FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「あの『N君』って、僕のことじゃないよね」
 少し前のことですが、思い出したので書き出してみます。

「Yojiさん、あの『N君』って、僕のことじゃないよね」

 Na君が口をとがらせて、僕に訴えました。

 僕はすぐにピンときました。
 ニュースレターに書いたN君のことです。

 ニュースレターを郵送した2,3日後のことです。

 「セルフ塾は差別する???」の中に、N君という生徒を登場させた話を書きました。

 次のくだりです。

 学年末テストが終わったので、席次票を提出するように子どもたちに伝えました。

 すると N君が席次票を持って来たのですが、学年末テストと書かれた部分がちぎられているのです。

 僕はおかしいと思い、学年平均を別の生徒のものと比べてみました。学年平均はどの子も同じなはずです。異なっていました。

 N君は二学期期末テストの席次票を僕に渡したのです。

 N君が聞きました。「H君ならこのように確認しなかったの?」

 僕はあえて「そうだ」と答えました。

 N君は、今までもいろいろごまかすようなことをしてきました。だから疑ったというところが確かにあるからです。



 「お父さんが、この『N君』はお前にちがいない」って言うんだよ。ぼくが絶対に違うっていっても

 Na君は悔しそうに口を尖らせます。

 Na君もよく問題を起こします。学校でもいろいろあると思われます。

 お父さんとしては、自分の息子が何かしでかしたのではないかと、不安に思うのでしょう。

 そしてそのN君が自分の息子のNa君ではないかと疑ったのでしょう。

 僕は、
「違うよ。別の人だ。お父さんに疑われたのなら、証明書を書いてあげよう」といって、紙に次のような文句を書きました。

「ニュースレターの中の『N君』は、Na君のことではありません。
 2011年○月○日 仲松庸次」

 ボールペンの調子がおかしくて、変な持ち方をして書いたので、字が少しゆがんでいます。

 「僕が書いたと思われるから、もっとちゃんと書いてよ」とまた口をとがらします。

「大丈夫だよ」と言って、僕は書き続けました。

 「N君がぼくでないなら、本当は誰なの?」

 彼が僕に尋ねました。そのとき周りに友人たちも集まっていました。

 みんなでN君探しをやるのですが、見つかりません。

 もちろん僕は明かしません。

 後日、Na君に尋ねました。

「お父さんにはあれで信用してもらえた?」

「あれを見てお父さんは笑っていたよ」と答えていました。

 僕はこの一件から、
 保護者の皆さんは、ちょっとしたことで自分の子どものことを気にするんだな、そしてセルフニュースもよく読まれているんだな、と感じました。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.