FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

光の屈折。空気の方の角度が大きくなる」
光の屈折。この境界面ではないだろう。
 に、mixiで、おりじんさんから次のようなコメントをいただきました。

僕の場合、まず境界面に垂直な線を基準とする。この線だと光は直進する。この垂線から入射角と屈折角を考える。どっちからどっちに行くにしろ「空気の方の角度が大きくなる」を大原則として教え込む感じにしますかね。



 mixiのつぶやきで、そしてぼくへのメッセージなので、このような簡単なコメントになっています。彼がぼくに伝えたかったことをぼくは理解しているつもりです。

 でも、中学生がこれを読んだだけでは、よく意味が分からないと思うので、分かりやすく説明してみます。ぼくもこの考えを整理してみたいですし、・・・。

 空気中から、ガラスや水中に光が進むときには、屈折角は入射角より小さくなります。光は境界面から離れるように進みます。
kussetukousen.jpeg


 入射点に立てた垂線と入射光,屈折光との角度を,それぞれ,入射角,屈折角といいますね。

 逆に、ガラスや水中から空気中に光が進むときには、入射角は屈折角より小さくなります。境界面に近づくように光は進みます。
kussetukousen2.jpeg

 どの方向に進むにしろ、空気の側の角が大きくなるということです。

 そこで大切なのは、入射角、屈折角が境界面に立てた垂線との間の角だということです。境界面との間の角だと勘違いしたらまったく逆になるので、注意しなければいけません。

 結論
「境界面に垂線を立て、光線との間の角を考える。
 光は次のように進む。
空気中の側の角度>ガラスや水の側の角度」


スポンサーサイト




情報を持っていくなら握りつぶしたりなどしない「しんぶん赤旗」
  7月22日金曜日の「しんぶん赤旗」に、日本共産党の志位和夫委員長が外国特派員協会でおこなった講演と一問一答が載っています。

 そこに次のような一問一答がありました。

「赤旗」のスクープは、どのように情報を得ているのか?

( 質問 ) 九州電力の「やらせメール」問題は、「赤旗」のスクープでした。どのように情報を得たのでしょうか。この記事はキャンペーンの第1撃で、第2撃、第3撃はあるのでしょうか?(笑い) ・

( 志位 )「しんぶん赤旗」のスクープについて評価をしていただいて、ありがとうございます。

 この経過をいいますと、私どもの福岡県委員会に、九州電力の関係会社の方から連絡がありました。私たちが九電に立ち入って調査したというよりも、私たちに情報が寄せられたのです。「しんぶん赤旗」はその情報を慎重にたしかめて、信ぴょう性に間違いがないとして報道に踏み切りました。

 「しんぶん赤旗」が報道した段階では九電は否定していました。そこで国会で、笠井亮衆院議員がこの問題を取り上げました。海江田万里経済産業相は「そんなことがあれば許されないことだ」と答弁しました。そういうやりとりを経て、その日の夜、急きょ九電は事実を認めることになりました。

これが経過ですが、「しんぶん赤旗」のスクープというのは、多くの場合がそういう形で、情報提供者が私たちを信頼して寄せていただいた情報をもとに、スクープとなることが多いのです。

 「しんぶん赤旗」にもっていけば握りつぶしたりなどしないだろうと(笑い)、みんなが安心して託してくれます。そして私たちは情報提供者を絶対に守ります。この点でも信頼があります。

 今後も、同じような事態が起これば、私たちに情報を寄せてくれる動きも起こるでしょう。その時には、私たちは同じような行動を取ることになります。


 「『しんぶん赤旗』にもっていけば握りつぶしたりなどしないだろう」というのがおもしろいし、そうだそうだと納得しています。

 テレビドラマや、映画などでよくありますね。

 主人公の新聞記者が特ダネを手に入れます。そしてそれを記事にしようと頑張る。

 最初は、編集局局長なども大いに賛同して後押しをします。

 しかし、いざ新聞が印刷にまわされる直前になると.編集局長がその新聞記者を呼び出し、
「この記事はボツになった」と言います。

「なぜですか?」と食い下がる新聞記者。

 編集局長は、悔しそうな表情を浮かべながら、「とにかくためなのだ」と答えます。

 結局、上からの圧力によって握りつぶされてしまうのです。

 こういうことが一般紙では、実際に起りそうな気がします。素人判断で申し訳ないのですが。

 しかし、「しんぶん赤旗」だと権力に決して負けない、という信頼感があります。だからこういうスクープを持ち込むなら、にぎりつぶしたりしない「しんぶん赤旗」だということになります。

 このようして、スクープが「しんぶん赤旗」に集まるというのもうなずけるものです。

 そして志位委員長が語っているように、情報の提供者を絶対に守ってくれるという信頼感もあります。

 今後もいろいろなスクープが「しんぶん赤旗」でおこなわれることを期待しています。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.