FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

x軸に対象・・・穴を開けてしるしを入れ理解させる
 中学1年生は関数(比例)をやっています。

 そこで、「x軸に対象な点の座標」というのが出てきます。

 x軸で折り曲げて、そこと同じ位置になるところが対象の点だよ、とか
 x軸から同じ距離の点を対象というんだよとか、
 x軸に鏡をおいて写った点が・・・
 と説明するのですが、なかなか理解が難しいようです。

 それで、僕は紙にx軸とy軸を書き、そしてある点を書きました。

 その点にシャープペンシルの先を差し込み、穴をあけました。

 次にx軸で折り曲げ、空いた穴にシャープペンシルを差し入れ、印を描いたのです。

 そして、紙を広げると、対象な点が描かれています。

 「これがx軸に対象な点だよ」と説明すると、何とかわかってくれたようでした。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.