FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

定期テストに向けての学習をどうするか
別の方から相談メールを受け取りました。ありがとうございます。

相談内容は2点です。
1つは、定期テストに向けてどのような学習をするのか、

2点目は、数学の発展問題にどう対処すればいいのかということです。

きょうは、1つ目の、定期テストに向けて学習に関して、僕の考えを書き出してみます。

 実を言うと、僕はほかの塾の先生方に比べると、定期テストでの点数の取り方を知らないと思います。

 点数よりも、子どもたちが、どのように学習をすると、それについての理解を深めることができるか、ということの方に関心が強いからです。

 もちろん、定期テストの点数を軽視するつもりはないのですが。

 定期テストにむけての学習は、市販されている教科書準拠の問題集をやるのが、無難な方法です。

 学校では、教科書を中心に授業を進めています。その教科書に準拠した問題集をやることによって、定期テスト対策になります。

 僕の塾では、学習塾向けの教科書準拠の問題集を、定期テストの2週間前から解いて対策としています。

 教科書準拠の問題集は、お近くの書店で数種類販売されているはずです。その中で、お子さまが使いやすいと感じるものを選んでみたらどうでしょうか。

 次にアマゾンで販売されているものを参考までに貼り付けますが、近くの書店で買った方がいいです。

 なぜなら、近くの書店で売られているものは、その地域で使われている教科書に準拠した問題集だからです。

 アマゾンで買うと、地域で使われている教科書ではない可能性があります。どの出版社の教科書かはっきりすればアマゾンでもいいのですが。



 それから定期テスト対策としては、やはり学校の授業の中で先生が何を強調して教えているのかに敏感になった方がいいですね。

 そして、それに沿った学習をした方がいいと思います。

 先生によって癖もあります。
「ここはテストに出すから覚えておくように」と先生がおっしゃったことに関しては、素直に覚える努力をした方がいいですね。

 そして、学校で配布し、授業の中で使ったプリント類は、テスト前に目を通して、覚える努力もした方がいいですね。
スポンサーサイト




塾に入って学力はついたために、高校に不合格になることもあるんだよ
 県立高校入試合格発表を翌日に控えた3月13日のことです。

 学習時間前に、Nnmさんと高校入試についておしゃべりをしました。

 彼女が、
「セルフ塾でも、これまでに不合格になった人がいる?」と尋ねるので、

「いるよ」と答えました。

「へえ!」と、意外だという感じで言いました。

 僕が、
「塾に入って学力がついたから、高校に不合格になることもあるんだよ」と言うと、

「なぜ?」と、不思議そうな表情をします。塾に入って学力がつけば合格する可能性は高くなると考えるのが自然です。

「例えばね、Nnmさんは多分、塾に入らなくても Y高校なら合格するよ。
 もちろん、学校の授業をまじめに聞いて勉強してというとしてだよ」

でも、塾に入って学力が付いた。すると、もっとレベルの高い、K高校にも合格できるかもしれない、ということになったとしようね」

でも、K高校はとてもレベルが高い。すると、Nnmさんは不合格になるかも知れないでしょう」

このように、塾に入って学力がついたために、これまでは無理だと思っていたレベルの高い高校を受験して、そのために不合格になってしまうこともあるんだよ」

彼女は、「よく分かった」と納得していました。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.