FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

謡曲「忠信」と花矢倉(説明板)

 
 謡曲「忠信」と花矢倉

 謡曲「忠信」は、義経が吉野山脱出の折の、忠信の勇壮の様を描いた曲である。

 頼朝と不和になり、都落ちして吉野に忍んでいた源義経を、この山の僧兵が今夜夜討ちにするとの情報を得たので、佐藤忠信とその郎党が留まって防矢することになり、義経主従は山を落ち延びた。

 義経の鎧を身につけた忠信は、高櫓に上って襲いかかる敵を射散らし、空腹を切って谷に飛び下り、なおも追いすがる僧兵を斬り払い、九死に一生を得て蝶鳥の如く逃げのびたのであった。

 現在この花矢倉は桜の名所であるが、防戦には格好の地形で、忠信が敵将横川覚範を打ちとったといわれるのはここである。  謡曲史跡保存会


そこに行った時のアルバムを整理しています。
説明板の文をネットで探したのですがなかったので、写真を見て書き出しました。

hanayagura.jpg
スポンサーサイト




「相対性理論」を一番正確にイメージさせてくれる
 ぼくが書いた相対性理論入門書「塾長先生の相対性理論、わかる授業」の原稿に感想をいただきました。ここで紹介いたします。

 僕の原稿は、自分ではそれなりによくできていると思っているのですが、まだ出版への見通しは立っていません。それで、モニターはまだ募集中です。
 読んでいただく読んでいただける方がいらっしゃいましたら、連絡ください。

相対性理論入門書、原稿のモニター募集

 仲松先生

 相対性理論の原稿を読みました。
 100%とまではいかないにしろ、良く解りました。
 私の理解力の問題だと思いますが、あとひといき、という感じです。

 細かく分けて説明されている事が、私には少し理解しづらいものでした(すいません!)。
 細切れにされた項目を、最後に自ら組み立てて全体像を見る作業が難しかったです。
 たとえ話の中にも、解りやすいものと、混乱するものがありました。

 ただ、何度か読めば、より理解出来るものと思います。

 ガリレオの世界でのボールを、アインシュタインの世界で光に置き換える際に、光の性質を少し説明しても良かったかな、と感じました。
 ボールは質量のある物質ですが、光は、量子論的にはふたつの性質を持つものであり、慣性の影響を受けない、という様な…。

 トムキンスの世界は、とても面白かったです。
 これは、「もしも光が遅く進んだら」というたとえ話ですが、逆に、「もしも光より速く飛べたなら」などのたとえ話を創っても面白そうだと思いました。

 「藪の中」を読んで、思い出した事がありました。
 小さい頃、私が友達にして見せた、ある種の詭弁です(笑)。

 友達を集め、私は堂々と言いました。
「今から、宇宙の全てを動かします」
 友達の見守る中で、私はクルリとターンし、360度回転しました。
「たった今、私を中心に宇宙が回りました」
 当然大ブーイングです。
 しかし、私を中心に宇宙の方が回ったのではなく、私が回った事を証明できる者は居ませんでした。

 この他にも、「地球を持ち上げる」と言って逆立ちしたりしました(笑)。

基準が変わると、見方が変わる極端な例ですね。

 時間が遅れる、長さが縮む…なども、少し強引なほど極端な例を持ち出すのも、イメージしやすい方法のひとつではないかと思います。

 とりとめのない文章で申し訳ありません(泣)。
 先生には、「なんと的外れな…」と笑われるかもしれません。

 でも、この原稿は、私に「相対性理論」を一番正確にイメージさせてくれるものには違いありません。

 有り難うございました。



冴島さま

 感想、ありがとうございます。

 正直、こんな短期間で読み上げたことにびっくりしました。

>  細かく分けて説明されている事が、私には少し理解しづらいものでした(すいません!)。
 
 こちらこそ、すみません。細かく分けて段階を踏むという感じでやったのですが、全体像までは描くことができていませんね。

冴島さんは、相対論についてだいぶ知っているのですね。

 光がふたつの性質を持つというのは、一般のひとは知らないでしょう。

 また、「今から、宇宙の全てを動かします」というのも。確かに知らない人が聞くとまったく理解してくれないでしょうね。お父さんに教わったのでしょうか。

>  先生には、「なんと的外れな…」と笑われるかもしれません。

 いえいえ、とても的を射た感想です。

>  でも、この原稿は、私に「相対性理論」を一番正確にイメージさせてくれるものには違いありません。

 そう言ってもらえると、とてもうれしいです。どうもありがとうございます。




 仲松先生

 実は、頂いた原稿を読み上げたのは二日間なのです。
 面白くて止まりませんでした。

 相対性理論の予備知識は、そんなにありません。何となく、ぼんやり解っている程度でした。
 光については、ずっと不思議だったので色々調べてきた結果です。


 小さい時の私は何にでも疑問を抱いていた為、よく父親がヒントを与えてくれました。
 今の仲松先生の様に、たとえ話をしてくれたり、実演してくれたり、絵に描いてくれたりしました。

 例えば、三角形の二辺は、残りの一辺と同じ長さになる…、永遠に的に当たらない矢…などの詭弁を、おもしろおかしく教えてくれました。

 宇宙を動かします!と言ったのは、私のオリジナルです(笑)。
 宇宙には上下左右も無く、基準にするものが無いではないか!と思ったからです。

 私の記憶の中で、一番衝撃的だったのは、映画「スーパーマン」を観に行った時です(ご覧になった事がありますでしょうか?)。

 スーパーマンが、地球の周りをぐるぐる飛ぶシーンがあります。
 自転とは逆の方向に、光より遥かに速く飛びました。
 地球は逆回転しましたが、時間まで逆戻りしたのです。
 不思議でした。
 うちに帰り、父親に問いました。
「地球が逆回転したのはわかるけど、時間まで戻るのはおかしくない?」
 その時、父親は定規を用いて説明しました。
 スーパーマンの飛ぶ速度が、速ければ速いほど0秒に近くなる事、そしてついには0秒になる事、更にはマイナスの時間になる事を知りました。

 定規の右と左が+と-を指し示していました。

 先生の教え方に似ていませんか?

 私が先生の教え方に共感したり、感動したりするのは、この様に「なぜそうなるか」を教えてくれる存在だからかもしれません。

 もし先生にお会いして、勉強を教えて貰ったらとても面白いだろうなあと思います。

 これから息子も、正の数、負の数を習います。 理解できなかった場合は、私もかつての父親の様に、あるいは先生の様に、当人が「わかった!」と感動出来る教え方をしたいです(ヘレン・ケラーが「水」と叫んだ時の様に!)。

 またも長々と書き連ねてしまいました。
 勿論、返信不要です。
 サラッと受け流して下さいね(笑)。

 勉強って、いくつになっても楽しいですね(^-^)



すばらしいお父さんですね。僕は子どもが出来なかったのですが、このような感じで子どもに接していければと思っています。

永遠に的に当たらない矢は知っていますが、
三角形の二辺は、残りの一辺と同じ長さになる…という詭弁は知りませんね。

 スーパーマンが地球を逆回転させるシーンはとてもよく覚えています。それとともに時間もさかのぼるというのも面白いです。

 光よりも速く動くことも、時間がさかのぼることも実際にはありえないのでしょうが、光より速く動くことを仮定すると、色々と楽しいことが起るものでしょう。

 どのようなお父さんの説明だったのか僕も聞いてみたかったです。

 宇宙を動かします、は冴島さんのオリジナルですか。
 そういう発想ができるというのは素晴らしいことですね。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.