FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

水の分子は「両手に花」型
 前に、水素や酸素の分子は、靴のようなもの、
そして、鉄、銅など、分子を作らないものは、くさり、チェーンのようなものだということで書きました。

分子でできている物質と、分子を作らない物質

 子どもたちは、よくイメージできたようで、自分たちで、「これはチェーンだね」等と言ったりしています。

 「そのことを、学校の授業中に話したら、先生に感心されたよ」と言う子もいました。

 そこで、水の分子も何かにたとえられないか考えてみました。

 しばらく考えて、ヤジロベーが頭に浮かびました。
 その次に「両手に花」、そして、サンドイッチ、ハンバーガーというのが浮かびました。

 Kyokoに、どれがいいか尋ねると、ちょっと考えて、「両手に花がいいんじゃない」とのこと。
 それで水分子や二酸化炭素は「両手に花」型とすることにしました。

 ただ、「両手に花」を知らない子もいるようです。
 でも、説明すればすぐに理解できることだと思うので、それにします。

 次に、酸化銅や酸化鉄など、化合物で分子を作らないものです。
 これは、2色のチェーンだと考えればいいかなと思っています。

まとめてみます。

 分子をつくるもの
○帽子型・・・ヘリウムなど 1個の原子で1個の分子であるもの。

○靴型・・・酸素・水素・塩素・窒素などの気体で、2個の原子で1個の分子をつくるもの。

○カップル型・・・塩化水素など、1個の原子と1個の原子の化合物

○両手に花型・・・水の分子、二酸化炭素など 1個の原子と2個の原子の化合物。

○その他の分子・・・アンモニアなど

(分子を作らないもの)
○1色チェーン型・・・鉄・銅・銀・マグネシウムなどの金属、炭素、硫黄

○2色のチェーン・・・酸化銅・塩化ナトリウム・硫化鉄などの金属の化合物




セルフ塾の中学理科(化学編)わか...
「セルフ塾のブログ」の記事をまとめて、キンドルで出版しました。

スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.