セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

トーカチは、米(八十八歳)の升を切るもの
 きのうは叔母のトーカチ祝いでした。
 それは、旧暦8月8日に行われるお祝いだそうですが、叔母の都合できょうになったのです。


 兄が庭にある竹を切って3本のトーカチを作ってきました。

 「何、そのトーカチって?」の質問に、兄が一応答えてくれたのですが、ここに、ネットで調べたことを補いながら書きます。

 まずお祝いの「トーカチ」について、

トーカチ - 沖縄大百科 - From Urumax


トーカチ
意味
【とーかち】 旧暦8月8日に行われる八十八歳(米寿)のお祝い。

タライや平らのカゴにお米を盛りトーカチを飾り立て盛大にお祝いする。

祝いに来てくれたお客様に1本づつトーカチを配っていた事からに由来する。

トーカチとは米の升を切る斗掻(とかき)の意味で、17世紀ごろ薩摩から伝わったものらしい。




「米」を分解すると、縦に「八十八」となりますね。それで88歳のお祝いを「米寿」と言います。本土でいう「米寿」を沖縄では「トーカチ」というのですね。


【沖縄うんちく話】沖縄の暮らしなど日常のささやかなことをご紹介


 に次の歌が紹介され、その訳もありました。

米(ユニ)のトーカチや
切り升(マシ)どやゆる
盛着(ムテイ)のカジマヤゆ
う願げさびら

日本語に訳すると・・・
88歳のトーカチ祝いはちょうどまだ升のすりきりぐらいだけど
もっと長生きして今度は升にこぼれるぐらい盛って
大きいカジマヤー祝いしようねー(おじぃ、おばぁ長生きしてよぉー)
・・・という意味



八十八(米)の祝いは、確かに長生きではある。
でもその命は升に入った米がちょうど斗掻(とかき)ですり切った程度だよ。
いっぱいではあるよね。
でも、まだまだ米を盛ることができる。
これからも米を盛るように、長生きして
カジマヤー(風車:97歳の長寿のお祝い)もお祝いしましょう。

 という意味をこめているのでしょうね。
スポンサーサイト

高等学校卒業程度認定試験(高認)の過去問第6年分が文部科学省のホームページに。
 ちょっとした事情で、今年高校に進学しなかった生徒がいます。

 彼は、現在高等学校卒業程度認定試験(高認)を受けるために、セルフ塾で学習をしています。

 いまはワークブックで力をつけています。

 そのあとで、過去問題をできるだけ多くさせたいと思い、アマゾンなどをで過去問の本を探していました。

 すると、文部科学省のホームページで過去問題6年分がそのままあるのを見つけました。うれしくなりました。

 これをそのままプリントアウトして、問題を解けば、かなり力がつくと思われます。

 認定試験に向けて勉強している人も多いと思いますので、情報としてのせておきます。


高等学校卒業程度認定試験問題 過去実施問題


高等学校卒業程度認定試験問題 過去実施問題

平成23年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成23年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成22年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成22年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成21年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験再試験問題

平成21年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成21年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験再試験問題

平成21年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成20年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成20年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成19年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成19年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成18年度(第2回)高等学校卒業程度認定試験問題

平成18年度(第1回)高等学校卒業程度認定試験問題


「対照実験」のやさしい例
 中学1年の理科で、「対照実験」を学びます。

 ある実験で、調べようとするもの以外の条件をすべて同じにして行う実験を「対照実験」というのですね。

 光合成の実験で、水草を入れないで光だけを与えた場合とか、水草は入れるが光はあてない場合、といったものを準備するのです。

 特に難しいわけではないので、説明をすれば中学生も理解してくれます。

 でも、もっと分かりやすい例がないかな、と探してみました。

 次のような例だと、どうでしょうか。

 「朝勉強をすると頭に入りやすい」という仮説を検証するために実験をします。

 10人の生徒に、朝1時間毎日勉強してもらいます。

 すると、平均の成績が上がったとします。

 この結果から、朝勉強すると学習の効果があるといえるかどうかです。

 これに対して、別に朝でなくてもいいではないか。毎日1時間勉強したから学習の効果があった、と言えるのではないか、という反論が考えられます。

 だから、対照グループとして、夜1時間毎日勉強をする、という実験も一緒にしなければいけなくなります。

 そして2つのグループの差を見て、朝がいいかどうか判断することになります。

 このように、ある仮説を検証するために実験を行う時には、対照実験というのが必要になるということですね。

 もっと分かりやすい実験例があれば、ご教示下さい。

 中学理科の出版の話しがあり、現在使っている教材を作り直しています。何かいアイデアがあればよろしくお願いします。



セルフ塾の中学理科(生物編)わかる教え方


やはり自分の「いま」がいい
 中学2年生のNnmさんがやってきました。

「Yojiさん、どうしよう。テストまで○○日しかないよ。大変だ。今度のテストは大変」

 テスト直前になり、焦っているようです。
 でも、毎回のことです。いつもこのように焦りながら、結構いい成績を上げています。

 近くにShnyくんがいました。
 彼は全く逆で、とてものんびりしています。テスト前だからというので緊張することもないようです。

 僕はNnmさんに言いました。
「そんなに焦ることないよ。もっとリラックスしなさい。
少しは、その焦りをShnyにあげたらいいよ」

 Shny君が答えました。
「僕はいいよ。そんなに焦りたくないから」
 やはり淡々としています。

 Nnmさんもいました。
「Nnmもいいよ。のんびりしたら勉強しないで、成績落ちてしまうから」

 2人が少しずつ分け合って平均した方がちょうどいいのでしょうが。
 Shnyくんは力はNnmさんに決して劣らないのですが、いつも成績は下です。もう少しの緊張が欲しいところです。

 でも、それぞれが自分の「いま」がいいようです。

カミキリムシがいました
kamikirimusi.jpg

 カミキリムシが、塾のミカン(シークヮーサー)の木にいました。

 この虫は大変な虫です。

 ミカンの木などに卵を産みつけるようです。すると、それが幼虫になり、ミカンの木を完全に枯らしてしまいます。気がついたときにはもう遅いとのこと。

 去年は、ミカンの実が小さくついた木が、完全に枯れてしまいました。

 その前に、近くでカミキリムシを数匹見たので、その虫のせいだと思っています。

 カミキリムシ対策として、ビニールで、根っこ近くの木の幹をまくといい、と教わりました。去年も、その木にまいたのですが、遅かったかも知れません。

 今年は、塾の裏のミカン(シークヮーサー)の木にかなりたくさんの実かついています。まだまだ小さな実ですが、楽しみにしています。

 その木でカミキリムシを見付けたのです。

 もしかしたら、中に卵を産み付けたのかもしれません。3~4月頃ビニールを巻いたのですが。

 ひやひやです。

カミキリムシ(髪切虫、天牛)は、コウチュウ目(鞘翅目)・カミキリムシ科(Cerambycidae)に分類される甲虫の総称。ごく一部の種を除き草食で、成虫の体は前後に細長く、触角、脚、大顎が目立つ。 卵→幼虫→蛹→成虫という一生を送る完全変態の昆虫である。



http://www.syngenta.co.jp/cp/support/gaichu/gaichu35_gomadara.html

ゴマダラカミキリムシは柑橘類の害虫として知られている害虫で、クワやイチジク、リンゴ、ナシ、バラ、ヤナギ等多くの植物に寄生し加害します。一匹のカミキリムシが若いミカン樹に食い込んだだけで樹が枯死したり、衰弱する(写真1)こともありますので、一匹の虫が与える被害としては最大級の害虫と言えるでしょう。


ドラゴンフルーツの花が咲く
 家に植わっているドラゴンフルーツの花が咲きました。
 月下美人に似た花で、月下美人のように一晩しか咲きません。

 昨日午後3時ごろ、昼食をすませ、塾に向かう時に見ると、まだつぼみです。でも、今夜は咲くかもしれないな、と思いながら出ました。

 そして、夜中の1時ごろに家に帰ると、花が開いています。
 大きな白いきれいな花です。香りもあります。

 さっそく、カメラを取り出し、写真を撮りました。

dragonfruit.jpg

 翌朝、出かけるときには見るの忘れてしまいました。
 午後2時ごろ昼食に帰った時に見ると、もうしぼんでいます。本当に一夜だけの花でした。

 これまでも何度も咲いていますが、咲いているのは気づかず、翌日しぼんだ姿を見ていました。

 小さなドラゴンフルーツの実がついたことはありますが、食べられるほど大きくなったことはありません。

 一晩だけ咲く花です。そういう意味では、月下美人と同じです。

 もしかすると、そういう花を総称して月下美人というのだろうかと思い、ネットをあちこちサーフィンしてみましたが、ちゃんと月下美人という種類が別にあるようです。

ドラゴンフルーツ 
月下美人を二周りも大きくしたような立派な花が咲きます。本来の植物名は「ヒロケレウス」といい、「ドラゴンフルーツ(ピタヤ)」は果物の商品名ですが、今では植物名のような使われ方をしています。


消したのを、もう一度書いておいて
 体験入塾者がいます。まじめに課題に取り組んでいました。

 英語で間違えたところを教えてほしいとやってきました。
 ところが、その部分を見ると、きれいに消しゴムで全部消されています。

 僕は、彼に、
「間違えて書いたところを、そのまま書き直しておいで。
間違えたままでいいから。
全部消したら、あなたがどのように間違えていたのか、わからない。
間違いに応じて、こちらは教えるのだから」
 と言いました。

 彼は、「えっ!」という顔をしていましたが、理解できたようで、書き直しに戻りました。

 セルフ塾は個別指導の塾です。相手に応じた指導をします。

 だから、どのように間違えたのかを僕らはみたいのです。

 間違え方によって指導が全く違ってきます。間違えたところを見て、その子の理解の程度がわかり、それに応じた指導ができるのです。

 だから間違えたところは、消さずに来るように、僕らは指導しているのです。

アマゾンで購入しても、修理は直接メーカーへ
 知っている人にとっては、当たり前のことでしょうが、
アマゾンで商品を購入しても、それが故障して、修理が必要な場合は、直接メーカーへ連絡をとるのですね。

 コーヒーメーカーが故障しました。電源が入らないのです。去年10月に買ったので、まだ保証期間中です。それで、修理に出すことになりました。

 ペスト電器など、近くの電機屋で商品を買って、故障した場合には、直接そこに持ち込みます。するとその電器屋さんがいろいろ対処してくれます。

 このコーヒーメーカーはアマゾンで買ったものです。それで、僕は当然アマゾンに修理を依頼すると思ったのです。

 アマゾンのページをいろいろ検索しました。
 しかし、返品のことは書かれていますが、故障・修理に関しては一切書かれていません。

 ネットで調べると、どうも直接メーカーに問い合わせするようです。

 このコーヒーメーカーはMelittaのものでした。Melittaのサイトに行き、調べてみました。ちゃんと書かれています。

納品書は見つかりましたが、保証書が見つかりません。
納品書が保証書の代わりもできる旨も書かれていました。

メールで問い合わせしたところ、着払いで送るようにとの返事が来ました。それで、昨夜小包にし、送りました。

 これからは、アマゾンなどネットでいろいろ商品を買うこともが増えそうです。

 故障したときにはメーカーに直接問い合わせするというのがわかりました。

 最初、とても面倒だと思いましたが、慣れるとそれほどでもないかもしれません。

 何をどうすればいいか、全くわからなかったから、面倒に感じたのですね。

 アマゾンのページにも、故障・修理に関しては直接メーカーに問い合わせするようにという説明があってもいいと思います。

+-÷×の記号の由来
 きのうわり算のことを書くために、ネットをサーフィンしていると、次のページに出合いました。

除法記号 ÷(ウィキペディア)
この記号は横線の上下に点を書く。分数表記の抽象化し、横棒と、その上下の分子と分母それぞれを点で表したものが元となっているといわれている。
この記号はスイスのヨハン・ハインリッヒ・ラーンが1659年に代数学の書 Teutsche Algebra で発表した。



 なるほど、÷ は分数を表しているのですね。分子と分母を点として。

 なかなかおもしろいです。

 それで、ほかの記号についても調べてみました。
ヤフーの知恵袋にありました。


+-÷×の記号の由来を教えてください。(Yahoo知恵ぶくろ)


『-』は、船乗りが樽に入った水を使ったとき、ここまで使ったという印で、樽に横線を引いていたことに由来するといわれています。

『+』は、この横線がついた樽の水を補充した際、その印として、横線の上から縦線をひいて横線を消したのが始まりだという説。
また、ラテン語のet(英語でいうand)の走り書きから作り出されたという説もあります。
 
 『×』は、イギリスのオートレッドという人が「数学の鍵」という著書の中で使ったのが最初とされ、十字架を斜めにしたもの。
なぜ「かける」の記号にしたのかは明らかではありません。
また、X(エックス)と似ていて間違いやすい為、ドイツのヴォルフは、乗法記号として「a×b」を「a・b」と表しました。

『÷』は、見た通り分数の分子と分母を記号化したものです。
 
『=』は、どこまで行っても二線間の距離が等しい平行線であることから由来しているようです。



 ×はいまいちですね。なぜ、十字架を斜めにしたのがかけ算の意味になるのか。

 次のページにも似たようなことが書かれています。


加減乗除の記号、「-、+、×、÷」はどのようにしてできたの?

分数を割り算に直す方法
分数は割り算に直すことができます。例えば「4分の3」は 3÷4です。
(ここで分数を表すのが難しいです。

3
-  = 4分の3 だと理解してくださ)
4

ところが、ほとんどの生徒が 「4分の3」が 3÷4なのか、4÷3なのか、よく迷っています。

ある子は、左にハンドルを切るような動作をして 「4分の3」=3÷4だと判断していました。体で覚えているのです。なかなかいい考えだなと思ってみていました。

 さて、昨日思いついたのですが、次のように考えてもいいのではないでしょうか。

 「4分の3」は /(スラッシュマーク)を使って 3/4とよくあらわします。この(/)は(÷)のことです。

 コンピューターにおいては(÷)のマークはなく、その代わりに(/)になっています。

 「4分の3」から 3/4に行き、点々がが入って3÷4という流れで理解出来ないかなと思います。

3
- → 3/4 → 3÷4
4

次はそれで指導してみようと考えています。




計算しなくても、答えはわかるよ
 中学3年生は「平方根」の勉強をしています。期末テスト前で、対策の勉強をしていますが、初めての概念なので混乱しているようです。

 次のような問題がありました。

 1.7²,1.8²を計算して、√3の小数第1位を求めなさい。


 僕は電卓を片手に、2乗の計算はやってあげながら、説明を加えました。

 最初は、よくわからなかったようですが、だんだん理解できて来たようです。

 そして、類題を数問させました。

 類題をつくるのは簡単です。

 「√5の小数第1位は何か考えてごらん。
 だいたい√5はいくらぐらいだと思う?」

 「半分の2.5」という子がいるので、
「2.5の2乗は6.25」と僕が電卓で計算してあげます。

「もっと小さいね、2.3かな」
 「2.3の2乗は5.29」

 「もっと小さいな。2.2は?」
 「2.2の2乗は、4.84」
 「これだね。だから、小数第1位は 2.2の2だね」という具合に、類題を解かせていきました。

 そして、問題集の中から、類題を探して、解かせてみました。

 2.4²、2.5²を計算して√6の小数第1位を求めなさい


 という問題が出たときです。

 Aktくんが言いました。
「これは計算しなくても分かるよ。4だね、答えは」

 要するに、問題に与えられた2つの数の小さいほうの小数第1位が答えだということです。

 2.23²、2.24²を計算して√5の小数第2位を求めなさい。


 「これも計算しなくても答えは3だね」とAkt君が言いました。

 小さいほうの数の小数第2位を言えばいいということです。

 問題をつくる人は、小数の2乗の計算をいくつもさせたら生徒が大変だと思い、2つだけ計算してということにしているのでしょう。
 しかし、こういう場合には、確かに小さいほうの小数第1位や第2位が答えになってしまうのです。

 よく気づいたものです。
 こういう問題だと、
 小さいほうの1番下の位の数が答えだ、と覚えても正解になってしまいますね。

「生きがいの創造」批判・・・記憶はウソをつく
「生きがいの創造」の退行催眠批判
 で、
アメリカで、子供が親に性的虐待を受けたということで訴訟が起こります。
 催眠によって、親に性的虐待を受けた記憶がよみがえってきたからです。
 それが裁判で争われました。
 結局、催眠によってよみがえった記憶は間違いだったということになったのです。
 それ以後は、催眠の記憶による裁判は起こらないようになっているとのことです。

 それが具体的に書かれている本を見つけました。

「記憶はウソをつく」です。


そのp34~36を引用します。

 一九八〇年代後半から九〇年代のアメリカでは、子どもが蘇らせた被虐待経験の記憶をもとに親を訴えて、裁判の結果その被虐待記憶が捏造されたものであることが判明するといった事件が次々に起こっていた。

ある女性は、一九八六年に精神科医の治療を受けたが、そこですさまじい被虐待経験の記憶を蘇らせることになった。子ども時代に悪魔儀式に加わり、なんと赤ん坊をむさぼり、性的暴行を受け、動物と性交し、友だちが殺されるのを無理やり見せられたというのだ。この恐るべき出来事の記憶が長年にわたり抑圧きれてきたと、その女性は信じ込むようになっていた。

その女性はまたー二〇以上もの数にのぼる人格を持つ解離性同一性障害と診断されていたが、このような深刻な人格解離が生じたのは、子ども時代に激しい性的および身体的な虐待を受けたためであると精神科医から説明された。

これが本当だとすると、あまりにすさまじい虐待であるが、その後の調べにより、この精神科医が子ども時代に虐待を受けたという偽りの記憶を想起するように誘導したことが判明した。その女性は精神科医を告発し、裁判の末一九九七年に二四〇万ドルで示談が成立した。

別の女性は、教会のカウンセラーに心理療法を受け、七歳のころからー四歳のころまで、父親から定期的に性的な暴行を受け、母親までがときどき父親が自分を押さえ込むのを手伝ったという被虐待経験の記憶を蘇らせた。さらに、このカウンセラーの誘導が続いて、父親が自分を二度も妊娠させたことや、自分にハンガーをもたせて堕胎させたことまで思い出すことになった。

 恐るべき被虐待経験であったが、後に医学的検査を受けた結果、その女性に妊娠歴などないことが判明した。その女性はカウンセラーを告発し、一九九六年にー〇〇万ドルで和解が成立した。

ここまで具体的かつ鮮明で生々しい記憶であっても、実はそれが偽物であり、そのような偽の記憶を、心理療法を通して植えつけることができるとは、にわかには信じがたいことである。だが、これらは現実に起こった出来事なのである。


 どうでしょうか。心理療法、催眠によって、いつわりの記憶が作られるのです。「生きがいの創造」の根拠となっている退行催眠はまったく信用できないということが分かってもらえると思います。

「生きがいの創造」の退行催眠批判 (06/10)


生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判 (06/11)


「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判 (06/13)


生きがいの創造を進化論 (06/14)


「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感 (06/16)




小学部は行います。中学部は休みにします。
(午後5時25分)
台風4号が接近しています。小学部は行います。モノレールやバスも 7時ごろから運休とのことなので、中学部は休みにいたします。よろしくお願いします。




(午後1時)
きょう台風接近、小学部はやる方向、中学部は未定

台風4号が接近し、夜には沖縄本島が暴風域に入るようです。セルフ塾では、暴風圏に入ったら休みとしています。

現在の段階では、小学部はやる方向です。中学部は6時頃の台風の位置、進路によって決めます。そのころまたメールいたします。

「次の文字について解きなさい」では、左辺のマイナスに注意
 中学2年生は、文字式の学習をしています。

 「次の等式を( )の中の文字について解きなさい」という問題があります。

 そこでは、「その文字が左辺でマイナスになっているときには、とても気をつけなさい」と注意しています。

 例えば
 -9y = -2x+1 のときです。
 両辺を、-9でわって
 y=(-2x+1)/(-9)

としてしまう子が多いのです。分母に-が来るのは間違いとは言えないかもしれませんが、ふつうやりません。不正解にされても文句は言えないでしょう。

 そういう時には、「いったん -1をかけて符号をすべて変えなさい」と言っています。
 -9y = -2x+1 を
 9y = 2x-1 にするのです。すると、
y=(2x -1)/9
 ということになります。

 また、「右辺でその文字の係数がプラスの場合には、移項ではなくて、そのまま両辺を入れ替えなさい」と注意しています。

 y = 2m+2n
の場合です。
いったん
 2m+2n = y
としてから解くのです。

 左辺でその文字の係数がマイナスになるとかなり面倒なので、細心の注意をさせる必要があります。

定型詩・・・琉歌
 中学生の詩の勉強で、詩の型が出てきます。

 口語自由詩、口語定型詩、文語自由詩、文語定型詩の4種類です。

 さて、中学生に一般的な定型詩の説明をした後、僕は「琉歌」の説明もします。琉歌は、日本の歌とはだいぶ違います。
 八八八六の形をし方をしているのです。これを「サンパチロク」と言います。八音が3つなので「さんぱち」ですね。

りゅう‐か〔リウ‐〕【×琉歌】
沖縄の短詩形の歌謡。主に八・八・八・六形式で、叙情的な内容のものが多い。一般に三線(さんしん)を伴奏に歌われる。
[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]

琉歌の定義
琉歌は八音を中心に、五音・六音・七音を標準とする定型詩である。基本的には「サンパチロク」といわれ、八・八・八・六を基本形とする。ウィキペディア


 中学生は、全く聞いたことがないという反応です。

 それで例を出します。だれでもが知っているのは「てぃんさぐぬ花」です。

 この詩の音数えると 8886になっていることがわかります。

『てぃんさぐぬ花』(てんさごの花)      作詞・作曲 沖縄民謡
(1)
  てぃんさぐぬ花や 
  爪先(チミサチ)に染(ス)みてぃ  
  親(ウヤ)ぬゆし事(グトゥ)や 
  肝(チム)に染(ス)みり




 そのほか、汗水節もそうです。

汗水節
汗水ゆ流ち(あしみじゆながち)(訳)汗水流し
働ちゅる人ぬ(はたらちゅるひとぬ)(訳)働く人の〉
心嬉しさや(くくるうりしさや)(訳)〈その心の嬉しさは
他所ぬ知ゆみ(よそのしゆみ)(訳)働かない者は知ることがない〉
エイヤサーサー 他所の知ゆみ
(囃子)しゅらーよー しゅらーよー 働かな
    しゅらーよー しゅらーよー 働かな




 沖縄の歌人として有名な、吉屋チルーはここ読谷とも関係が深い人です。貧しくて売られていくとき比謝橋をうたった歌は有名です。
 といっても、中学生はほとんど知らないのですが。


恨む比謝橋や 
恨む比謝橋(ひじゃばし)や  (訳) 恨めしい比謝橋よ。
情き無ん人ぬ  (訳) 情けの無い人が
我ん渡さとぅ思てぃ  (訳)私を(那覇の遊郭に)渡そうと思って
架きてぃうちゃら (訳) 架けられた橋なのか


 このような話をしながら、定型詩といっても沖縄の琉球の歌は少し違うんだよと話ます。

 また、本土のまねではなく、独自の歌の型を発展、完成させたということで、昔の琉球の人は偉かったんだという話し申します。僕も誇りに思います。




「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感
「生きがいの創造」に、次のような部分があります。

「信じることがもたらする結果の有効性」を考慮した方が望ましい場合もある

「死後の生命」や「生まれ変わり」の知識が、その真偽の議論とは別に、それを信じる人々に対して、望ましい心理的影響を与える。


 それについては理解できます。真実を知った方が幸せになるとは限らないのです。

 サンタクロースがいると信じている子どもと、サンタクロースはいないんだとわかった子どもでどちらが幸せと感じているでしょうか。サンタクロースがいるという夢をもった方が幸せなのかもしれません。

 このことを考える時に、いつも西田佐知子の「東京ブルース」の歌詞が頭に浮びます。

 どうせわたしをだますなら、
 死ぬまでだましてほしかった


 だまされているときの方が幸せなのです。真実を知ったために不幸に陥ることもあるのです。

 だから、魂の存在、死後の世界を信じることの方が幸せになることもあるでしょう。

 しかし、それを信じたために不幸になるいろいろな合理的判断ができないということもよくあるように思います。

 「霊感商法」というのがありました。あのような詐欺に出合うのは、魂の存在を信じる信じているからです。

 病気になったときに、病院に行き医者の治療を受けるのではなく、祈りで直そうとする人もいます。

 沖縄にはユタがいます。民間霊媒師です。

 何か困ったことがあると、ユタのところに行く人が少なくありません。すると、ウガンブスク(お願不足)というお告げをもらうことがよくあります。

 つまり、祈り、願いが足りないから、祖先の霊が慰められず、悪いことが起こっているというのです。

 それを信じる人はせっせと各地を巡ってお祈りをするのです。

 そんなことをするより、もっと合理的な解決法があるはずです。

 魂の存在など信じて間違った方向にエネルギーを注ぐのではなく、もっと合理的な解決法を考えてもらいたいのです。

「生きがいの創造」の退行催眠批判 (06/10)


生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判 (06/11)


「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判 (06/13)


生きがいの創造を進化論 (06/14)


「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感 (06/16)


「生きがいの創造」批判・・・記憶はウソをつく

メートルの定義について
メートルを国語辞典で引いてみます。

メートル【(フランス)mtre】【米】
1 国際単位系(SI)の基本単位の一で、長さの単位。

1メートルの定義は、初め地球の子午線の4000万分の1とされ、国際メートル原器が作られたが、
1960年にはクリプトン86の原子が真空中で発する色の波長の165万763.73倍とされ、
83年からは光が真空中を2億9979万2458分の1秒間に進む長さとされる。記号m メーター。
[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]



この
「1メートルの定義は、初め地球の子午線の4000万分の1とされ」
というところです。
 それについては、もちろん知っていました。

 でも、なにか中途半端だなと感じていました。

 「4000万分の1」の「4」というのが何なんだろうと思っていたのです。

 どうせ決めるなら、もっと区切りのいい数にすればいいのにと思っていたのです。

 でも、深く考えずに、これまで来ました。

 さて、小学6年に「メートル法」の学習が出てきます。その教材をつくるために少し調べると、次のような説明がありました。

ウィキペディア「メートル」

元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を1/10000000倍した長さを意図し、



 これなら理解できます。

 つまり赤道から北極点までを1万kmとしたのです。これなら切れがいいです。

 赤道から北極点までは地球の一周の1/4です。だから 1周は4万kmになり、
1mは地球一周の 1/40000000ということになるのですね。

 国語辞典でも、「地球の赤道と北極点の間の1/10000000」のように書けば理解しやすいのにと思います。
 字数の関係なのでしょうか。

生きがいの創造を進化論
 「生きがいの創造」の中に次のように書かれています。
 

 本書で整理した「死後の生命」や「生まれ変わり」の研究結果は、現在最も合理的だと考えられている物理学の普遍的法則や、生物学の進化論などを、決して真っ向から否定するものではありません。


 「死後の生命」や「生まれ変わり」と進化論は、どのように両立するのでしょうか。

 原始地球において、無機物から有機物が作られていきます。

 たんぱく質ができます。そしてDNAに似たようなものができます。

 でも、それはまだ生命とは呼べないものです。

 生物と無生物の境は、とてもあいまいなものです。この段階では魂のはどうなっているのでしょうか。
 生きてる間は魂があって、死んだら魂が抜けるのですね。

 生きていることと、死んでいることの差ははっきりしません。

 どのような状態なんでしょうか。

 さて、だんだん進化して、単細胞の生き物ができます。これは確実に生きています。

 でも、単細胞です。意識というのは全く全くありません。

 そのときの魂というのはどんなものなのでしょう。

 そして、そのころに魂ができると思のですが、どのようにしてできたのでしょうか。

 単細胞が進化して、多細胞の生物になります。
 どんどん進んで魚になったとしましょう。このあたりになると、魂がありそうだな、想像できないことはありませんね。

 でも、魚の意識ははっきりしていないと思われます。もちろん、アニミズム的に魚の考えも理解できないことはありませんが。

 僕は犬や猫を飼っています。彼らと生活を共にすると、犬や猫には意識があると感じます。

 でも、犬や猫には言葉がありません。死んだ後は、その魂が次にどのような人生を送るか決めるとのことです。

 犬や猫の魂が、どのようにして、それを決めるのでしょうか。

 猿人まで進化し、そして原人になります。

 彼らはまだ十分に自由に話せるわけではありません。その彼らが、次の人生を決めることができるのでしょうか。

 しばらくすると、死んだ人を埋葬するようになります。花を死体といっしょに埋めることもします。
 そのころになって初めて生物は死を考えるようになるのですね。

 ぼくには、進化論と、魂、生まれ変わりは、どうも両立しないように思われます。

「生きがいの創造」の退行催眠批判 (06/10)


生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判 (06/11)


「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判 (06/13)


生きがいの創造を進化論 (06/14)


「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感 (06/16)


「生きがいの創造」批判・・・記憶はウソをつく

「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判
 「生きがいの創造」には、「自分の人生に100パーセントの責任がある」と書かれています。

 あちこちから抜粋してみます。

 自分がどのような人間で、どのような境遇にいるかということは、すべて自分の責任である。自分自身が、それを選んだ張本人なのだ。

 一番重要なのは、今回の人生で私たちがおかれた境遇は、決して偶然にもたらされたものではない、ということだ。私たちは、この世において、中間生(あの世)で自分が選んだことを体現しているのだ。私たち自身が、中間生で肉体をもたない状態のときに決定したことによって、今回の人生が決まる。

 お前たちは、自分の人生に100パーセントの責任がある。

 死後の生命や生まれ変わりの研究からは、障害や病気を持って生まれること、あるいは人生の途中で障害や病気をもつことが、ほかの誰のせいでもなく、自分自身で計画した試練であり、試験問題であることがわかっています。


 なんとひどいことを書いているのでしょうか。

 水俣病やイタイイタイ病などの公害病も、企業や国の責任ではなく、その被害者の責任だというのでしょうか。
 あのようなひどいめにあっている人に、今の苦しさはあなたの責任です、とよく言えるものです。企業や国は喜んでいるでしょう。

 えん罪事件もそうです。足利事件の菅谷さんは、無罪であるにもかかわらず何年も刑務所暮らしをしたのです。それも、検事の責任ではなく、菅谷さん本人の責任だというのでしょうか。

 東日本大震災の被害者たちも、本人がそのような人生を選んだのでしょうか。

 酔っ払い運転でひき殺されるのも、その本人の責任なのでしょうか。

 全くもって腹立たしいです。

 そのようになったのはだれの責任なのか、というのをしっかり追求することが必要なのであり、本人の責任にしては絶対にいけないことです。

 本人の責任だと証明されているそうですが、それは退行催眠によるのだそうです。前にも書きましたが、裁判ではもう相手にもされなくなっている退行催眠です。

 そのようなもので、人生の責任がすべて本人にあるといわれたのでは、たまったものではありません。

「生きがいの創造」の退行催眠批判 (06/10)


生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判 (06/11)


「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判 (06/13)


生きがいの創造を進化論 (06/14)


「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感 (06/16)


「生きがいの創造」批判・・・記憶はウソをつく

RBCラジオ琉球放送の、沖縄県議選開票速報への注文
 おととい6月10日日曜日は、沖縄県県議選の投開票がありました。僕は関心があったので、その得票速報を聴きました。

 ラジオの番組表を見ると、琉球放送の方が早めに始まり、時間をたっぷり取っていました。それで琉球放送の開票速報を聞きました。

 その時に感じたことを書きます。

 僕は関心が高かったので、速報の結果をコンピューターのExcelで記録するつもりでした。

 立候補者名をインターネットで手に入れ、Excelに貼り付け、開票速報が始まるのを待っていました。

 まず、とても困ったのは、琉球放送の開票速報が、得票の高い順に読み上げられたことです。

 僕は、立候補の届け出順に名簿を作っていました。その順に読み上げられると思っていたのです。

 もちろん、得票の高い順に読み上げるというのは、価値のあることです。

 聴取者は、その方がわかりやすいだろうと思います。

 しかし、記録をとる者にとっては、上にいったり下にいったりと、とても厄介です。

 立候補の届け出順だと、そのまま上から記録して行けます。とても困りました。

 次に、開票速報の放送が、ただの1回しか読み上げられなかったのです。

 ラジオの声というのは流れてしまいます。テレビ画面があれば、1回だけの読み上げでいいのかもしれません。

 しかし、ラジオの場合には1回では絶対に聴き逃してしまいます。せめて 2回は繰り返してもらいたいです。

 僕は、ICレコーダーを準備して何とかある程度は記録することができたのですが、大変でした。

 次に、きちんと票数を読み上げず、途中で 「200票余りの差」ということでアナウンスすることが 2回ほどありました。

 記録するものとしては、きちんとした票数が知りたいのです。票数をきちんと言ってから、解説を加えればいいのです。

 また、新しい情報が、放送局の方には入っているのに、それがきちんと放送に流れていないと思われるところがありました。

 当落ラインの数名だけの票数を述べていることがあったのです。

 ラジオの聴取者は、少しでも早く開票状況を聞きたいのです。
「わかるなら放送してくれよ」と思いました。

 以上、記録をとりながら放送を聞いたものの一人として感想を書いておきます。

生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判
 「生きがいの創造」の中で飯田氏は、次のように述べています。少し長くなりますが、引用します。


「死後生仮説」の優位性

「死後の生命」や「生まれ変わり」の研究は、その科学的真偽の議論とは別の次元で、これらを否定する論者に対する絶対的な優位性を持っています。

(中略)

(1)死後の生命は存在しないこと」は永遠に実証できない

「死後の生命は存在する」という命題については、データを蓄積したり、管理された研究条件のもとで科学的に実証することが、方法として可能です。その反面、「死後の生命は存在しない」という命題の場合、当然ながら、そもそも存在しないもの自体を確認することは不可能です。

 そのため、否定論者は、肯定論者が「存在する」という証拠をひとつひとつ検証し、そのすべてについて「証拠として認められない」ことを、公正な立場から確認する必要があり、すべての証拠が完全に否定された段階で、ようやく「現在のところ死後の生命が存在するという証拠はないため、死後の生命は存在しないものと思われる」という、科学的推論をみちびき出すしか方法がないのです。

 しかし、たとえ死後生存の証拠がすべて否定されたとしても、あくまでも「現在のところは」という条件つきであり、将来、決定的な証拠が得られる可能性は十分にあります。したがって、「死後の生命」というテーマについては、論理的にみて、「認めるだけの決定的証拠はないが否定する方法もない」か、「認めようと判断できるだけの証拠が得られた」かという、二つの状態しかありません。

つまり、肯定論者が「悪くても現状維持、おそらく明るい未来」という希望を持つことができるのに対して、否定論者には、「ひたすらがんばっても現状維持、もしかすると敗北」という未来しかないのです(もちろん、勝ち負けという問題ではありませんが・・・)。



 これは明らかに間違えています。

 容疑者が無罪であることを証明できなくても、真犯人をつかまえれば、その容疑者は明らかに無罪です。

 サンタクロースが存在しないことを証明できなくても、クリスマスのプレゼントをもってきたのがお父さん(お母さん)だということがわかった子どもは、サンタクロースがいないことを理解します。

 雷神がいないことを証明できなくても、雷の正体が電気であることを説明できれば、雷神は存在する必要がありません。

 神がいないことを証明できなくても、神が創造したとされる世界が、どのようにできたのか、自然科学ですべて説明できれば神の存在など必要ありません。
 そのことについては次のページ参照。
ホーキング、宇宙と人間を語る


 魂や、「死後の世界」などは、生きているとは何なのか、死ぬとは何なのか、を説明するために人間が考え出したものです。

 生きている人が、ある日死んでしまいます。

 その、生きているときと、死んだときの違いは何だろう、と人間は考えました。

 そして魂が宿っているときが生きていることで、それが抜け出してしまうことが死んでしまうのだと考えたのです。
 そして、魂が抜けて「死後の世界」に行くと考えたのです。

その説明は単純で分かりやすいので、世界各地にあります。

 その生きているとは何なのか、死んでしまうとは何なのかの説明は、現在、生物学、医学において説明が可能です。

 魂の存在を、全く考える必要はないのです。

 つまり、魂がないこと、死後の世界がないことを証明できなくても、
 生きているとは何なのか、死んでしまうとは何なのかが説明できれば、魂や死後の世界などは存在する余地は全くないのです。

 死後生存の証拠を否定する必要はありません。だから、「死後生仮説」の優位性は成り立たないのです。


 次のページも参考にしてください。
精神と物質

「生きがいの創造」の退行催眠批判 (06/10)


生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判 (06/11)


「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判 (06/13)


生きがいの創造を進化論 (06/14)


「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感 (06/16)


「生きがいの創造」批判・・・記憶はウソをつく

「生きがいの創造」の退行催眠批判
 「生きがいの創造」という本が、かなり読まれているようです。

 この本によると「われわれの本質(魂)は不死の存在であり、肉体は死んでも、ほとんど間違いなく、また人間に生まれてくる」そうです。

 僕に言わせれば、全く非科学的な主張です。

 それを少しずつ批判していきたいと思います。

 「生きがいの創造」では、先の主張の根拠として、「退行催眠」という手法によって、過去の記憶を読みかえらせ、過去生(前世をふくむこれまでのすべての人生)を語ることができたからだとのべています。

 「退行催眠」についてですが、アメリカで次のようなことがありました。

 アメリカで、子供が親に性的虐待を受けたということで訴訟が起こります。

 催眠によって、親に性的虐待を受けた記憶がよみがえってきたからです。

 それが裁判で争われました。

 結局、催眠によってよみがえった記憶は間違いだったということになったのです。

 それ以後は、催眠の記憶による裁判は起こらないようになっているとのことです。

 つまり、催眠によってよみがえった記憶は間違いの可能性がかなり高いのです。

虚偽記憶

虚偽記憶(きょぎきおく、英: False Memory)とは、誤った催眠療法の誘導によって捏造された、実際には起っていない筈の出来事に関する記憶(エピソード記憶)のこと。斎藤学は「過誤記憶」と訳している。

 エリザベス・ロフタスは記憶が操作される可能性を司法の場で指摘した。彼女は「ショッピングモールの迷子」という実験において、まず家族の証言による実際の過去の記録3つに「ショッピングモールにおいて迷子になった」という嘘の記録1つを混ぜることで、4分の1の被験者に対してその嘘の記憶を埋め込むことに成功したことを示し、人間の記憶の不確かさを指摘した。

 1997年にはカウンセラーが催眠により性的虐待の記憶を呼び戻す治療法(すなわち、すべての記憶を取り戻さなくては健康は回復できないという考え)はアメリカ心理学会ではほとんど支持を失った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 僕は催眠そのものを否定するつもりはありません。

 催眠も実際におこるものです。

 しかし、それによって導かれた記憶が偽りだということが十分にあるということです。

だから、この「生きがいの創造」のよりどころとしている退行催眠による過去生ことというのは、信頼できるものではないのです。

「生きがいの創造」の退行催眠批判 (06/10)


生きがいの創造、「『死後生仮説』の優位性」批判 (06/11)


「生きがいの創造」の「すべて自分の責任」批判 (06/13)


生きがいの創造を進化論 (06/14)


「生きがいの創造」、真理を認識することと幸せ感 (06/16)


「生きがいの創造」批判・・・記憶はウソをつく

和製英語がとても多くなっている
 小学5年生のMzkさんが言いました。
「きょう、Mraは休むかもしれないよ。
昨日、シャトルランをして、気分が悪くなったと言って、今日学校休んでいたから。
Yojiさん『シャトルラン』って知っている ?」

 僕は、「シャトルラン」という言葉を初めて聞きました。

 ただ、「シャトル」というのが、「往復するもの」、「ラン」が「走る」という意味だと知っていたので、
「往復して走ることなの?」と言いました。

「そう」と返ってきました。

 その後、ネットで調べると次のようになっています。

20メートルシャトルラン
20メートルシャトルランは、体力測定の方法。往復持久走とも言う。
2008年に改定された文部科学省のスポーツテストの項目に採用されている。



 さて、子どもたちと話して思うのですが、僕が学生のころに比べると、和製英語がとても多くなっています。

 この「シャトルshuttle」というのも、大学入試に向けて、ぼくは英単語として必死に暗記しました。

 「(機(はた)の)杼(ひ) 《横糸を左右に通す器具》」ということで。

 その後、シャトルバス、スペースシャトルが出て、日常的にも使われてきました。

 そういう意味で、今の子どもたちは、英単語をかなり知っているということです。

 ただ、シャトルというのが、英語のshuttleで、「往復するもの」という意味だときちんと確認する必要はあるでしょう。

shuttle
【名詞】
1【可算名詞】
a(近距離間の)定期往復便,折り返し運転.
b定期往復[シャトル]バス[列車,飛行機(など)].
c宇宙往復船,スペースシャトル.
2【可算名詞】
a(機(はた)の)杼(ひ) 《横糸を左右に通す器具》.
b(ミシンの)シャトル 《下糸入れ》.
3=shuttlecock.
研究社 新英和中辞典


0 はやはりむつかしい
 中学2年生は連立方程式の学習に入りました。
だいぶ上手になってきました。

 ところが、連立方程式を解いていき、20x=0というのが出てくると、とても戸惑うようです。

40x+15y=8,
20x+15y=8
で、右辺で引き算8-8をするとき、答えがゼロになってしまうが、どうしたらいいものかと、立ち往生してしまうのです。

20x=0の次にx=1にしている子がいます。

また別かの子は x= 20としています。

0が出てくると途端にどうすればいいのか混乱してしまうのです。

何とか x=0/20 まで導きます。

そして
「0個のケーキを20人で食べると一人何個?」
と尋ねると
「0個だね」と言って、答えにx=0 を書いていました。

20x=0は中学1年生の方程式でやっています。

その時は何とかちゃんとをできるようになったのですが、しばらくぶりにやると、忘れるのでしょう。

0 はやはり難しいのですね。

Kkさんは
「0個のケーキを20人で食べるって、かわいそうだね」と言っていました。

「米兵による花嫁拉致事件(沖縄)」
 日本共産党中央委員会理論政治誌「前衛」(2012年6月号)の「座談会 沖縄県民と党の戦いから何を学ぶが」を読みました。

 その出席者の一人仲松庸全は、僕の叔父です。

 おじから直接聞いたこともありますが、ここに 1947年に起こった、「米兵による花嫁拉致事件」のことが書いてあります。

 映画にでもなりそうな、恐ろしい事件です。

 ネットで探しても、そのことに触れているページは見当たりませんでした。多くの人に知ってもらいたいと思い、叔父のその部分の発言を転載いたします。

このほか、統計にも数えられず闇に葬られた犠牲者は数知れません。

 私が具志川市にあった沖縄文京高校に在学中(1947年)、学校から数100mの兼箇段集落で、米兵の一群が結婚式当日の花嫁を拉致する事件が起きました。

 米兵らは2台のトラックに乗り、銃を乱射し、村人たちは棒と鎌、投石で戦いました。

 私たち学生も駆けつけて村人たちと共に戦いました。

 花嫁は無事に取り返しましたが、事件はまるで戦場そのものでした。

 復帰40年の今日、なおその状況は変わっていません。


 怖ろしい事件です。本当に植民地です。米兵は占領意識がかなり強いのです。

 

金星が太陽面を横断するのを観察
 昨日6月6日、金星が太陽面を横断しました。

 その前日まで、台風3号の影響か、とても厚い雲に覆われて、太陽は一切見えませんでした。

 でも、天気予報では6月6日は、雲の合い間から太陽が見えるとのこと。少々期待しながら寝ました。

 7時30分ごろ、目をさましました。外が明るいです。陽がさしているようです。

 急いで太陽観測用のオペラグラスを持って外に出ました。
 雲に覆われていますが、それほど厚くありません。

 オペラグラスで太陽を見ましたが、金星らしきのは見えません。雲が少しでもかかってるとはっきりしないのです。大分待って、雲が切れました。

 見えました。金星の小さな点が。

 鏡の観測用ではぼけているせいか金星はわかりません。
 写真に撮ることもできませんでした。

 とにかくオペラグラスで見ることができ一応満足です。

 10時ごろ塾に行きました。そこで見上げるのですが、明るすぎるのか僕には見えません。

 12時ごろKyokoが来ました。Kyokoは見えるとのこと。

 でも、ぼくには分かりません。朝の方がよく分かりました。

「リットル」は、 ℓではなくL
 現在、学校の教科書では、リットルの記号として小文字の筆記体(ℓ)ではなく、活字体 Lが使われています。

 長い間、筆記体(ℓ)を使っていたので、何かまだ違和感があります。

 ただ、この(ℓ)は、ワープロで教材を作ってつくるときにはとてもやっかいなものでした。

 ワープロで打つと普通は活字体のlが出ます。活字のlは
英字のIや数字の1とほとんど区別ができません。

 11lこれは11リットルと書いたつもりですが、よくわかりません。

それで、いろいろフォントを探して、(ℓ)を使っていました。

 教科書でLが使われるようになったのは、ワープロのせいかなと思いながら、ネットで理由を探してみました。

 そうではないのですね。

 世界的には、この筆記体(ℓ)は、多くの国で使われていないようです。そうではなくの(L)が使われているのですね。

 教科書を世界的な傾向に合わせたのです。

 教科書でLが使われているので、そのつもりでスーパーの商品を見ると、ミルクなどは Lが使われていますね。

次はウィキペディアの記述の一部です。

ウィキペディア「リットル」

1

979年、第16回CGPM(国際度量衡総会)で、大文字の L をリットルの新たな記号として用いることが採択された。

多くの国ではこの記号(ℓ)は用いられておらず、国際度量衡局 (BIPM)、国際標準化機構 (ISO) やその他の国際標準機関はこの記号を公式なものと認めていない。

1979年、第16回CGPMで、大文字の L をリットルの新たな記号として用いることが採択された。

また、将来この2つのうちのどちらか1つのみを正式なものとして選択されるべきであると表明されたが、1990年の会議ではまだその時期ではないとされている。

現在では、産業技術総合研究所やアメリカ標準技術局 (NIST) は、大文字の L を使用することを推奨している。

また、1979年以前には、小文字の l の筆記体である ℓ (U+2113) が日本をはじめとするいくつかの国でリットルの記号として使用されていた。

この記号は、現在でも非英語圏の国のいくつかで見ることができる。

日本の小学校教育では、過去に ℓ を用いるように教えていた。

しかし、多くの国ではこの記号は用いられておらず、国際度量衡局 (BIPM)、国際標準化機構 (ISO) やその他の国際標準機関はこの記号を公式なものと認めていない。

日本においては、筆記体のエルのほか、中学高校の教科書では斜体字のエル l を用いているものがあった。

斜体字は物理量を表す変数を意味し、単位は立体字で書くことになっているため、単位の取扱としては誤りである。

このため2006年度の教科書検定では、高校物理IIおよび高校化学IIの教科書では L と表記を変更する措置がとられた。

平成24年現在では、ほとんどの教科書で L や l が用いられており、 ℓ の表記はほぼ使われていない。

2000年に規格化された文字コード規格のJIS X 0213は、リットルを表す記号として ℓ を採用した、ただし、リットルの意味として L や l の使用を制限するわけではないと規定してある。

縦書き表記では、 l を使用することはほとんどなく、 L が使用されることも疎らで、もっぱら ℓ が使用されるか、SI接頭辞の記号 + ℓ (mℓ 等)を縦中横にしたり、 ㍑ の形の組文字を使用することが多い。





professionalの意味は。
中学3年の英語の教科書にprofessionalという単語が出てきます。

片腕のプロ野球選手 Pete Gray を話題にしたページです。

そこで、子どもたちはprofessional を「プロの」と訳していました。「教科書にもそう載っているよ」と言っています。

 僕は、「『プロの』で間違えているわけではないけど、それでは、その『プロ』ってどういう意味?」
 と生徒たちに尋ねました。

 すると、「上手な、とてもうまい」という返答です。

 子どもたちは、「プロ野球選手」などということで、「プロ」を理解しています。

 プロ野球選手はアマチュアの選手に比べると、確かに上手です。
 だから「うまい選手」をプロだと思ってるのです。

 英和辞典でプロフェッショナルを調べると、次のようになっています。

pro・fes・sion・al
[1]〈限定〉知的職業の, 知的職業にふさわしい;専門職(業)の;専門の〔教育など〕(liberal).
[2]〈限定〉職業上の, 職業的.
[3]本職の, 玄人の;〔選手や競技が〕プロの, プロ...
[4]プロなみの, 玄人はだしの.
[5]軽蔑〈限定〉商売にしている, 常習的な.
[6]スポーツ・婉曲〔反則が〕巧妙な意図的な.
[1]知的職業人,(技術)専門家.
[2]玄人;職業選手, プロ;(amateur;話 pro).
[ 新グローバル英和辞典 提供: 三省堂 ]


また、国語辞典でプロを調べると、次のようになっています。

プロ
1 《「プロフェッショナル」の略》ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。本職。くろうと。「その道の―」「―顔負けの腕前」「―ゴルファー」⇔アマ。
[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]


 つまり、「プロ」とは「そのことを職業として行っている人たち」です。
職業としているかどうか、そしてお金を得てるかどうか、ということがポイントになります。

 「プロ」という言葉は確かに日本語になってはいますが、子どもたちが、どうそれを理解しているのかもチェックしなければいけません。

 professionalを「プロの」と訳せるだけでは不十分なのです。

分離量は「ビー玉型の量」、連続量は、「テープ型の量」
小学6年の算数に、「資料の整理」が復活しました。柱状グラフを書く問題が主な内容です。

 棒グラフと柱状グラフはよく似ています。この2つのグラフの差は、分離量と連続量の違いによります。


分離量・連続量


分離量とは,りんごの個数,子どもの人数,鳥の数など,それを細かく分けていくとある単位以上に分離することができない量のことです。言いかえれば,数えることによって物の個数として表される量のことで,0と自然数1,2,3……で表せます。
分離量の名数には,人,枚,個,冊,匹……など物によって様々な単位があり,自然数の意味の理解とともに捉らえられていきます。
(中略)
一方,コップの中の水などは,一つにつながっており,いくら細かく分けていってもきりがありません。しかし,分けられた水をまた元のコップに入れると元の量になります。
このような量は,個体を成しておらず,数えることができないもので,連続量といいます。
連続量は,最小の単位が決まらず,人為的に単位を決めて,測定という操作によってそのいくつ分であるかを調べなければなりません。長さ,面積,体積,重さ,時間,温度などが連続量です。



 その連続量と分離量のを違いがわからなければ、棒グラフと柱状グラフの違いもわかりません。教科書を読むと、それがあいまいです。

 柱状グラフの場合には、形が枠いっぱいなっているだけで、基本的に棒グラフと変わらないと思ってしまいます。僕もそう思っていました。

 それで、分離量と連続量の区別を、簡単に導入しようと思っています。

 しかし、この2つの用語はいかにも難しいです。取っ付きにくいです。

 もっと分かりやすい表現はないだろうか、ネット上を探したのですが、見つかりません。

 それでいろいろ考えました。

 その結果、思いついたのが、分離量を「ビー玉型の量」、連続量を「テープ型の量」とするというものです。

 最初、分離量をリンゴ型の量と思ったのですが、リンゴは簡単にナイフで分けることができます。子どもが混乱するかもしれません。

 その点、ビー玉を切ろうと考える人はいないでしょう。

 もっと何かいい表現があれば教えていただきたいです。




2012年6月11日記

 学校図書の教科書 算数 を見たら、

15 量と単位に、

 「ばらばらの量」、「つながった量」 という用語が出てきます。

 ばらばらの量は分離量、つながった量は連続量のことですね。

 ぼくの考えた「ビー玉型量」、「テープ型量」のほうがわかりやすいとは思いますが、

 ばらばらの量と分離量、つながった量と連続量はつながりやすいですね。

 どちらにしようか。

 

質量保存の法則を、嫁とり婚で説明
 Kkさんがやってきました。
「学校で、化学反応の後に質量が増えるって習ったけど、よく意味がわからなかった」と言っています。

 その日は、型通りの説明をしたら、何とか納得はしたと言っていました。

 その後、何か面白いたとえはないかと考えてみました。

 そこで、嫁取り婚を考えました。

 Kkさんが来た時に話しました。

 「今は、結婚はいろいろ自由だけど、嫁取り婚という慣習がある場合を考えてみよう。

 つまり、嫁取り婚というのは、結婚をすると、お嫁さんが家族に加わって、家族の一員になるということ。

 さて、2人の男の人がいるとしよう。結婚をしてお嫁さんを貰うと、2人の女の人が家族に入ってくる。人数が増えるでしょう。

図1
yometori1.jpg


 銅の酸化の場合も同じだよ。銅を熱すると酸素が化合する。

 空気中にあった酸素が銅にくっつくんだね。だからもちろん質量も重くなる。

図2
yometori2.jpg


 さて、今度は、お父さん、お母さんと姉と妹の4人家族だとする。
娘さん2人がお嫁に行くんだ。すると2人いなくなるね。

図3
yometori3.jpg

 有機物の場合は、炭素とその他の原子の化合物だね。

 有機物を熱すると、炭素が酸素と化合して二酸化炭素になって空気中にれていくんだ。

 だからその他の原子が残されるんだね。そのために質量は軽くなる。
図4
yometori4.jpg

 「Yojiさんは、いつも変なたとえを思いつくよね」とKkさんが言っていました。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.