FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

拙著「親は最悪の教師・・・最良の教師への道」を増刷
 僕の家庭教育論をまとめた「親は最悪の教師」を前に、とりあえず30冊印刷製本しました。(塾での印刷製本)

 好評で在庫がなくなってしまいました。うれしいことです。

 それで、また30冊増刷いたしました。

 ご指摘があったので、今回は目次にページも付けました。

「親は最悪の教師・・・最良の教師への道」
スポンサーサイト




Tの字平行線の引き方かなり有効。
 前にTの字をえがいて、それから平行線を引くという方法を紹介しました。
Tの字を描いて平行線を引く

小学4年生のMさんがやってきました。前回月曜日は用事があり欠席でした。

 その前に平行線の引き方を指導したのですが、なかなか理解できずとても苦労をしていました。
 学校でも学んだそうですが、よく理解できなかったと言っています。

 その後いろいろ考えて Tの字平行線を考え出したのです。

 それをMさんに教えるのは初めてです。

 最初に僕が説明を加えながらやってみました。

 そしてMさんに少し指示を与えながらさせました。

 そして3回目からはほとんど自分でできるようになりました。

 Tの字をフリーハンドでえがいてから平行線を引くというのはかなり分かりやすい、有効な方法だと感じました。

おばあさんが孫といっしょに算数を学ぶ
 広島県のKさんからメールをいただきました。ありがとうございます。
 Kさんには、しばらく前に、僕の作った算数の教材をお送りいたしました。

(前略)

 Yは小五年で私の孫です。兄と違って学習が苦手です。

 この度わが家の朝日小学生新聞で先生のことを知り、私が求めていた指導の方法がやっと手に入った喜びでいっぱいです。それまでインターネットで探してしていました。

 今の教科書では、こんがらがるばかりのようで、発達段階での理解を待つ以外に、なすすべがなかったように思います。私が(66歳)先に勉強して、本人が分からないと言った時指導しているところです。

 自分を振り返った時、そうだったのかとうなずくことが多いです。こんなに解りやすく指導してもらってない気がします。

 先を見越してと自分の勉強のために先生の塾で指導されている数学1年、英語1年の学習書がほしいと思いはじめています。

 出来るかどうか不安ですがやってみたいとおもいます。

 理解できないところはメールでお聞きしてもよろしいでしょうか。沢山のメールが先生のもとに寄せられえていると思いますが

 御迷惑でなかったらお願い致します。この夏休み、一緒にがんばってみたいです。

 あまりにも苦労をしてたどり着いたところです。苦しんでいるこどもたちと一緒に勉強をしたいと思います。 

 先生のブログの中で参考になるところを数日かけて取りこみました。プリントも出来上がりました。楽しみです。これからも宜しくお願い致します。



 いいですね。とってもいいです。

 何がいいかというと、まず、教材をただ与えて、勉強しなさい、というのではなく、
.また、上から見下ろして教えてあげる、というのでもなく、.自分も一緒に学んでいこうという姿勢です。

 自分も一緒に学ぼうとすれば、子どもたちも素直に耳を傾けると思います。すばらしいです。

 そして、またお孫さんのためにおばあさんが、これから算数や数学、英語を学ぼうとしていることです。学ぶことに年齢は関係ないと前から思っていましたが、このように積極的な姿勢をみるとうれしくなります。

 とてもほのぼのとした、温かい気持ちになります。ありがとうございます。

 僕ができることでしたら、精いっぱいお手伝いさせていただきたいと思います。

 それから、僕の書いたのをうなずきながら読んでいただいている、というのも、うれしいですね。算数を理解しながら学んでいくというのを僕は目指しているからです。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.