FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

溶液,溶質,溶媒
yoeki1.jpeg

砂糖を水(お湯)に溶かし、砂糖水を作ります。
このように物質を液体に溶かしたとき,
溶けている物質を溶質(ようしつ)といいます。
溶けている物質なので溶質です。
砂糖水の砂糖は溶質です。
食塩水の食塩も溶質です。

yoeki2.jpeg

物質を液体に溶かしたとき,溶かしている液体を
溶媒(ようばい)といいます。
砂糖水の水は溶媒です。
食塩水でも水が溶媒です。
アルコールが溶媒になることもあります。
梅酒は梅のエキス、砂糖などを溶質とし、
アルコールを溶媒とした飲み物です。
溶媒の「媒(ばい)」は、「媒介」の「媒」で 仲立ちという意味です。
「仲立ち」とは双方の間に立って事をとりもつことです。
溶質と溶質を媒介する、仲立ちするものということで、溶媒ですね。

yoeki3.jpeg

物質を液体に溶かしたとき,溶けた液全体を
溶液(ようえき)といいます。
物質が溶けた液なので溶液です。
砂糖水、食塩水は溶液です。
梅酒も溶液です。

yoeki4.jpeg

なお,溶媒が水のときの溶液を特に水溶液といいます。
水の溶液で水溶液です。
砂糖水、食塩水は水溶液です。
梅酒は水溶液ではなく、アルコール溶液です。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.