FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語の「教える」、teach =教育する, tell =伝える、言う、 show =見せる
 「駅への道を教えてください」を英作させると、teachを使う生徒が少なくありません。いやほとんどです。
 teach = 「教える」と覚えているのですから、「教えてください」で teachを使うのは、当然な感じがします。

 ただ、この場合には、tellまたは show を使わなければいけません。

学研の「ジュニアアンカー英和辞典」には、次のようにあります。




teachは、学問や技術など努力のいることを指導すること、
tellは、言葉で説明すること、
showは、実際にやったり、図で示すこと
だから道を教えるときに、showを用いると、地図を使ったり、同行することを表す。



また 「エクスプレスEゲイト英和辞典」には次のようにあります。


teach: 学問や技術などを習得させること
道などを教えるという場合は、tellやshowを使う
tell: 言葉で教えること
show: 地図を示したり案内して教えること
Tell me the way to the park.「公園までの道を教えてください」
Teach me the way とは言わない


とあります。

 これだけの説明で十分だと思いますが、英作で「教える」が出てきたとき、teach なのか、tell なのかの見分け方を、考えてみました。

「教える」には、「教育する」と「知識を伝える」という意味が、あります。

 teachは「教育する」、tellは「伝える・言う」と使い分けてみたらどうでしょう。

 「教育する」に置き換わる「教える」はteach、「言う」に置き換わる「教える」はtellと考えるのです

○ 「英語を教える」=「英語を教育する」
× 「英語を教える」=「英語を言う」
○ 「ピアノの弾き方を教える」=「ピアノの弾き方を教育する」
× 「ピアノの弾き方を教える」=「ピアノの弾き方を言う」

 一方「言う」に置き換えることのできる「教える」はtellです。
○ 「駅への道を教えてください」=「駅への道を言ってください」
× 「駅への道を教えてください」=「駅への道を教育してください」

○ 「あなたの名前を教えて下さい」=「あなたの名前を言って下さい」
× 「あなたの名前を教えて下さい」=「あなたの名前を教育して下さい」

ただ、educate「教育する」 という単語があるので、やはりteach=教える で覚えたほうがいいでしょうね。

 また、セルフ塾では、say=言う、tell=告げる、語る、 で覚えるように指導しています。

 そう言えば、ビートルズの歌詞に
 Tell me why you cried. というのがありました。
 「なぜ泣いたのか教えて」という意味です。
 これも ○「なぜ泣いたのか言って」 ×「なぜ泣いたのか教育して」
 ですね。

 そしてshowは、語義通り「見せる」と考えていいでしょう。

 「駅への道を見せて下さいです」から「地図を見せたり、実際に一緒に歩いてみせる」ということになります。

 さて、上で
× 「ピアノの弾き方を教える」=「ピアノの弾き方を言う」

としましたが、
「ピアノの弾き方を教える」=「ピアノの弾き方を見せる」
は、日本語的には「○」ですね。
 Show me how to play the piano. という英語はどうなのでしょうか。
 いいような気がしますが、よく分かりません。
 英語の得意な方、教えてください。




(この記事にHideさんからコメントをいただきました。以下に転載いたします)

こんにちは。明けましておめでとうございます。今年もようじさんのブログを楽しみしていますので、頑張って更新して下さい^^

今回の
Show me how to~

多分ですが、ネイティブもそう言う人はいますよ!
あえてニュアンスや状況での違いを上げるとすると(僕の感覚ですが)、↓な感じです。

Show me~
「じゃあ、やってみせてくれよ!」的な感じでしょうか。普通にShow me~という表現はネイティブは使ってたような気がします。

(Yojiから)
 Hideさん、ありがとうございます。

 ネイティブも「
 Show me how を使うのですね。

 勉強になります。
スポンサーサイト




きょうからセルフ塾の学習が始まります。
 セルフっ子の皆さん、明けましておめでとうございます。今年も又楽しく学習に励んで下さい。

 さて、セルフ塾の冬休みも終わりました。きょうから学習が始まります。

 時間は通常通り、小学生は5:30から、中学生は 7:15からです。よろしく。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.