FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「動脈血」は「酸素血」、「静脈血」は「二酸化炭素血」
このブログ前の記事で、動脈と静脈、動脈血と静脈血について書きました。
動脈、静脈と動脈血、静脈血

 その話を、Kyokoにすると、
「Kykさんも習いに来たよ。説明すると、納得していたよ。あの子はじっくり考える子だから。
 でも、この動脈血、静脈血という名前が悪いのよ」
 と言っています。

 確かにそうだと思います。

 動脈血、静脈血を、英語でどういうのか調べてみました。

どうみゃく【動脈】=an artery
動脈の arterial
動脈血 arterial blood

じょうみゃく【静脈】=a vein
静脈の venous [víns]
静脈血 venous blood
  提供元:「プログレッシブ和英中辞典」



 これからすると、英語(またはドイツ語かな)の訳として動脈血、静脈血ができたのでしょうね。

 動脈血は酸素が多くて、赤い鮮やかな色をしています。
 それに対して、静脈血は酸素が少なく赤黒い色をしています。
 この色の違いは、赤血球にあるヘモグロビンに、酸素が結合しているか、していないかによります。

 次のページには、静脈血に酸素を吹きこみ、赤黒い色が鮮やかな赤に変わる実験が見られます。
赤い血と赤黒い血|NHK for School
 さて、以下は僕の推理です。裏付けはないのでそのつもりで読んで下さい。

 昔、動脈から血をとると鮮やかな赤い色をしていました。一方、静脈からとった血は赤黒い色をしていました。

 それで、鮮やかな赤い色をした血は動脈を通り、赤黒い色の血は静脈をとおると考えたのです。

 だから、鮮やかな赤色の血を動脈血、赤黒い血を静脈血と呼ぶことにしました。

 そして、解剖学が進歩します。すると肺に向かう動脈の中は、赤黒い色をした血、肺から心臓に向かう静脈の中は、鮮やかな赤色の血が流れているということがわかったのです。

 でも、もうそのころには動脈血、静脈血という呼び名が定着していたので、そのまま使い続けたのですね。


 以上の考えは自然だと思います。たぶんその通りでしょう。

 この呼び名は慣れると問題ないのでしょうが、中学生にとっては混乱のもとです。間違えて当然の名前です。

 それで、僕はKyokoに、
「それなら酸素血、二酸化炭素血ならどうか」と言いました。

 動脈血は酸素が多い血液なので「酸素血」、
静脈血は二酸化炭素が多いので「二酸化炭素血」。

 これなら中学生も、理解しやすく、間違いも少なくなると思うのですが、どうでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.