FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「私は」の"I"が"i"に
 以前、知り合いの英語ネイティブの人からメールをもらった時に、「私は」の"I"が小文字 になっているのでびっくりしたことがあります。 i am a boy. のように。

 最近、Lang-8で英語ネイティブの人と意見交換などをすることがよくあります。

 その時に、「私は」の"I"が小文字になっていることが少なくないのです。

 前後関係から、読み取ることはほとんど苦労することはありません。それ以前に、"i"と書くのは「私は」だけです。たぶん。

 また、Japan も japan, Englishもenglish と書かれます。

 僕は、中学生に英語を教えていますが、「私は」の"I"は文中であっても大文字で書かなければいけない、と教えています。

 そして、生徒が小文字で書いてくると、バツにしてつっかえしています。

 学校を英語では、文中であっても で書かないといけないので、今後もそうするつもりでいます。

 大文字にするには、シフトキーを抑えながら、キーをたたけばいいのですから、それほど面倒だとは思いません。

 でもそのちょっとした面倒さのために 小文字にしてしまうのでしょうか。

 このような傾向は、どの程度広まっているのでしょうか。

 正式な文書では、まだまだ大文字の"I"でなければいけないように思うのですが、どうなのでしょうか。

 でも、言葉というのは生き物です。どんどん変わっていきます。

 いつの日か、
 昔は「私は」の"i"は、大文字で書かなければいけなかったのよ、
 
 という日がくるのでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.