FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

生徒が塾をやめる時
 Akemiさんからコメントをいただきました。いつもありがとうございます。

ありがとうございます
コメントを取り上げてくださり感謝です。
H君の過去記事、拝読しました。指導者としてこれほど嬉しいことはないですね。
うれしかったHくんの合格

漢字の指導、頭が下がります。

奥様のアドバイスも見事ですね。書きながら読みも習得、と言う考え、なるほど、です。

漢検合格など、小さな達成感が、次へのやる気を育んでおられますね。

塾の指導を始めてまだ数ヶ月、私にとっては試練です。
今日、退会の連絡を受けてショックでした。表向きの理由はあれど、私の指導力や技量不足が原因と思われます。
この先生はよく見てくださる、この先生になら任せて大丈夫、というような、親御さんの信頼を得ることができませんでした。

話がそれて申し訳ございません。
私も、生徒さんのように、日々進歩していきたい、と、失敗をしながらやっていきます。いつもありがとうございます。



  生徒が塾をやめる時というのは落ち込みますよね。僕もそうです。残念というか.悔しいというか・・・。

 まず、親御さんが自分の子どもの力を知らないということがあります。

 塾に入ったからすぐに成績が上がるだろうと過剰な期待をしてしまうのです。

 子どもの力というのはとても差があります。どの子でも同じように成績が上がるとは限りません。そこのところを知らない親御さんがとても多いのです。

 私どもも、「あなたのお子さんの頭も悪いですから、、、」などとは言えません。

 遠回しに伝えることがありますが、それがどの程度を伝わっているのか。

 とにかく、自分の子どもの力を知らないで、過剰な期待を塾にかけ、そしてだめだったということでやめてしまうケースがあります。

 次は、目の前の点数に左右されるということです。

 塾によって違うでしょうが、僕の塾では目の前の点数はそれほどは重視していません。

 それよりも、その子の将来にとって何が大切かということを僕は考えています。

 塾で読書をさせるのもそうです。また理解を重視するのもそうです。

 長い長い人生のスパンで考えて、その子たちを教育していきたいのです。

 そうすると学校の定期テストの点数はそれほど上がりません。それに不満を持って辞めるケースもあるのです。

 何度も味わっても生徒が塾をやめる時はいやな気持になります。平気ではいられません。

 でも、僕は自分に言い聞かせています。

 とにかく自分の思う教育をこの塾でやり続けていくことしかないのだと。

 親御さんや生徒たちの要求や意見は真摯に聞くべきです。そして、できるだけかなえていくということも大切だと思います。

 しかし、それに迎合することはいやです。親御さんたちがテストで点数を上げてほしいと思っても、僕はそれだけを追求したくはありません。

 自分の思う教育ができなければ僕は塾をやめるつもりでいます。

 生徒が集まらなければ塾の経営はできません。

 だから、僕の思うことをことが親御さんや生徒たちとを全くかけ離れていて、生徒が全く集まらなければ塾はやっていけないでしょう。

 そこで、自分の信念を曲げて点数主義に行くか、自分の信念を貫くかです。

 僕は点数主義の塾をやるよりもは塾をやめるつもりでいます。

 幸いなことに、ぼくのやりたいことに理解を示して付いてくる生徒や親御さんもたくさんいます。

 生徒が塾をやめるときには、自分に言い聞かせます。

 とにかく、自分の信念を貫くだけだと。
 僕は自分の道を歩んでいくだけだと。


 このブログの教育論についてまとめた第2弾です。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.