FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

NHK Eテレで「100分 de 名著」新渡戸稲造の「武士道」
 NHK Eテレの「100分de名著」をご存じですか。

「100分 de 名著」は、誰もが一度は読みたいと思いながらも、 なかなか手に取ることができない古今東西の「名著」を、25分×4回、つまり100分で 読み解く番組です。

 毎週水曜日22:00~10:25、再放送は翌週の水曜日5:35~6:00、そして11:30~11:55までです。


 今、新渡戸稲造の「武士道」をやっています。僕も日本人の道徳として武士道はとても大切だと思っています。多くの人に見てもらいたいです。

NHK Eテレの「100分de名著」新渡戸稲造の「武士道」
 第1回に先週終了し、面白かったです。今日は第2回です。

 「国家の品格」でも武士道は取り上げられていて、共感しました。





スポンサーサイト




セルフ塾のブログが、fc2 ブログ「学校教育ランキング」で5位
 この「セルフ塾のブログ」が、fc2 ブログ「学校教育ランキング」で16909人中5位になっています。

学校・教育のアクセスランキング
 これまでの最高位はたしか12か13位だったと思います。ベストテンに入ったらいいなと思っていたのに、急に5位です。

 きのう、沖縄県高校入試倍率が昨日発表され、そのためにアクセスが急増したことは前の記事で書きました。それが影響していることは確かだと思いますが、5位とは、すごいと思います。

昨日のブログへのアクセス数 1319。いつもの約2倍。なぜ??

昨日のブログへのアクセス数 1319。いつもの約2倍。なぜ??
 昨日の、この「セルフ塾のブログ」へのアクセス数は1319でした。

 それまでの最高はおとといの719。そしてこのところ平均して600余りといったところです。

 だから1319というのはいつもの約2倍といったところです。

 何が起こったんだろうと僕は思いました。

 そして、「ブログ拍手」数を見てわかりました。

 沖縄県立高校入試推薦志願倍率が発表

に拍手が4つも付いているのです。

 昨日は、一般入試の願書が締め切られ、
「沖縄県平成24年度県立高等学校入学者選抜一般入学初回志願状況」
が沖縄県教育委員会のホームページで発表されました。

 それで、多くの人がそれを見るためにインターネットに接続したのです。そして、検索をして僕のブログのページに来たということです。

 少し古いページです。僕は少し慌てました。僕のブログに来てがっかりした人がいるのではないかと。

 それで、急いで今度の募集状況を知らせる記事を書きました。

 あとでわかったのですが、前のページに掲載しているURLからでも沖縄県教育委員会のホームページに進むことができ、募集状況を見ることができます。  

 たぶん僕のページから進んで見ることができて、喜んでいる人が多かったと思います。

パープルシャドーズ「小さなスナック」、女性の立場から見ると
 パープルシャドーズ「小さなスナック」は、僕の青春時代に大ヒットした歌で、僕も大好きでよく口ずさんだものです。

 これは、男の立場から小さなスナックでの、ある女性との出会いを歌ったものです。

 さて、これは女性の立場からすると、違った解釈ができるのではないかと思ったのです。

 この女性はその男性を嫌っていたのではないか。

 小さなスナックで、一人でお酒を飲んでいると、いやらしく眺めている男がいる。

 そして話しかけてくる。いやなので返事もしない。

 そして、男に会うのがいやなので、その小さなスナックに出かけていくのもいやになって、何も言わずにスナックに通うのやめてしまった。

 そのように解釈できるのではないでしょうか。

 そう思って、詩をまずは読んでみてください。

 歌のロマンチックさを打ち壊してしまうとお叱りをうけそうですが。


小さなスナック
牧 ミエコ 作詞
今井 久 作曲

僕が初めて 君を見たのは
白い扉の小さなスナック
一人ぼっちの後ろ姿の
君のうなじがやけに細くて
いじらしかったよ

僕がその次 君を見たのも
バラにうもれた いつものスナック
ギターつまびく君の指さき
ちょっぴりふるえてつぶやくようで
可愛いかったよ

僕が初めて 君と話した
赤いレンガの 小さなスナック
見つめる僕に ただうつむいて
なにも答えず恥ずかしそうで
抱きしめたかった

今日も一人で 待っているんだ
君に会えない さびしいスナック
キャンドルライトに 面影ゆれる
どこへ行ったの可愛い君よ
忘れられない
どこへ行ったの可愛い君よ
忘れられない



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.