FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

タイルトランプ
 保育園の時に子どもたちのために作った、「タイルトランプ」を紹介します。水道方式関係の本を見て、まねて作りました。

 なんという呼び名だったかは忘れたので、「タイルトランプ」と一応に名付けておきます。

ふりがなつき漢数字、算用数字、りんごの絵、タイルの絵、それが 0~10までのトランプです。

 次の「PDFファイル」のページをあけて、「26タイルトランプ」を開け、印刷して使って下さい。
PDFファイル

 適度な厚めにしたり、裏紙を貼ったりなど、それぞれで工夫して下さい。

 このトランプの長所(ほかのトランプよりも優れている点)については明日書こうと思っています。

 本日は、それを使った遊び方を紹介しましょう。

 といっても、ふつうのトランプで遊んでいる遊び方です。

 まずは神経衰弱。ほとんどの人が知ってると思いますが、念のためにルールを簡単に書きます。

 トランプを裏返して広げます。

 そして交互に2枚ずつめくります。同じ数だと自分のカードになります。

 そして最後に多く持っていた人が勝ちというでもです。

 最初はルールもわからないでしょうから、0から3までの 4×4 = 16枚 から始めたらどうでしょうか。

 まだ数の概念ができていない子どもでしたら、子どもがカードをめくったときに、「さんだね」というふうに教えてあげましょう。

 そして同じ数のカードが出てきたら 「3と3だから。○○ちゃんのカードだよ」というふうに言ってあげましょう。

 神経衰弱の次には「7並べ」をしてみましょう。

 このトランプの場合には、0から10までの数ですから 5を中心とした「五ならべ」といったものでしょう。つまり、7からではなく、5から並べ始めるのです。

 その次にババ抜きもできます。

 このようなトランプで楽しく遊びながら、数の概念が身につきます。
 ぜひ試してみてください。

 以下に、トランプの遊び方の出ているページを紹介します。

神経衰弱(しんけいすいじゃく) の遊びかた

7ならべ の遊びかた

ババぬきの遊びかた
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.