FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

卒業生の寄せ書き
卒業生から寄せ書きをいただきました。3月25日合格祝いの時です。うれしいですね。

Yojiさん、Kyokoさん、3年間お世話になりました。自分も頑張ったけど、ちゃんと合格できたのは、二人のおかげです。高校では気を抜かず、1、2年生から頑張ります。最初はつらかったけど、セルフに入ってよかったです。ありがとうございました。by Ayane

YojiさんとKyokoさんには、3年間お世話になりました。おかげで無事読谷高校に合格しました。よかったです。Kenya

また、YojiさんとKyokoさんがカフェ開いたらくるのでよろしく。ミルクTEAちょうだい。Makoto

1年間ありがとうございます。Shuichi  P.S.大好きでした!!

ふけないでね。ありがとう by Kanta

Yojiさん、Kyokoさん、中1のころから兄弟そろってお世話になりました。そのおかげで高校に合格することができました。本当にありがとうございました。あのきびしい教えは決して忘れません。また遊びに来るので覚えてて下さい。Yui

2年間とてもつらかった!! Yukihiro あとでどうにかしておきます By Yuka

中3からだったけど、お世話になりました。頭よくなるだけでなく、怖い人にも強くなりましたよ。うけるね(笑)。虫にも強くなったかも。犬にも!!心身ともに強くなった気が・・・、気のせい?(うそ)まじありがとうございました。BY Yuka

Yojiさん、Kyokoさん、小4から大変お世話になりました!! Kyokoさん、Yojiさんさんのおかけで球陽に合格することができたよ。これからもずっとセルフで学んだことは忘れないよ。カフェオープンしたら、みんなで行くからね!! Moeko

1年間短い間だったけど楽しかったです。塾に入って、継続力がつきました。本当にお世話になりました。Kazuki

Machidaです!! 早退します。すみません。ありがとうと思ってると思います。代筆 Yuka

Kyokoさん&Yojiさん,小6からお世話になりました! セルフ塾は勉強もたくさん教えてもらいましたが、、、ほかのこともたくさん教えてくれてよかったです。高校でも頑張るのでYojiさん、Kyokoさんも頑張って!!Chika

「ありがとう!」しかない ありがとうございました! Kanta

セルフの♡先生方!! 2年間 ?くらいお世話になりました(笑)。Kyokoさん、Yojiさん、みんなと遊びに来るから、、、楽しみに待っててね。♡haha♡それから高校でも頑張りますね!!! (Yuiと・・・) Suzuka

梅子へ 君の10:30になったら、まどをひっかくのが心に来ました。Makoto
KyokoさんやYojiさんより、梅子が好きでした! I LOVE うめたん Kenta



yosegaki.jpg
yosegaki2.jpg
スポンサーサイト




授業方法のあまりのお粗末ぶりにスキナーが憤慨
 プログラム学習は、行動主義心理学者のB.F.スキナーが開発した学習方法です。

 彼がなぜプログラム学習を開発しようと思ったのかについて、だいぶ前に本で読んで知っていました。ただ、それが何の本だったのか思い出せず、探し出せませんでした。

 いま、ネットで検索すると出てきました。ここに紹介いたします。

 スキナー博士が憤慨した授業光景はまだ続いているように思います。

プログラム学習とティーチングマシン

 スキナーは、当時の行動主義心理学の研究成果を直接生かす方法として、「プログラム学習」を再発見した。

 スキナーは「父の日」の授業参観で末娘の授業(4年の算数)を見て、延々と続く教師の説明とそれをただ受け身的に聞いているだけの娘の姿にあぜんとしたという。1953年11月11日の出来事であった。

 「これでは効果的な学習が成立しない。心理学研究の成果が何一つ生かされていない。もっと学習者が積極的に反応し、それに対する即時フィードバックを与える学習環境を実現したい」との思いから、プログラム学習やティーチングマシンの教育利用推進に影響を与えた。

 当時の行動心理学の研究成果を反映する学習環境をつくるには、もっと積極的に学習者が反応する環境をつくらなければならない、と主張した。




プログラム学習 - 海保博之

そのスキナーが、プログラム学習を開発することになったきっかけは、愛娘・デボラの授業参観に行き、その授業方法のあまりのお粗末ぶりにスキナーが憤慨したことにある。わかっていようがいまいが、教師が一方的にどんどん進めていく授業にあきれてしまったらしい。

 オペラント条件づけの原理を使えば、もっと効果的な学習指導ができるはずと考えて研究に取り組んだ結果が、プログラム学習とティーチング・マシーンの開発であった。

 60年代前半のことである。


とっても聞きやすいです
 朝日学生新聞社のSさんからメールがありました。

仲松庸次先生

お世話になっております。
読者の方よりメールが届きましたので、
転送いたします。
お子さんからのようです。 S



件名: 仲松先生への感想・意見
毎日聞きながら問題を解いています。
とっても聞きやすいです。
これからもがんばってください。
     
          ゆい


 うれしいですね。次のような返事を送ろうと思っています。

 ゆいさん、
 セルフ塾の仲松です。
 うれしいメッセージありがとうございます。
 ほめられるとうれしいのは大人も同じです。
 これららもゆいさんたちのために、分かりやすい説明を心がけていきます。
 ゆいさんもがんばって続けてくださいね。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.