FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

旅の記録の ICレコーダーの音声認識、まだまだ使えず
 コンピューターの音声認識による文書作りをよくやっています。

 そして、ICレコーダーで録音した音を、音声認識させることにも成功しました。

ICレコーダーの録音をPCで音声認識してテキスト化することに成功。Windowsのvistaの音声認識で。認識率もまあまあ。

 さて、旅行に行った時に、行動記録をICレコーダーに録音します。次のようなとても簡単なメモです。

スリランカ旅行3日目

5時前に目がさめる。京子が風呂にはいっている間に、眠ってしまったようだ。それで、シャワーを浴びる。
7:03部屋を出る。
ホテル内のレストランで食事へ。
7:33朝食を終え、車に乗る。岸本Tsksくんのメールを確認した。マグロとカツオの激激激激辛カレーを試すようにということだった。



 それを、毎日コンピューターで文書化するのですが、ICレコーダーで録音したのがすぐ文書化されれば便利だろうと考えています。

 ところが、去年の11月に中国に行った時に、ICレコーダーからの音声認識が全く駄目でした。

旅行中の行動記録、ICレコーダー、PCの音声認識で文書化、全く使えず。


 ICレコーダーの性能が良くなかったからだろうと考えました。
 僕の声だけではなく周りの雑音をたくさん拾っていたのです。

 それで、スリランカ旅行に行く前にICレコーダーを買い替えました。


 ズームという機能があり、単一指向性になる機能があったのです。

 うまくいけば僕の声だけを拾い、周りの雑音をシャットアウトしてくれるはずです。すると、音声認識率もかなり高くなることが期待されました。

 そして、1日の行動が終って、ホテルに帰って文書化してみました。全く駄目です。まだまだ使いものになりません。

 今回は、ミニパソコンを持っていたので、音声認識は使えたので、これまでより楽ではありました。

 しかし、ICレコーダーで録音したのがすぐに文書化されれば、とても便利だろうと思います。

 ICレコーダーの性能が今後もっとよくなることを期待しています。


スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.