FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

yについて解け。yの項のマイナスはくせ者。プラスに変える。
 沖縄県県立高校入試問題では、「yについて解け」という問題がよく出ます。

例えば

「3x-2y-5=0 をyについて解け」

という問題です。

 これを間違える子が少なくありません。

 なぜ間違えるのか見てみると、yの項の符号がマイナスになっているからです。

 上の問題では次のように計算をしています。

3x-2y-5=0
-2y=-3x+5

そして、両辺を-2で割るのですが、その処理に困っているようなのです。この段階から、生徒によっていろいろいろいろな間違った手を使っています。

y=(-3x+5)/-2 のままにする子。

y=(3x+5)/2 として、5の符号を変えない子、などなど。

 それで、僕は

 yの項が左辺にあり、マイナスの場合には、このマイナスはとても曲者だよ。
 そういう時には、と両辺に-1をかけて、すべての項の符号を逆にしなさい


 と言っています。

 上の問題では、次のようになります。

3x-2y-5=0
-3x+2y+5=0

すると、あとは楽に解けるように解けるようでした。

-3x+2y+5=0
2y=3x-5
y=(3x-5)/2

ですね。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.