FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

春休みスリランカ旅行5日目
春休みスリランカ旅行5日目
[キャンデイ~ヌワラエリア]
(この記事は沖縄を離れる前に、予約投稿した予定です)

4月1日
◆午前:♪この木何の木♪のコマーシャルで紹介されたジャワ・ビンローがあるぺラデニア植物園●へご案内します。

◆観光後、セイロンティーの本場で高原の避暑地ヌワラエリアへ。

◆途中、セイロンティーの精製工場に立寄ります。

◆午後:ホテル着後、自由行動。
イギリス植民地時代の面影を残す町の散策をお楽しみ下さい。 アルパインまたは同等のスタンダードクラス(ヌワラエリア)
スポンサーサイト




スリランカ旅行4日目
春休みスリランカ旅行4日目 [ポロンナルワ~ダンブッラ~キャンディ]
3月31日

 スリランカは仏教の国です。今日も仏教関係の史跡を多く廻りました。
 さて、史跡を回りながら感じたのですが、ここには涅槃像(ねはんぞう)がとても多いです。
 涅槃というのは、ブッダの死を言い、涅槃像は、横になっているブッダの象です。
 それは、究極の理想の境地をあらわすようです。

 僕もその程度の知識は一様持っていたのですが、日本で涅槃像を見た記憶がありません。

 僕の知識は狭いので、日本のどこかには涅槃像があるかもしれませんが、今考えても日本の涅槃像は思いつきません。

 あるにしても、とても数が少ないと思います。それに比べると、まだ数日しかなりませんが、ここスリランカでは何体の涅槃像を見たでしょうか。

 スリランカでは涅槃像がとても重視され、日本ではとても軽視されているように感じます。

 さて仏像についてです。

 僕は日本の仏像というのはいろいろな形態があり、種類も豊富で、そしてとても美しい感じがします。

 中尊寺の半跏思惟像は、とても美しく、ぼくは大好きです。

 それに比べるとスリランカの仏像はどれも画一化され、面白くないように感じます。どれも同じ顔をしています。
 それは、日本の仏像ののほとんどが木製であるのに対し、ここスリランカの仏像は石の像で、彫りやすさが異なるからかもしれません。

 これはあくまで僕の個人的な感想です。

 なお、現地ガイドのアショーカさんに教えてもらったのですが、涅槃像には死ぬ前と死んだあとの像の区別があるそうです。

 一つ大きいのは、両足の親指が少しずれているのが死んだあとで、死ぬ前の足の指はきちんと揃っているとのこと。

 そう言われて見ると、その2通りのタイプが確かにあります。


(以下は行動記録です)
6:00携帯電話ではなく腕時計のアラームが鳴っている。
昨日の夜インターネットでクラブをアップしようと思ってフロントに行くと真っ暗になっていた。フロントの周りでインターネットができる。きょう6時過ぎにフロント近くの椅子でブログをアップする。
7:20 朝食のためにホテル内ホテル内のレストランに。
8:02いったん部屋に戻り待たホテルを出る。車に乗り込む。京子はホテルの写真をとる。
8:18ダンブッラの街。現地ガイドが銀行に行ってしばらく車の前で待つ。京子は車を降りて近くをの写真をとる。
8:20 野菜の卸売り市場。スリランカ1の市場とのこと。眠らない町。
が銀行も夜も入ってるとのこと。
8:23 車を降りるゴールデンテンプルとある。
ダンブッラの石窟寺院【世界遺産】
8:30花を100ルピーで買う。猿がたくさんいる。近くまで寄ってくる。
8:45 アショーカさんが、猿が花を取るので、ということで、アショーカさんが京子から花を預かる。その花をアショーカさんも取られてしまった。花を食べている。
8:50 2000年ほど前にインドの王様に敗れたスリランカの王様が隠れていたところ。そこに寺を建てた。
8:55涅槃像。ヒンズー教の神様がすぐそばに祭られている。
第1窟の涅槃仏や壁一面に描かれた極彩色の壁画、
srilanka4-1.jpg

9:06天井から聖なる水(ダンブッラ)が 涌き出る第2窟。
9:34 靴を返してもらう。75ルピーのところを100ルピー支払う。
9:41 手相見と若い僧侶。
10:03車に乗る
10:43 水牛に鋤をひかせている。
10:46スリランカのお墓。
10:58 このあたりの地名はマータレイ。
11:04 車を降りる。香辛料の店。
11:07マリさんに案内してもらう。日本語がとても上手である。
11:21 緑のカカオ。
11:22ジャスミン。
11:23 コショウの木。
11:58長時間のマッサージをやってもらい、今店に入ったところ。
店で、いろいろな香辛料やアロマ製品を買う。
12:58食事を終えて出てくる。香辛料の店の敷地内にレストランはある。
コーラとスプライトで400ルピー。
13:05車に乗る。
13:13山の中腹に仏像がある。アラビハーレヤ
それまでは口承で伝えていた仏教の教えを、初めて文字で記録をしたところだという。
13:18ヒンズー教のお寺。車の窓から写真。
14:23 車を降りて宝石店に入る。僕は又車酔いになってしまっている。
15:11 宝石店を出る。京子はだいぶ宝石を買うようにすすめられていたが買わない。僕は気分が悪いとのことで休ませてもらう。紅茶も入れてもらう。
15:46車を降りて布地の工場
16:59布地の店で、京子の服2着、スカーフ、壁掛け用のシギリアの美女を買う。
srilanka4-2.jpg

17:あ06車を降りる。
17時18分 キャンディ王朝時代の宮廷舞踊だったキャンディアンダンスを見に。
会場に入って開演を待つ。
17:39 アショーカさんに席を決めてもらう。
18:39 キャンディアンダンス見物を終わり、車に乗る。
19:02ホテルに到着。
19:22 部屋に入る。ポーターに 2ドルチップ。インターネット使用料は30分間で 100ルピー。フロントで支払う。これまでのホテルでは使用料は無料だったので、損をした感じがする。
20:30 ホテルのレストランに食事に出る。21:17に部屋に戻る。きびきびしたホテルマンがいろいろ案内してくれる。おつりをチップに与える。ビールは 375ルピー。
インターネット使用料がかかるので、きょうはブログへの写真のアップは取りやめにします。あとで追加いたします。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.