FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Vistaの音声認識はワードパッドで
 僕は音声認識での文書作りをよくしています。

 このブログは、基本的に音声認識で文章を作り、それを手直しするということでやっています。

 さて、ふだんは、ワープロソフトとしては、一太郎を使っています。

 コンピューターを使い始めたころは、Wordを使いましたが、一太郎の方が日本語の文章作りにはいい、という話を聞いて、それ以後はずっと一太郎です。

 しかし、一太郎とvistaの音声認識の相性はよくありません。全く認識しないことが多いです。

 現在は、ワードパッドを開いて、vistaの音声認識で文章を作り、それをコピーして、一太郎に貼り付け、そして手直しするということでやっています。

 ワードパットとvistaの音声認識は、とても相性がいいように感じています。

 この記事を書くために、マイクロソフトのWordと音声認識の相性を確かめてみました。少ししかやってないのですが悪くはないようです。ちゃんと認識してくれました。

 メモ帳でもやってみました。これも悪くないようです。

 なお、JustSystems (ジャストシステム)の日本語入力システム、ATOKとvistaの音声認識の相性も最悪です。全く認識してくれません。

 ふだんはATOKを使いますが、音声認識のときは、Microsoft OfficeのIMEに切り替えてからやっています。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.