FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

自分の子どもの能力が劣ることを受け入れる
 ノーベル文学賞を受賞したパール・バックは知的障害児の母親でした。彼女は娘と歩んだ道を手記「母よ嘆くなかれ」に書いています。

 彼女は、自分の娘が知的障がいを持っていることをなかなか受け入れることができません。そして次々と病院を訪れます。どの病院の医者も「娘さんの障害は治ります」と告げます。

 しかし、ミネソタ州のメイヨー・クリニック病院で終止符が打たれます。

 ドイツ人の医師が強い口調で言います。

「奥さん、このお嬢さんは決して治りません。空頼みはおやめになることです。あなたが真実を受けいれるのが最善なのです。お嬢さんは決してよくならないのです。その負担に耐える準備をなさってください。この子どもさんは決してちゃんと話せるようにはならないでしょう。よくて4歳程度以上には成長しないと思います。奥さん、わたしはあなたのために本当のことを申しあげているのです。」

 その医者の言葉によって、パールは現実を受け入れるようになります。真実を告げられる親はつらいです。しかしまた、真実を告げる医者もつらいのです。だからあいまいなことを伝える医者が多いのです。

 さて、障がいではないにしても、理解力、記憶力の劣る子がいます。残念なことですが、人間の能力は平等ではありません。一を聞いて十を知る子がいる一方で、十を聞いてやっと一を知る子もいるのです。

自分の子の能力が低いことを受け入れられない場合は地獄のようなものです。いらいらし、「なぜあなたは成績が良くないの。努力が足りないからよ」と叱りつけます。子どもは子どもで、まだ頑張りが足りないのだと自分を責めます。

 確かにどの子も伸びます。しかし伸びる速度は子どもによって違うのです。そのことを親は理解しなければいけません。頑張ることは大切です。しかし同じように頑張っても、同じように伸びるとは限りません。子どもに期待することは大切です。しかし、その子の能力以上のことを期待すると、親はイライラするし、子どもは押しつぶされてしまいます。

 子どもの能力が劣るのは、誰のせいでもありません。親が悪いわけでも、子どもが悪いわけでもないのです。

 子どもの成績が悪い時に、それがその子の能力のせいなのか、それとも努力不足のせいなのか、冷静に見つめ、能力が劣るためならば、それをしっかりと受け入れることが必要なのです。

 そして教師も、それをしっかりと告げるべきなのです。それがつらいことであっても。

 今朝の琉球新報論壇に掲載されました。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.