FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「そろそろ失礼します」
Lang-8で、「『そろそろ失礼します』は、どういう意味ですか」というメッセージをインドの方から受け取りました。混乱しているとのことです。

 「そろそろ失礼します」は、「時間がやってきました。私は帰らなければいけません」のような意味です。

 でも、たぶん僕に質問してきた人は、そのような意訳を求めているのではないと思います。

 日本語を学び初めの人ですが、混乱しているとのこと。

 たぶん「失礼します」というのが、いろいろな場面で使われるので、混乱していると思われます。

 "Excuse me"の意味として「失礼します」を教わったでしょう。

 また"May I come in?"の意味としても習ったのではないでしょうか。

 そして、ここにきて帰る時にも「失礼します」となったわけです。

 僕らは何気なく「失礼します」をよく使っていますが、基本的にどういう意味なのかというのを考えなければ分からなくなります。

 「失礼」というのは「礼を失う」ということです。

 だから、「私はこれから 礼を失うことをしますが、どうぞお許し下さい」という意味で「失礼します」ということを使っているのです。

 だから「ここを通るのは礼を失うことでしょうが、ここを通して下さい」

「礼を失うことになるかもしれませんが、部屋の中に入ってもいいですか」

「礼を失うことになるかもしれませんが、この場を去ってもいいですか」ということで、「失礼します」を使っているのです。

 これまで考えたこともありませんでしたが、このような質問を受けて立ち止まって考えると、けっこう深い意味があるものです。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.