FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

超簡単手作り「日食観察 手鏡太陽投影機」

 みゃおさまに、超簡単な「日食観察 手鏡太陽投影機」の作り方を教えていただきました。
 材料は手鏡ひとつと画用紙1枚のみです。写真では手鏡2つになっていますが、1つでOKです。手鏡でなくても構いません。

 材料が手元にあれば5分くらいで出来上がると思います。
 ぼくも作ってみます。

日食めがねで,直接日食の様子を見たい気もしますが,適当な白黒フィルムを手に入れるのは少し難しいです。

 でも,複数の人でいっしょに日食を観察するなら,この陽投影機の方がかえっていいのかもしれません。
 また、写真に撮って記録するなら、めがねよりこちらの方がいいのではないでしょうか。
 ぼくは自分で試してないので、想像で書いています。

 (その後、ぼくも作ってみました。うまくいきました。簡単です)
手鏡太陽投影機を試作


 手鏡太陽投影機とスクリーンは平行になるようにしてください。

 以下は、みゃおさんの文です。



セルフ塾長さま

ダイソーにある材料で日食観察メガネは無理そうですが、手鏡を使った太陽投影機を作ることができます。やってみましたのでお試しください。

必要なのは適当な手鏡ひとつ、画用紙1枚のみです。ぼくは写真1のを使いました。折りたたみ式で、直径48mmの丸い鏡が二つ付いています。
片方は顔が大きく映る凹面鏡になっています。画用紙は何色でも構いませんし別に新聞紙でも何でもOKです。
mirror1.jpg


この鏡は手で二つに分解できました。鏡を覆う大きさに画用紙を丸くカットします。中央に1cm前後の穴を開けます。丸い穴でも良いのですが、
話を面白くするためにクマちゃん型と、リンゴ型の穴にしました(写真2)。
mirror2.jpg


四角でも三角でも結構です。親指で隠せるくらいの大きさがよいでしょう。

穴を開けたら、セロテープで鏡に貼り付けます(写真3)。

mirror3.jpg


これで完成。簡単でしょう?

この鏡で太陽光を受け、白い壁などに反射させます。
人には向けないでくださいね!

壁までの距離が短いときは、穴の形に光の像ができます。でも1m、2mとだんだん離していくと、なぜか丸くなるのです。この丸い形は太陽の形です。
なぜこうなるかを完全に理解するには、光の性質やピンホール投影への十分な理解が必要です。(ピンホール投影でも、穴の形にかかわらず像が太陽の形になります。原理は全く一緒で、像が穴の前か後ろかの違いだけです。)

投影面までの距離は一般的には穴の直径の200倍以上がよいでしょう。
1cmの穴なら2m以上先の壁に投影します。あまり遠いと暗くなります。

日食のときにこの実験をすると、太陽の欠け具合に応じて反射像も形を変えていきます。間接的な観察ができますので、とても安全です。
平面鏡と凹面鏡での像の違いや距離の違いなども試してみましょう。

わざわざ鏡を買わなくても、お家にある手鏡でも製作可能ですね。
大きい鏡でも、全面を覆って小さい穴を開ければ作れます。あちこちにいくつか穴を開けてみると楽しいです。残念ながら沖縄では5月21日に金環日食にはなりませんが、金環日食が見える地方では「オリンピックマーク」を描けるかも知れません。どう穴を開けたらいいのか、考えてみましょう。

この方法で、6月6日の「金星の太陽面通過」も観察することができます。
ぜひ試してみてください。

みゃお




みゃおさんから、追加のコメントをいただきました。みゃおさん、ありがとうございます。



今日こちらの小学校4~6年生相手に日食講座を開催しまして、この鏡を試しました。

壁までの距離が穴径の300倍から400倍くらいまでが一番見やすく、形もキレイでした。1cm穴なら4m、2cmなら8mくらいです。同様に、ピンホールで後ろに投影するタイプだと1mm穴(画鋲)ならスクリーンまで40cm、2.5mm穴(爪楊枝)なら1mくらいが見やすいです。

映る太陽像の直径は、中学生以上なら作図で求められます(図形の相似)。ぜひ楽しんでくださいね。
スポンサーサイト




登校拒否 (2) (行動療法ケース研究 (9))



 行動療法では、「登校刺激を与えない」「学校に行きたくなければいかなくてもいい」「子どもが学校に行きたくなるまで待つ」という姿勢ではなく、

 どうすれば子どもが学校に行くようになるのかという立場から、いろいろ工夫しています。

 専門的な文章で読みづらいかもしれませんが、不登校の子どもに関わる方にぜひ読んでもらいたい本です。


目次・執筆●
 
登校拒否の理解のために=坂野雄二
登校拒否児の父母に対する行動カウンセリング=茨木俊夫
友人を恐がり外出しない小学生=小林正幸
シェイピング法による登校拒否の治療=安東末廣
ケースに学ぶ<小学生>=田畑治
自信の喪失と対人的不安による登校拒否=田上不二夫
中学生不登校の治療=小野昌彦+小林重雄
ケースに学ぶ<中学生>=高山巖
登校拒否症に対する充電治療の試み=曽我昌祺
友人関係に悩み不眠・不登校となった高校生=神村栄一
主張訓練を適用した短大生の不登校治療例=杉若弘子+松原秀樹
ケースに学ぶ<思春期>=松原秀樹
文献解題・登校拒否の行動療法=池田真紀+上里一郎


不登校の子どもの指導、行動療法で。

不登校について相談メールをいただきました。それで、前に書いた文があるのでこれをここに掲載致します。


1996年11月6日、家庭内暴力のひどい息子を父親が金属バットで殺害するという事件が起りました。精神科医は暴力をあえて受忍するのも解決策の一つと父親をさとし、父親も子どもの暴力に耐えることが最善の治療と信じていたとのことです。事件後、精神科医への批判が集中しました。専門家にも間違いがあることをしめした事例です。

 不登校、登校拒否が、いろいろ問題になっています。新聞などマスコミは精神科医など専門家による「登校刺激を与えないように」、つまり「学校に行きたくなければいかなくてもいい」という指導をよく取り上げています。不登校の子を持つ親は専門家の言うことだからと、我慢して「学校に行きなさい」という言葉を飲み込んでいます。

 私には、カウンセラー、親、教師の「学校に行きたくなければいかなくてもいいよ」という物分かりの良さが、不登校の子どもを作り、不登校を長期化、慢性化させているように思われてなりません。

 本当に行きたくなければいかなくてもいいのでしょうか。そのうちに自発的に行くようになるのでしょうか。親、教師が学校は行かなくてもいいと認めてくれれば、子どもは気軽に休むようになるのではないでしょうか。欠席が1日や2日なら、学友のだれも不思議がることもなく、再登校を受け入れてくれます。しかし、休みが長期化すると学友も不思議に思います。休んだ子も、学校に行くと友だちも先生も、なぜ休んだのか聞くだろうなと考え、学校に行くことがより一層おっくうになります。そして休みが習慣化します。

 学校の授業もどんどん進み、難しくなります。授業についていけるか不安が増します。席替えも行われるので教室に行っても自分の席がどこかわからないかもしれません。休んでいる間に、クラスで新しい取り決めがなされていることもあります。

 みんながそのあいだに購入した教材をまだそろえていないかもしれません。休んでいる間にいろいろな面で取り残されてしまい、不登校上の壁が高くなっていきます。このように不登校が長期化すると再登校はだんだんと難しくなっていくのです。

 マスコミでは、登校刺激を与えない方がいいと主張する専門家がよく登場しますが、すべての専門家がそうではありません。学習心理学、行動理論を応用して、人間行動のいろいろな問題を解決しようとする行動療法という方法があります。不登校、登校拒否においても、どうすれば再登校できるかという観点からアプローチし、色々と成果を上げています。

 登校刺激を与えず、ただ待つだけでなく、どのようにしたら学校に行くようになるのか工夫をすることが大切です。不登校の子に関わる人たちがもっと行動療法に理解を示し、学んでもらいたいと思います。

1998年9月11日沖縄タイムスに掲載されたぼくの文です。


金環食、スーパームーン時の地球と月の楕円軌道
 前に、「金環食とスーパームーン」について書きました。

 その記事に、ほかのブログ(RikaTan)ページから、図を勝手にお借りしてきました。


 とてもすばらしい図で、僕が描く図は足下にも及ばないと思ったからです。

 その後、その図をおかけになった みゃお様からコメントをいただきました。
 そして、図を使ったことに対して、感謝されてしまいました。
 勝手に使ったのに、とても恐縮しています。

 それだけではなく、新たに、地球が太陽の周りを公転し、月が地球の周りを公転している軌道図で、金環食とスーパームーを説明した図を送ってくれました。

 それを、僕のブログでも使ってかまわないとのことなので、よろこんで使わせていただきます。

 かなりデフォルメされているので、天体をよく知らない人には、誤解を与えてしまうかも知れないところもあるとは思いますが、とてもよく描かれていると感心しています。

 みゃおさま、ありがとうございます。
 以下、みゃおさまの文です。



せっかくの機会ですので、実際にどういうことが起こったのか、
できるだけ正確に作図し直して、ご提供します。

金環食とスーパームーン

分かりやすくするため、地球と月の楕円軌道は長径方向に引き延ばして
デフォルメして描いてあります。この誇張以外は、全ての補助線の角度を
正確に計算して描きました。焦点位置も正確です。地球軌道の長径方向を
横方向に揃えてあります。(2012年限定の図です、念のため。)

実際はスーパームーンの日から日食まで15日経ちますので、地球はこの
図よりも左側へ少し移動します。星々の移動を含めて一枚図にするのは
かなり難しいことですが、おおよそこんなイメージを抱くことができれば
もう軌道学のエキスパートに仲間入りですね。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.