FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

素因数分解で公約数をあぶり出す
 大きな数の分数を約分するときに、何でわったらいいのか、すぐにわからないことがあります。

 約分は、分子の数と分母の数の公約数で割っていくのですが、それがすぐに見つけきれないのです。

 Aさんが習いに来ました。中学3年生です。循環小数を分数に直す問題です。

x= 0.7111・・・・

本来ならこれを10倍して

10x=7.1111・・・・
-) x= 0.7111・・・・
9x=6.4
x=6.4/9 = 64/90
 =32/45
 で、終わりです。

これをAさんは100倍してしまっているのです。だから次のようになっています

100x=71.1111・・・・
-) x= 0.7111・・・・
99x=70.4
990x=704
 x=704/990
2で約分して
 x=352/495

 チェック係に提出すると、もっと約分しないといけないとのことで習いに来たのです。

 僕もこれを見て、すぐに公約数を見つけることができません。

 それで
「分子と分母をそれぞれ素因数分解してごらん」と指示しました。

 上手にできました。
次のようになります。
352=2×2×2×2×2×11
 495=3×3×5×11

 すると、分子にも分母にも11という素因数が出てきました。

 11が最大公約数です。
「この11で約分すればいいんだよ」と言ったら、後はすぐにできました。

 このように素因数分解することによって、公約数が簡単に見つかるのです。

 なお、2の倍数、5の倍数は簡単に分かりますが、それを知らない生徒も多いです。教えたほうがいいですね。もちろん、1の位が偶数なら2の倍数、1の位が0か5なら5の倍数ですね。

また、各位の数の和が3の倍数ならその数は3の倍数です。
 例えば、2169021=2+1+6+9+0+2+1=21

21は3の倍数なので2169021は3の倍数です。

 証明は中学2年の文字式のところでやっていますね。でも、3の倍数かどうかの判断に使っている人はほとんどいません。

倍数で,生徒から尊敬

スポンサーサイト




東日本大震災避難の子どもたちをセルフ塾でも受入れ
 Facebookでメッセージをいただきました。

こんにちは、今日はお願いでメッセージ送ってます。
「FutureChildren」では震災により避難を余儀なくされた子供たちの受入れを行っている学習塾を紹介しています。

この活動が広く知れ渡るよう、掲載される塾が多くなるよう、Web上での拡散活動を行ってます。

是非、Facebookページのいいね!をお願いしたく思います。
ご協力よろしくお願いします。



FutureChildren

FutureChildren
~子どもたちは未来へのたからです!~
3 月 11 日午後 2 時 46 分、
マグニチュード 9.0 を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生しました。
この度の地震により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

また、この地震により多くの子供たちが避難を余儀なくされ、避難された子どもたちは新しい土地での学習をはじめています。

子どもたちは未来を創る力です。

このたびの大震災はわが国にとって大きな試練ですが、次代を担う子どもたちはきっと力を合わせてこの困難を乗り越え、新しい未来を拓いてくれることと思います。

そのために、私たちは自らに与えられた教育という役割に全力を注ぎたいと思います。
教育を通して、未来を担う子どもたちの学力と生きる力を育むことで、元気な日本の復興に寄与したいと考える次第です。

まず、我々に出来ることは金銭面、その他でのサポートをさせていただきます。

一緒に日本を元気にさせましょう。


 これを読んで、なるほどこういうサポートの仕方もあるのかと思いました。

 そして、受け入れる方向で検討してみました。妻とも相談しました。

 やってみよう、ということになりました。

 次のように考えています。

 入塾料は免除します。また教材は無料とします。

 ただし、毎月の塾料(学習援助料と言っています)に関しては、少しはいただこうかと思います。

 全く無料にすると、いい加減になる可能性があるからです。お金を払っているのだから、休まないで行こうという気になってほしいのです。

 それで、小学生は毎月\3000、中学生は毎月\5000とさせていただきます。

 定員は 一応3人。

 そして期限は来年の3月までとします。
 その後に関しては来年の3月に考えてみます。

 沖縄のこの読谷に対象者がいるかどうかわかりませんが、こういう形ででもサポートすることができればと思っています。

 募金はもちろんしましたが、もっと何かしたいと思っていたので・・・。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.