FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学生での英語の学習について 、子どもの学習能力による
 相談メールがあり、きのうは小学生の社会科の学習について回答をしました。

 今日は、2番目の英語について回答をいたします。

 小学5年生で、英語の単語を遊びの中で覚えることについてどう思うかという質問でした。

 僕は、子どもの学習能力によると考えています。

 社会の時にも書きましたが、小学生においては、国語と算数の力をきちんとをつけることが大切です。

 日本人であっても、きちんと学習しなければ、国語の読み、書きは身につきません。中学3年生になっても、日本語能力がかなり落ちると思う生徒が少なくありません。

 そういう子どもたちは、英語の学習をするよりも、国語の学習の時間を多くして、きちんと日本語を学ぶ必要があると考えています。

 英語も大切ですが、日本人にとっては国語の力が何倍も重要なのです。

 日本人だからということで、日本語は当たり前に身に付くだろうと考えるのは間違いです。

 さて、一方で学習能力が優れている生徒がいます。彼らは、楽に国語や算数の基礎力を身につけていきます。そして時間的にも余裕があります。

 そういう生徒は、英語に時間を割いてもいいと思います。
 いや、積極的に英語の学習を始めた方がいいのです。

 小学生の間は、文法の学習はやらずに、単語の暗記や、会話の練習をするのも悪くありません。

 なぜなら、小学生は理屈よりも、そのまま記憶する力が得意だからです。

 NHKのテレビで、小学生向けの楽しそうな番組を、ちらっと見たことがあります。

 そういう番組を積極的に見たらいいのではないでしょうか。

プレキソ英語 プレキソプラネット



スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.