FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

スリランカの旅8日目
インターネットの発達は素晴らしい。

 今回の旅では、去年買ったミニパソコンを持参しました。

 それで、ホテルや空港でメールのチェック、プログをの更新ができました。民商の支部役員会の連絡も役員のみなさんにできました。
 振り返ってみると、インターネットの発達というのはすごいものがあります。

 もう何年前のことだでしょうか、
 旅に行ったときに、インターネットカフェを探して、そこでメールのチェックができた時は、すごいことができると感心したものです。

 そして、携帯電話でブログの更新ができた時も、またすごいと思いました。

 ホテルのフロントのコンピューターを貸してもらって、メールのチェックもさせてもらいました。どんどん楽になっています。

 そして、今回自分のパソコンを持っていくと、さらに便利さが増しました。

 ホテルの自分の部屋で、メールのチェック、ブログの更新ができたのです。

 ただ、フロント付近でしかインターネットが使えないホテルもまだまだ多いです。

 それにしても、自分のパソコンを持っているというだけで、外国で、それもまだ発展途上と思われるスリランカで、不自由なくメールのチェック、ブログの更新ができるのですから、すごいです。

 またまた感心したのは空港でインターネットが自分のパソコンでできたことです。

 無料のインターネットコーナーがありました。それでメールのチェックはできましたが、外国のパソコンです。漢字、ひらがなが出てきません。

 それで、もしかするとと思って 自分のパソコンを開いてインターネットにつないでみました。するとできたのです。

 そしてメールのチェック、ブログの更新がうまく行きました。

 このようにどんどん便利になっていきます。今後はどのようになっていくのでしょうか。

(以下は行動記録です)
まだスリランカの時間で記録しています。
6:03タイのバンコクに到着。いったん飛行機を降りたが、香港行きの人は飛行機に残るようにと言われ戻る。
7:28バンコクをたつ。
9:43 香港に到着。飛行機を降りる。
9:54 保安チェックを通過。水を取り上げられる。スリランカでは平気だったのに
12:15台北に到着。
12:24飛行機を降りる。
13:15飛行機に乗る。その前に空港でインターネットにつなぐとつながる。メールのチェックをし、。MAPのみんなや、浅井学生の佐藤さんに連絡する。
17:39 ICレコーダーの時刻を日本時刻に合わせる。
19:20大阪に到着
19:46シャトルウイングに乗る。
19:49 入国審査を通過、とてもスムーズ。
20:15空港内のラーメン屋神座(かもくら)に入る
20:51 泉佐野までの切符 \ごく古堅は4ホテル運営70 ×2人分を購入。
21:45 泉佐野の駅に到着。
21:13ホテルに到着。チェックイン。\8000をカードで支払う。
うのは何かをあのうこれむ2勝あのをコンピューターの発達は逮捕の多さ、OF 4都合が悪希薄化後、っっっっっっっっっぱっ
スポンサーサイト




スリランカ旅行7日目


カレーは辛くなければ

今回のスリランカツアーは、ぼくら2人だけです。そして現地ガイドのアショーカさんとドライバーの4人で行動をします。だから、ほかの人に遠慮することなくお願いをすることができます。
 ホテルのような観光客相手のレストランではなく、地元の人がよく入る食堂で食事したいとお願いしました。
 それで、昨日 5日目と きょう6日目の昼食は地元の人もよく入る食堂に連れていってくれました。

 予想通り洗練された雰囲気ではありません。でも、そんなに悪くもありません。
 料理はカレー料理です。5日目は、目の前にいくつもの料理が並べられ、それから好きなだけと自分の皿に取って食べます。
 6日目のきょうは、バイキング方式です。10種類以上のカレーが並んでいて、それから自分の皿によそおい食べます。
 かなり辛いです。今日のカレーは特に辛かったです。辛いのが好きな僕でも、かなり辛いなと感じました。

 でも食べられない辛さではありません。とてもおいしいと感じました。

 これまでここに来て何度もカレーを食べてきましたが、昨日ときょうの地元の人向けの食堂で食べた料理が一番おいしかったです。
 ホテルなどのカレーは、観光客向きに辛さがとてもとても抑えられています。辛さが抑えられているだけではありません。おいしさも足りないのです。うまみがないのかもしれません。
 地元の人向けのカレーを食べて後で考えました。

 ここのカレー料理は、辛さも加えて初めて完成品なのではないかと。
 辛さも含めて完成品なのですから、それからから辛さを抜いてしまうと、未完成品になってしまいます。だからとても物足りない味がするのです。
 辛さが苦手な人にとっては、地元の人向けのカレーは食べられないかもしれません。

 でも僕にとっては、観光客向けのカレーより、地元の人向けのカレーの方がとてもいいと感じました。
 しかし、やはり僕は日本で食べるカレーのほうが好きです。


(以下、行動記録です)

6時前に目を覚ます。
7:12 部屋を出て、パブに向かう。インターネットがつながるか、チェックしに。
7:44 インターネットはつながらなかった。京子と一緒に部屋から出て、ビーチを歩く。
7:49 インド洋の水をさわる京子。
8:25 部屋に戻らず、ビーチからすぐレストランに来て、朝食。
8:51 ポーターが荷物を取りに来る。
8:55 部屋を出る。
9:21 川のサファリに。
40ドル×2人
9:22 ボートに乗る
9:27 とかげが泳いでいる
9:31 駅が見える
9:34 えび取りのしかけ。夜ライトをつかっておびきよせる。
9:35 実のなっている木は、仮面を作る木。とても柔らかく、軽い。実は食べられない。
9:38 鵜が泳いでいる。
キンプセという色鮮やかな鳥が見える。
9:42 鵜がたくさん止まっている。
手に届くところまで近づいても平気。
9:57 一番小さな島 ヒンズー教の寺院があった。
10:02 一番大きな島。郵便局、学校、寺院もある。300所帯が住む。
10:21 こいなどの魚のほかに、小さなワニもいる。京子、ワニを抱く。
10;35 ニッキの畑がある島に上陸。
10:40 やしの葉で、屋根を編む。目の前で実演。
10:49 このあたりはニッキが有名。
11:07 川サファリを終え、陸に上がる。
11:11 車に乗る
11:18 仮面を制作する店。
11:32 仮面を3000ルピーで買う。
キーフォルダー2つはサービス
◆途中、悪魔払いの仮面の町 アンバランゴダの仮面博物館●に立寄ります。
11:47 スマトラ沖の津波で、この辺りは被害が甚大で、4万人の人がなくなったとのこと。
廃屋が数多くみられる。
11:49 地引網で網を引いている。それほど魚は入っていない。不漁。
11:58 袋の中で魚がぴくぴく動くが開ける様子はない
12:01 地引網は不漁。バイクで買い付けに来た人は何も買わずに帰る。
13:02、海中に立てた一本のくいにつかまり釣りをする独特の漁法(ストルト・フィッシング)で有名なウェリガマにも立寄る。やっていない。朝夕だけしかやらない。観光客目当てで、糸もはっていない竿をかかえている人、ポーズをとり、写真を撮る、だけがいる。
13:04 国内線の空港。
13:20 レストランに。カレーはない。チャーハンを食べる。地元客が大勢。
14:01 デザートにアイスクリーム。チャーハンについている唐辛子はかなり辛い。けっこうおいしい。マンゴJ,アボガドJは各100ルピー。
14:10 
ゴール【世界遺産】◎市内観光。
旧市街を囲む堅固な砦の上を散策しながら、美しいインド洋とコロニアルな街並みを楽しむ。
オランダのVOCマーク。
14:18 郵便局で25ルピーの切手を買って、日本の京子に出す。
14:32 オランダ人の教会。献金100ルピー。お年寄りが英語で解説してくれるが、アクセントがきつく。聞き取りにくい。
14:43 車に乗る。
14:48 車を降りる。
14:57 車に乗る。
14:58 モスク
モスクの名前かと思い、写真をとると、それは通りの名前だとのこと。

1938年にできた灯台。
15:12 水を買う。小さなもの30ルピー。
15:19 高速道路のゲートを通過
16:18 高速道路を下りる。
16:30ガソリンスタンドでガソリンを入れる
17:05コンベンションホール。中国大使館と銅像
17:10独立記念の建物独立記念ホール。
17:35車に乗る。
17:37日本大使の住宅
17:39劇場を映画館など
17:41コロンボの市役所
17:42公園
17:48車を降りてスーパーマーケットへ。。お土産のお菓子や紅茶、酒を買う。
18:29車を降りる。18:00ヒンズー教の寺院
18:33 シバの神。ヒンズー教の神様にお供え物をするために大きな音楽。ありがたみが感じられない。
18:50 靴を返してもらう。預かり代金100ルピーをアショーカさんに出してもらう。僕は細かいお金を持っていない。
19:02車を降りる。
19:09水の上に浮かぶ寺
19:18車に乗る。
19:22 コロンボで一番古いホテル
19:26スリランカの中央銀行を。
19:28コロンボの駅。
20:44 車を降りて食事へ。レストラン。
21: 52 コロンボの空港に到着。ドライバーとはここで別れる。残っているスリランカのお金を2等分して約2000ルピーずつをドライバーとアショーカさんにチップとしてあげる。それだけでは足りないかと思い10ドルはダイバーにあげる。
アショーカさんともここで別れる。アショーカさんに日本円で+ \1000をあげる。アショーカさんにはいろいろよくやってもらったと思う。
荷物の整理をする。
23:37チェックイン終了。通路がをお願いしたが。係がとてもとろとろしていたが大丈夫だろうか。新人かもしれない。
翌日1月1:23ここは日本と違だいぶ違う。チェックインは中の方でおこなわれる。その後ボディーチェックを行う。Oneテックを受けて中にはいって待っているところ。
ほぼを時間通りにイスラエルを出発する。


◆午後:黄金海岸と呼ばれる海岸線をドライブしてコロンボへ。


◆夕刻:コロンボ市内の簡単な観光とショッピングにご案内します。
夕食は市内レストランで
◆夜:係員が専用車で空港までお見送りします。 機中泊


春休みスリランカ旅行8日目
春休みスリランカ旅行8日目
4月4日
(この記事は沖縄を離れる前に、予約投稿した予定です)
◇コロンボ発 02:10 ⇒ 香港着 12:05 (バンコクル経由便) CX-700
(香港での乗り継ぎはお客様ご自身でのお手続きとなります)
◇香港発 13:20~16:20 ⇒ 関空着 19:40~21:05

◆深夜:コロンボからキャセイパシフィック航空(バンコク経由便)で香港へ。

◆午後または夕刻:香港で乗り継いで(台北経由便)帰国の途へ。CX-564

◆夜19-40:関西空港着。お疲れ様でした。大阪泉佐野のホテルに宿泊

スリランカ旅行6日目
スリランカ旅行6日目
[ヌワラエリア~南西海岸]

 昨日泊まった、海抜高度の高いヌワラエリアの町から、海抜高度の低いコロンボ近くの南西海岸におりてきました。またものすごい暑さが始まりました。

 それでわかったような気になりました。なぜあのような山間部の町がとても活気のある人口の多い町なのかということです。
 気温です。昨日泊まった町は肌寒いほどの気温でした。とても過ごしやすい感じがしました。

 ホテルの部屋にはエアコンの設備さえありませんでした。確かに山間部で交通の不便は感じるでしょうが、それよりも快適な気温の町の方に住む人が多かったのでしょう。

 ここスリランカを植民地としたイギリス人は、海抜高度の高い街に避暑地として住み始めたそうです。

 そして紅茶の農園を始めたのです。避暑地として最適な場所だと確かに実感しました。

 緯度は低く、季節の変化は少ないと考えられます。だから僕らが泊まった時の気温が年間を通して一定しているのではないでしょうか。

 すると、あのような海抜高度の高い所に人が集中し、活気があふれるのもわかったような気がしたのです。

 それに比べるときょう泊まっているホテルは、外に出るととても暑いです。まだ部屋の中ではエアコンが効いているので快適ですが、外に出て働く気にはなかなかなれません。



4月2日
6時前に目を覚ます。そして荷造りの準備をする。
7:03インターネットをしにフロント近くに向かう。
7:36京子が食堂にやってくる。その前に食堂でインターネットを開き、ブログのアップなどをしていたらボーイさんがコーヒーか紅茶が必要かと尋ねるので紅茶をお願いする。
紅茶がとてもおいしい。ミルクがたっぷりで砂糖を入れなくても甘みを感じる。
7:43 京子がセルフ塾に電話をして邦子さんと話しをする。アサヒ学生新聞社から本が届いてるとのこと。携帯電話からすぐに電話ができるので便利だ。その他特に変わりはないとのこと。
8:04 朝食を終えて部屋に戻る。
8:14 ここは高地にあるためとても涼しい。少し肌寒いぐらいである。部屋を見回してもエアコンの設備はない。ベッドには毛布がある。これまでは シーツだけだった。
8:15 きのうは京子がお風呂にはいるときにお湯が出ず、水だけだった。アショーカさんが確認した時にはお湯が出ていたとのこと。おふろに入る時間が遅かったせいもある。
8:24 車に乗る。すぐ出発。
8:44 駅の前を通る。
8:45バスの停留所の前を通る
8:53 ビニールハウス。イチゴ畑だという。
9:23 レオンの滝
10:23 トイレをお願いしたところ、喫茶店に案内してくれる。それでトイレで用を足して後、4人で紅茶を飲む。4人で飲んで300ルピー。100ルピーをチップに置いておく。
10:35喫茶店の庭にオイルパームの木があり、実がなっている。
10:41 白い旗が立っている。葬式があるとのこと。
13:50車を降りて食事に。
地元の人々もよく入る店である。バイキング方式でいろいろなカレーを一つの皿に入れて食べる。かなり辛い。でもおいしい。
14:40 町の名前、カルタラ
15:35ホテルについて部屋に入ったところ。ポーター2人に 100ルピーずつをチップとして手渡す。
18:40目を覚ます。3時間近く眠ってしまったようだ。お湯を沸かす。
インターネットは何らかの故障により使えないとのこと。いつ修理が終わるかわからない。
20:21 今これまでの行動記録の整理を終える。

20:26 ぐっすり寝ている京子を起こして、これから夕食でホテル内のレストランに行く。

21:09食事を終えて部屋に向かう。ビール小瓶を注文。200ルピーだった。インターネットにつなごうとしたがうまくいかなかった。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.