FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

オンリーワンとナンバーワンは対立しない
 鈴木章北海道大名誉教授と根岸英一米パデュー大特別教授に、今年のノーベル化学賞が授与されました。

 鈴木教授は、産経新聞の取材で、「研究は1番でないといけない。“2位ではどうか”などというのは愚問」と厳しく批判したそうです。

 以前、「世界にひとつだけの花」という歌が大ヒットしました。「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」いう歌詞でした。

 この歌詞にあるように、オンリーワンとナンバーワンは対立する概念であるように感じます。しかし、そうでしょうか。

 鈴木教授たちは有機化合物の革新的な合成法という分野で他の人が考えなかった方法を考え出したのです。つまり、オンリーワンだったのです。オンリーワンというのは、一つだけということですから、そのままナンバーワンでもあるということになります。

 学校の成績では学年1位というのは一人だけになります。そういう意味ではナンバーワンになるというのはとても難しいことです。しかし、全科目ではナンバーワンになれないが、数学だけなら他人には負けないという人もいます。又数学の図形の問題なら他には負けないという人もいるでしょう。勉強は苦手だが、絵を描かせたらとか、ギターを弾かせたら負けないという人もいるでしょう。自分の得意な分野を見つけて、それはほかには負けないというのがオンリーワンです。だから、得意なものを見つけるというのが大切なことになります。

 自動車が好きなら徹底して自動車について学ぶというのもいいでしょう。すると、自分の住んでいる地域では自動車の修理にかけてはだれにも負けないということになり、オンリーワンになります。そして、それはそのままナンバーワンでもあるということになります。

 ただただほかの人と違っているということだけのオンリーワンなら魅力を感じません。その分野では光り輝いているという人こそ本当のオンリーワンなのです。そのようなオンリーワンになるためには自分を磨きあげる努力が必要です。そしてその分野では絶対に負けないというナンバーワンになることが大切なのです。それこそが本当のオンリーワンなのです。

 そのためには基礎学力はとても大切です。基礎の上に、他とは異なる自分らしさを築いていくのです。ほかの人と争ってナンバーワンになるというよりも、自分自身を輝くために、本物のオンリーワンになるために、基礎的な学力が必要になるのです。


 今朝の琉球新報の論壇に掲載されました

スポンサーサイト




fc2カウンターが、2日間ゼロに
 僕のブログでは左側の少し下の方に、カウンターを設置してあります。

 毎日何人が僕のブログを訪れたのかなと、ささやかな楽しみにしています。

 カウンターがおかしいと思ったのは昨日の午前中です。カウンターが全く表示されないのです。僕のコンピューターが悪いのかなと思っていました。

 そして、夕方、PCを開けてみると、ちゃんとカウンターが表示されました。

 カウンターにカーソルを当てると、過去8日間に訪れた人の数が日ごとに棒グラフであらわれてきます。

 それを見て、思わずびっくりし、笑ってしまいました。

 前日の5日水曜日と前々日6日木曜日の訪問者数がゼロになっているのです。
 写真はさきほど写したものです。
counter.jpg


 今朝になっても同じです。この現象は僕だけなのだろうかと思い、fc2を使っている人のブログをのぞいてみました。

 するとほかの人も同じような現象が現れています。

 それでネット上で検索してみると、次のような記事が出ていました。
 fc2で何らかの障害がおこったようです。まあ、機械がするのですからね。

【カウンター】ユーザー様の障害に関しまして

CATEGORY/

カウンターFC2サポートです。

平素はFC2をご利用いただき、誠にありがとうございます。

FC2カウンター(http://counter.fc2.com/)をご利用のユーザー様で
以下の障害が発生しております。

【障害内容】
・カウンター画像が表示されない
・管理画面各項目の操作が正常に行えない
・カウント数に誤差が出る


【障害発生期間】
2011/1/7未明~現在

大変ご不便・ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
現在復旧対応中ですので今しばらくお待ち下さいます様お願い致します。


 fc2スタッフの方は、びっくり、パニックに陥ったでしょうね。ご苦労さまです。

「桃太郎」を翻訳ソフトで訳してみる
 ぼくも翻訳ソフトを比較してみました。

 桃太郎の話を、グーグル、ヤフー、エキサイトに翻訳させました。最初は、日本語を英語に、そして、その英語を日本語にしました。

 一長一短といったところです。この結果をみなさんはどう判断しますか。最後のところの日本語だけを読んでもおもしろいです。

 翻訳しやすいように英文的日本語にsたつもりです。

 (ぼくが書いた桃太郎)

昔むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
彼は柴を刈るために、山に行きました。
彼女は洗濯をするために川に行きました。
すると、川上から大きな桃がながれてきました。
彼女はそれを家に持って帰り、切りました。



グーグル翻訳

Once upon a time, there was just some old man and woman.
He has to gather firewood and went to Mt.
She went to the river to wash.
Then, the peach has been greatly from upstream Flow.
She went back to bring it home, cut.



ヤフー翻訳

Once upon a time there was going to be it, and there were Grandfather and Grandmother.
He went to the mountain to cut 柴.
She went to the river to wash it.
Then a big peach flowed from the upper part of a river.
She took it home in a house and cut it.



エキサイト翻訳

There were a grandfather and a grandmother in certain in old times of old times.
He went to the mountain to cut the brushwood.
She went to the river to wash.
Then, a big peach has flowed from Kawaue.
She took it home to the house completely.



グーグル

むかしむかし、ほんの一部のおじいさんとおばあさんがあった。
彼は薪を収集していると山に行ってきました。
彼女は洗って川に行ってきました。
その後、桃は、上流の流れから大幅にされています。
彼女は、それを家に持って帰って切った。



ヤフー

昔々、それがありそうでした、そして、おじいさんとおばあさんがいました。
彼は、柴を切るために、山に行きました。
彼女は、それを洗うために、川に行きました。
それから、大きい桃は、川の上部から流れました。
彼女は家でそれを家でして、それを切りました。




エキサイト

祖父と祖母が古くは昔のあるいました。
彼は茂みを切りに山に行きました。
彼女は洗いに川に行きました。
そして、大きいモモは川上から流れました。
彼女はそれを家に完全に家へ持ち帰りました。


翻訳ソフトの比較
 Mixi友達の千之家(せんのや )さんの英語がとてもりっぱだったので、その旨を mailしました。

 すると、エキサイト翻訳を使っているとのこと。

 僕は、グーグルの翻訳ソフトを使ったことがあります。でもとてもひどいです。

 参考にできるところもありますが、とてもそのまま使うことはできません。

 まだ翻訳ソフトというのはこんなものかと思っていました。

 千之家(せんのや )さんの英語を見て、翻訳ソフトを比較しているページはないかと検索してみました。

 するといくつか見つかりました。次に転載いたします。

 これらのページによると、グーグルの翻訳ソフトの評価は良くないようです。エキサイト翻訳の方が評価は高いようです。


http://tokyo.secret.jp/macs/translate.html

これに関しては、excite 翻訳の圧勝で、Googleの完敗ということになりそうだ。
exciteの場合は単語からの翻訳ではないのかもしれないが、見事だ。
Google 翻訳は日本語に訳すこともできない文章になってしまっている。



http://q.hatena.ne.jp/1269080649

主に英和を用いていますが、エキサイト翻訳の方が、精度が高いように感じます。
Google翻訳は荒削りな感がありますが、翻訳できる言語のペアが多いです。



http://d.hatena.ne.jp/Ozy/20080915

以上、まずは簡単な文章で翻訳させてみましたが、「Excite翻訳」と「Yahoo!翻訳」は、無料にしてはなかなか良いのではないかと思います。これが(文法的に)複雑な文章になるとどう変化するでしょうか。というか、Google…。




http://quasimoto.exblog.jp/12328390/

これらの結果を見て日本語としてどれが一番適切だと思うだろうか? 好みは利用者によるから一概には言えないが、私個人はexcite翻訳が一番直訳に近いように感じる。Google翻訳はかなりひどい。きっとこの翻訳システムの精度は、作製しているソフト研究者の語学力や日本語力、あるいは、言語理論の理解、こういったものに依存しているに違いない。この意味では、それぞれの会社に隠れている研究者の頭のレベルを見ているようで面白いものである。



http://www.zyx321.com/2/Translation/index.html

 ここでは、5つの和英翻訳ソフトを、比較しました。

(1)一番使い勝手と、翻訳内容がよいのは、Yahooでした。
(2)Yahooでは、主語が正しく訳されない、バクがある。たとえば、「it, he」などにしなければならない訳が、ほとんど「I」に訳される。
(3)Yahooは、わからない単語は、無理に訳さない。だから、あとでその箇所を、訂正すればよい。間違って訳すより、この方がよい。
(4)Yahooは、一回の翻訳は、2000字以内と規定されている。それを超えると、何字超過と、はっきり示してくれる。
(5)Yahooは、番号が振られた文章の構造を、受け継いでくれるのでうれしい。
(6)Infoseekの和英翻訳内容は、GoogleまたはYahooの和訳と同じです。実際どのように運営されているか、よくわかりません。ここでは、Infoseekを省略しました。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.