FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

動脈、静脈と動脈血、静脈血
きのう中学2年生の NnmさんとKkさんが理科の問題で同じように間違えて習いに来ました。
ちらっと見るとAyrさんも同じように間違えています。たぶん、きょう習いに来るでしょう。
 動脈、静脈と動脈血、静脈血の問題です。

 動脈と動脈血、静脈と静脈血は文字づらはとてもよく似ています。でも、全く違う概念です。たからこの問題はよく間違えるのです。きちんと確認します。

 動脈、静脈というのは血管の名前です。
 一方、動脈血、静脈血というのは血液の名前です。

 動脈というのは、心臓から出ていく血液が流れる血管です。
 一方静脈というのは心臓にもどってくる血液が流れる血管です。

 心臓はポンプをです。その心臓が押し出した血液が流れる動脈はドクンドクンと動いています。脈が動くので動脈ですね。

 動脈血というのは、二酸化炭素が少なく酸素が多い血液のことです。
 静脈血とは、その反対で、酸素が少なく二酸化炭素が多い血液です。

 血管である動脈・静脈は心臓を中心とした考え方です。
 心臓をから出ていくのが動脈で、心臓にもどるのが静脈です。

 そしてそれがどこに向かうかで名前が違います。
 体全体に送り出されるのが大動脈です。
そして体全体から戻ってくる血管が大静脈です。

 心臓から肺へ向かって送り出されるのが肺動脈です。そして肺から心臓にもどってくるのが肺静脈です。

 次の図のようになります。赤色が動脈、青色が静脈です。
domyakujomyaku1.jpeg


 動脈血・静脈血というのは肺を中心とした考えです。
 二酸化炭素と酸素は肺で交換されます。全身からやってきた血液は肺に二酸化炭素を与え、肺から酸素をもらいます。

 だから肺まで来る血液は二酸化炭素が多く、肺をでていく血液は酸素が多くなります。

 肺から出て、心臓を中継し、全身に行くのが動脈血です。肺を出るので酸素が多いのです。

 そして、全身からいったん心臓にもどり、そして肺までやってくるのが静脈血です。全身の細胞に酸素を与え、二酸化炭素を受け取った血液です。

 次の図を見てください。赤く塗られたところは動脈血が、青く塗られたところが静脈血が流れています。
domyakujomyaku2.jpeg

 そして、2つの図を並べてみました。
domyakujomyaku3.jpeg

 どうでしょうか。
 大動脈には動脈血が、大静脈には静脈血が流れています。
 これはいいのですが、

 肺静脈には動脈血が、
 肺動脈には静脈血が
 流れていることがわかりますか。

 肺動脈、肺静脈では名前とは逆の血液が流れるのです。

 多くの生徒が、肺動脈には動脈血が、肺静脈には静脈血がと、名前で判断して答えますが、

 その逆で、肺動脈には静脈血が、肺静脈には動脈血が流れるということをしっかり理解する必要があります。


「動脈血」は「酸素血」、「静脈血」は「二酸化炭素血」
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.