FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中国の交通・・・車が多過ぎる、ゆずりあいがない、だから大渋滞
 中国旅行は今回で2回目です。前に言ったのは 1995年。もう15年もたちます。コースは北京と西安で、ほとんど同じです。

 あのころの中国は車の数が今よりもかなり少なく、自転車がとても多かったです。
 道いっぱいをたくさんの自転車が走っていたのを思い出します。

 いま中国の車は多すぎます。どこに行っても車・車・車。だからどこでも大渋滞です。ほとんど前に進みません。

 そして運転がとても荒いのです。車間距離がほとんどなく、左右もぴったり寄り添うように走っています。

 僕が青信号で横断歩道を渡っていると、急に大型のバスが近くまでかなりのスピードで走ってきました。僕のすぐそばで止まったのですが、ひかれてしまいそうな気がしました。

 信号があってもほとんど守られていない状態です。

 そして、強引に割り込んでいきます。僕らが乗っているバスの運転手もかなり強引でした。バスの中にいた僕らは、何度もすごい運転をしていると驚いたものです。

 タクシーが真ん中の車線で止まりました。そこに向かって女性が走って行きます。もちろんかなりのスピードで走る車を避けながらです。

 タクシーが客を乗せるために止まる時も鋪道者側でもなくてないといった状態なのでしょう。

 唐歌舞を見に行く途中、停電だったようで、信号が点灯していません。

 そこに、右からも左からも強引に車が入ってきます。そして動こうともしません。だからかなりの間渋滞で、全く車が動きません。パトカーが来て、なんとか動けるようになりました。

 譲り合いの精神が全くないのです。

 僕は小心者で、車間距離をかなり取る方です。だから沖縄で走っていても、僕の車の前にほかの車がはいってくることがよくあります。

 中国で僕が運転すると、全く前に進まないかもしれません。
 その前に、このような運転このような状態なら、僕は全く運転できないでしょう。

 いずれにせよ、このような大渋滞だと中国の経済も大変だろうなと思います。これから車もまだまだ増えるでしょう。

 この大渋滞を解決するのは並大抵のことではないでしょう。しかし、これからの中国の発展にとって、大きな足かせになると思います。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.