。

 おカネで自分の欲求を満たすものを買うことができるからこそ、お金には価値があるのです。

 でも、人間はそのお金そのものに価値を持つようになり、お金を稼ぐことにあくせくするのです。

 もともとは遺伝子を生き残らせるために、妊娠をし、出産をし、子育てをすることに生きがいがあったのです。

 しかし、その自分の遺伝子でなくても、そういうことに喜びを感じるように人間はなってしまっているのです。

 野田聖子氏50歳で男児初出産で、このようなことを考えてみました。
スポンサーサイト




これからの実用英語は文章英語
まずは、野口 悠紀雄(著)『「超」英語法』のp84~87から引用します。



英語を書く重要性が増す

 これまで、外国人とのコミュニケーションは、面談、電話などの口頭で行なう場合が多かった。しかし、インターネットの発達は、文章によるコミュニケーションを飛躍的に増加させつつある。外国の提携先や取引先とのやり取りの大部分は、今後は、電話でなくeメールで行なうようになるだろう。

欧米との間では、時差の存在だけを考えても、メールが便利であることは明らかだ。それに、彼らは、仕事のコミュニケーションのかなりの部分を、もともと文章で行なっていた(オフィスの隣の席の人に対しても、口頭で伝えるのでなく、メモを回していた)。したがって、日本人にとっても、文章の英語で情報を受け、文章の英語で発信することが必要になる。

「実用英語は会話」というのは、いまや時代遅れの認識である。会話がまったく不要になるわけではないが、今後は文章英語の重要性が飛躍的に高まるのだ。

こうした時代の変化を考えれば、本当はテレビでも、英会話でなく、英作文の番組が必要なのだ。しかし、日本で「実用英語」というと、英会話と同義と考えている人が多い。だから、テレビの英語番組も、いつになっても会話番組である(テレビ番組がそうなってしまうのは、メディアの特性に起因するバイアスのためでもある。テレビでは、会話はやりやすいが、文章添削はやりにくい)。

先日あるテレビ局の人と話していたら、「これからは、英語の時代になる。しかも、実用英語だ。だから、文章の英語から会話の英語に移行しなければならない」と言われて、唖然とした。この人の認識は、30年くらい遅れている。「これからの実用英語が何か」に関する認識は、是非変えてほしいものだ。

 実用英語のテストであるTOEICにも、「書くテスト」はない。採点の便宜を考えると止
むをえないとは思うが、重要性の認識は必要だ。なお、留学生に課されるTOEFLは、2005年から、話すテストを加えた次世代テストに移行するという。しかし、本当に重要なのは話すことではなく書くことだ。



 ぼくもそう思います。話すこともできたほうがいいのですが、書くことはこれからもっと重要になるでしょう。

 インターネットの発達で、いろいろなサイトが出てきました。

 twitter や facebook などもすごい勢いで伸びているようです。そのサイトに英語で書き込みを行えば、世界中の人々と交流をすることができます。

 英語を書く能力さえあれば、日本の自室で国際交流ができるのです。

 ぼくは電話より、メールの方がずっと好きです。

 電話だと、相手がどんな状態なのか分からないので、この時間にかけて迷惑にならないだろうかなどと考えてしまうこともその理由のひとつです。

 メールではそんなことにかまわず発信することができます。

 twitter, facebook などもそうです。いつ書いても、まったくかまいません。

 だかr、英語の書く能力が必要とされているのです。

 だから、Lang-8で英語の作文力を鍛えていけばいいのです。これは話す力にも通じるものだと確信しています。

Lang-8
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.