FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「漢字検定、事前通知」
漢字検定が目前に迫りました。以下のことをよく読んで確認してください。

●日時 2月3日(日曜日)  ●場所 セルフ塾学習室
●検定時間(10分前には説明を始めます。15分前までに着席ください)
         2級 10:00~11:00
       準2級 11:50~12:50
   8級、9級、10級 11:50~12:30
   3級、5級、7級 13:40~14:40
      4級、6級 15:30~16:30

場所  『セルフ塾』学習室

携帯品(持ってくるもの)
HBまたはBの鉛筆もしくはシャープペンシル(2~3本)  
消しゴム(消しゴムなどの貸し借りは絶対にできません)
◇ 検定開始10分前には着席しなければなりません。
◇ 遅刻者は、開始後30分(児童漢字検定は20分)までは受験できますが、
  以後は失格とし、検定会場には入室できません。
 検定までもうすぐです。みなさんの合格を願っています。
スポンサーサイト




過去分詞には過去の意味も含まれる
僕は、過去分詞には過去の意味がなく受動の意味がある、だから受動分詞と呼んだ方がいいと書いたことがあります。

過去分詞と受動分詞

現在完了の成り立ち

 それは「楽しい英文法」、「英語の素朴な疑問に答える36章」に書いてあったことに納得したからです。





 受動態においては、そのことは今でも正しいと思っています。

 しかし、現在完了(「現在中心」という名がいいが)においては、過去分詞は過去の意味を持っていると考えた方が、自然な感じがしています。

 「現在完了」というのは、過去の出来事が今でもひきずっている、という意味です。

My uncle came to see me. は、過去の文です。
これは「私の叔父が私に会いに来た」という過去の一時点での出来事をあらわしているだけです。

それに対し
My uncle has come to see me.は、現在完了の文です。

「私の叔父が(過去に)私に会いに来て、(現在でも)ここにいる」ということを表しています。

 このように、現在完了は過去の動作、状態を現在と関連づけた文です。

 その過去の部分は過去分詞で、そしてhaveが現在を表していると考えた方が自然な気がするのです。
 つまり、「~したという過去の状態を、現在も持っている(have)」というふうに考えるのです。

先ほどの
My uncle has come to see me.は、
「私の叔父が、(過去に)私に会いに来た、その状態を(現在も)持っている(have)」と考えるのです。

現在完了は、大きく四つの用法に分けることができます。4つの用法といっても基本は同じです。ただ、副詞によって少々訳がちがうだけ。

 その四つについて今の考えで推し進めてみます。

 まず「完了」です。

I have just washed all the dishes.
「私は、すべての皿を(過去に)洗ったという状態をちょうど(現在)もっている」

 だから、「ちょうど洗い終えたところだ」になります。

Has he finished his homework yet?
「彼はもう彼の宿題を終えた状態を持っていますか」

「彼はもう終えてしまいましたか」になります。

 これは、宿題を終えた状態があって、宿題を終えてホッとしているというような感じも伝えているのです。

次に、「結果」の用法です。

He has gone to London.
「彼はロンドンに(過去に)行った、その状態を(現在も)もっている」と考えます。

 だから、ロンドンに行って、いまここにいない、ロンドンにいる、という意味を持ちます。

 I have lost my key.「私は私のカギを(過去に)なくした。その状態を(現在)持っている」と考えます。
 だから、過去になくした結果として、今そのカギを持っていない、ということが含まれます。

次に「経験」です。
I have seen that girl before.
「私は以前(過去に)あの少女を見たという状態(経験)を(現在)持っている」と考えます。
 だから「あの少女に以前会ったことがある」となります。

 Have you ever been to Hawaii?
 「あなたは、今までに(過去に)ハワイにいた状態(経験)をもっていますか」と考えます。すると、「ハワイに行ったことがありますか」となります。

 最後は「継続」です。
I have known her for five years.
「私は5年前に彼女を知った、そしてこの5年間ずっとその状態を持っている」となります。

She has been sick since last week.
「彼女は、先週(過去に)病気だった、それ以来病気だった状態を(現在も)もっている」と考えます。

 だから「先週からずっと病気である」ということになります。

 このように過去分詞で過去を表し、その状態を現在持っている(have)と考えると、スムーズに現在完了(中心)を理解できるような気がします。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.