FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

高校入試5科の要点チェック (シグマベスト) [単行本]
Kさんから

一問一答式の参考書で具体的な本の名前等を教えていただいたら助かります。


 というメールをいただきました。ありがとうございます。

 さて、Kさんのおまごさんは小学生ですね。

 中学生にすすめているのは

高校入試5科の要点チェック (シグマベスト) [単行本]
文英堂編集部 (編さん)

 です。


 基本的なことが一問一答にまとめられています。

 小学生用に関しては、すみません、よく分かりません。

 いま、ネット上で調べてみたのですが、ふさわしいのが見あたりませんでした。

 文英堂と学研は、基本的なことをよくまとめているように思います。
スポンサーサイト




旅の行動記録、ICレコーダーの録音をPCで音声認識テキスト化
今回の滋賀県旅行では ICレコーダーに録音した記録をコンピューターで音声認識し、テキスト化する方法で行動記録を整理しました。

 いつも旅行に行くと行動記録をつけています。次のようなとても簡単なものです。

8:41 石山寺の駐車場に到着。駐車料金\600を支払う
8:47 史跡石山貝塚
8:51 西国13番石山寺 の仁王門
8:55 拝観料 大人\500×2
8:59 石山寺毘沙門堂
9:00 天然記念物石山硅灰石
9:04 石山寺本堂
9:11 紫式部源氏の間



滋賀の旅1日目
滋賀の旅2日目
滋賀の旅3日目
滋賀の旅4日目

 それを、今回は ICレコーダーに録音、それをコンピュータで音声認識、テキスト化するという方法で行いました。

 まず、その場所に行った時に、時刻と行動記録を録音します。

8時41分 石山寺の駐車場に到着。駐車料金600円を支払う


 のようにです。

 そして、ホテルに帰って、コンピューターとicレコーダーを接続します。ちょっと操作し、ボタンを押すと、パラパラパラと行動記録がコンピューター上に文字化されるのです。

 その間、妻とおしゃべりをしたり、後片付けをしたりします。

 テキスト化が終わると、キーボードなどを使って手直しをします。認識率は 70 %ほどでしょうか。それでも結構使えます。

 これまでは、ICレコーダーに録音した記録を再生し、イアホンで聞きながら、それをコンピューターにとりつけたマイクに向かってしゃべり、音声認識で記録していました。

 それに比べるとだいぶ楽でした。

 ただ、コンピューターに向かっている時と比べて、音声認識がどのくらいされるのか、フィードバックがありません。
 しゃべていることをどれぐらい認識してくれるのかわからないのです。

 だから 3~4回、繰り返し言いました。

8時41分8時41分8時41分 石山寺の駐車場に到着。石山寺の駐車場に到着。石山寺の駐車場に到着。石山寺の駐車場に到着。


 のようにです。

 その内の1回くらいは認識してくれます。

 だから、テキストを訂正するときには、間違えたところ、ダブったところを削除する、ということで仕事が進みます。

 あのうるさい駅のホームで録音した記録もけっこう認識してくれました。

 おすすめです。

 今回使ったicレコーダは次のものです。


 単一指向性マイクロホンが付属されています。また強力ノイズカット再生機能もついています。

 今回音声認識がうまくいったのは、それらの機能のおかげかもしれません。

 また、付属のソフト、サウンドオーガナイザーがあり、それでする録音モードMP3から WAVに変換することができました。

 ICレコーダーからのテキスト化については次のページを参照ください。


ICレコーダーの録音をPCで音声認識してテキスト化することに成功。Windowsのvistaの音声認識で。認識率もまあまあ。


教科別にまとめて本を出版していただけたら良いな
(Kさんからメールをいただきました)


 いつも有難うございます。さっそくブログを拝見いたしました。改めて自分のふがいなさを感じています。四面楚歌ではなく、いろいろな事、沢山の人を通じて道開きをしていただいている事に感謝です。もう1度田の字の本をしっかり目を通してみます。

 過去の先生のブログから、教科を問わず良いなと思う指導方法を読んでいたのですが、あっちこっちに散らばって(かたづけてない)いざという時に見つかりません。

 そこでお願いがあります。教科別にまとめて本を出版していただけたら良いな・・・・と思います。さらに多忙になりますが、たくさんの子どもたちを

導けるのではないかと思います。我儘なお願いでしょうがよろしくお願い致します。  有難うございました。そしてよろしくお願い致します。次回のブログを楽しみに待っています。


(Yojiの返信)

 Kさま、身に余る評価うれしく思います。ありがとうございます。

 吉田兼好の徒然草に

硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。


 とありますね。

 内容的には、徒然草の足元にも及びませんが、書く姿勢は似ていると思います。

 僕は、コンピューターに「向かひて」、今日は何を書こうかなと「心にうつりゆくよしなしごとを」書きつづっています。

 だから、全体としては一貫性のないものになっていて、読み進めていくと読みづらいところがありますね。申し訳ありません。

 まとめてみたい気持ちはありますが、自費出版となると、経費がかなりかかります。

 万が一にも、出版社から声がかかれば、喜んでまとめてみたいものです。

ありがとうございます。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.