FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

家庭からの通信

保護者の皆様から届いた通信をご紹介いたします。


 毎月の通信の個人欄にも子どもの様子が書かれていますし、子どもの学習面がどういう状態かもよくわかいます。
 基礎がまだできていないということで心配ですが、現在中2の今、そのことに気がつけてよかったと思っています。受験まで基礎からしっかり身につけられるように、わが子にも頑張ってもらいたいです。そして、希望の高校に入ってほしいと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

(セルフ塾から)
2カ月に一度書く個人欄では塾での子どもの様子がわかるように努めています。
 基礎学力はとても大切です。それをしっかり築いてして、その上に受験のための力をつけることができると思います。今のうちにじっくりと基礎力をつけてもらいたいと思います。



 五月からフルタイムで働くことになり、塾の送り迎えがぎりぎりになったり、待たせることもあります。できるだけ遅れないように心がけています。本人も遅刻はいやみたいです。
 また働くようになり、喜んでやってくれるお手伝いはお皿洗いです。終了後に自分は成長していると満足げにアピールします。

(セルフ塾から)
四月になり、だいぶ早く塾に来て下級生と一緒に遊んでいます。とても楽しそうです。お手伝いの皿洗いいいですね。このようなお手伝いは毎日させてもらいたいです。成長するはずです。



今年度は中学校の部活動に変更があり、毎週月曜日は部活動は休みです。少しゆとりもできるので、塾に通っている中学生は早めに帰宅できると思います。しかし、難問だと帰れないと本人は話していました。

(セルフ塾から)
月曜日、中学生はだいぶ早めに塾に来るようになっています。ほかの曜日も下校時間が早くなっていいるようで、塾に来るのが以前よりも早いです。とてもいいことだと思います。これからもきちんとそれが守れることを願っています。


スポンサーサイト




5√5ー2√2 をタイルで教える
 中学3年生のN君はルートを含む式の引き算をやっていますが、だいぶ混乱しているようです。

5√5ー2√2

 5-2をするのはいいのですが、√2-√2で√2にも消えてしまうのではないか、と考えてしまうようです。

 それで僕はタイルを書いて説明しました。

 5√2 というのは√2のタイルが 5個あるということ。(√2のタイルというのは、たて√2、横1の長方形)

 そして -2√2というのは-√2のタイルが2個あるということ。
 マイナスのタイルは赤色で考えます。

 赤と白のタイルは打ち消し合うのだから5√2と-2√2 では、
白の√2タイル2個と赤の√2のタイル2個がうち消し会ってなくなり、3√2が残るということ。

routnokeisan.jpg


 このような説明をすると一応は納得ししたようです。
 でもたぶんまた同じような内容でつまずくのだろうと思いますが。

異人も赤い靴も知らない
 中学生は来週行われる中間テストに向けての学習を行っています。

中学2年生のT君が習いに来ました。

 教科書準拠の問題集を使っていますが、その英語に"Ijinnkan"というのが出ます。

T君がたずねました。「イジンカンって何 ?」

「イジンカンは『異人館』って書くんだよ。異人というのは外国人のことを言うんだ。

「『赤い靴』っていう歌を知ってるでしょう?」
「いや知らないよ」

「知らないのか。
赤い靴はいて女の子
異人さんに連れられていちゃった
という歌だよ」

「知らないよ。でも、怖い歌だね」

 『赤い靴』は僕の大好きな歌です。僕らの年代の人はだれでもが知っていると思います。

 でも、今の子どもたちは知らないのですね。

 「異人」という言葉は僕らにとっても死語です。日常生活の中で使うことはありません。

でも「赤い靴」の歌でとてもなじみでした。

 今の子どもたちはそれさえも知らないので、全くの死語になるのでしょうね。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.