FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

きょうは4月28日、対日講和発効60年
 きょうは4月28日です。この日は、ぼくら沖縄県民にとっては特別の日です。
 次はきょうの琉球新報の社説の一部です。

琉球新報「社説」「対日講和発効60年/人権蹂躙を繰り返すな 許されぬ米軍長期駐留」

 60年前のきょう4月28日は対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)が発効された日。敗戦国の日本が完全に主権を回復し、連合国の占領状態から独立を果たした。一方でこの日を境に沖縄、奄美を含む南西諸島が日本から切り離され、米軍統治という異民族支配が始まる。その後に連綿と繰り返された住民弾圧、人権蹂躙(じゅうりん)の源流となるこの日を、沖縄では「屈辱の日」として語り継いできた。



 沖縄が復帰したのが1972年。僕が大学に入学した年です。1年浪人したので、高校を卒業したのが1971年。

 僕が高校生のころはまだ復帰運動が盛んでした。この4月28日には大規模な県民集会がもたれ、デモ行進も行われました。高校生の僕も、それに参加した記憶があります。

 さて、僕が金沢大学に入学した年の4月28日前後だと記憶しています。

 革マルの学生の一人が僕に声をかけました。
「今日は何の日か知っているか?」と

 僕が「沖縄が日本本土から切り離された日です」と答えると、
「知っているのか、珍しいな」という反応でした。

 そして、僕が沖縄出身だと知ると、それなら納得だ、という表情でした。

 つまり、本土の人たちにとっては、4月28日が何の日が知らないのが一般的だということでしょう。

 日本が本土に復帰し、4月28日も忘れ去られようとしています。

 数日前のことです。中学2年生のHrk君が僕にたずねました。
「4月28日って何の日なの?」と。

 僕が説明してあげると、「わかった、ありがとう」と答えて、それを記憶しようと努めています。

 どうも、学校の先生が 4月28日は何の日か調べてくるように、宿題として出したようです。

 その先生は 4月28日を生徒にも意識してもらいたいと思ったのでしょう。ありがたいことです。
 このようなことをしてでも、記憶にとどめてもらいたい日です。

 さて、1952年にサンフランシスコ平和条約が発効されて、今年で60年になるそうです。還暦を迎えるわけです。

 そのせいか、今年の4月28日は新聞の扱いもかなり大きいです。

 僕が生まれたのも1952年です。サンフランシスコ平和条約が発効された年と同じなのですね。改めて確認しました。

 そして、今日のその日に、僕ら首里中学校の同期生会が行われます。

 還暦記念、祝いということでもあるのでしょう。
 実行委員の誰かが、サンフランシスコ平和条約を意識して、今日に決めたのでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.