FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

名護市指定文化(天然記念物)大浦のイチョウ
天仁屋バン崎の褶曲を見に行く途中で、大浦のイチョウをみました。

 ネットで天仁屋の褶曲を探していると、名護市指定文化(天然記念物)大浦のイチョウがあるとのこと。

 せっかくだから、見物に行こうということにしました。

 大浦について、集落の中を走らせましたが、イチョウが見当たりません。

 共同売店で尋ねると、店の人が外に出て、場所を示してくれました。
 すぐ裏手にあるとのこと。「車はここにとめたらいいよ」ととても親切です。

 本当に、すぐそこにありました。葉っぱがすべて落ちています。

CIMG2042.jpg



 考えてみればイチョウは落葉樹です。葉が落ちることも考えられます。ただ沖縄では落葉する木ははあまりないので予想していませんでした。

 途中から上もなくなっているので、イチョウらしさが感じられません。

 それで見つけることが出来なかったのかもしれません。

 木の下には、イチョウの葉が見えました。
CIMG2043.jpg

 次は説明板からです。
CIMG2041.jpg

大浦のイチョウ

イチョウ(Ginkgo biloba,1)はイチョウ科の落葉喬木である。中国原産とされるが自生地は不明で、高さは約30mに達し、老樹巨木としてしばしば各地で天然記念物に指定される。葉は扇形で、秋には美しく黄変する。雌雄異株。

大浦のイチョウは、明治35年(1902)から大正3年(1914)3月までの12年間、久志の尋常高等小学校の校長を務めた志々目新太郎氏が当時親交を深めていたく久志村の収入役比嘉浩氏に贈ったもの。転出を記念して、沖縄にめずらしいイチョウの木を出身地の鹿児島県喜入村(現鹿児島市)から3本持ってきて植えたといわれている。

太平洋戦争当時まで2本残っていたが、そのうち1本が戦後になって枯れた。たった1本残ったこの木も、戦時中には主幹上部を焼き失ったが、奇跡的にも生育を続け、今日に至っている。

 県内ではほかに例をみないイチョウの巨木で、比嘉家の方々をはじめ、区民から親しまれ大切にされている巨木である。樹高約13m 、胸高周囲約53cm
平成21年(2009年)3月。

スポンサーサイト




火山の写真、下さい。
理科の教材で、火山の写真が要りようです。

鐘状火山の平成新山・昭和新山・有珠山
盾状火山のハワイのマウナロアやキラウエア、
成層火山の鹿児島県桜島・三原山です。

写真をお持ちの方は、送っていただけないでしょうか。
鐘状、盾状、成層の型が分かるアングルのもの。

商業用として使ってもいいものをお願いします。
よろしくお願いします。

「天仁屋バン崎の海岸一帯の褶曲」
 「名護市嘉陽層の褶曲」を見に行きました。

 新聞に「国の天然記念物に指定された」という記事があったからです。

ネットで調べるとすごい褶曲(しゅうきょく)のようです。

④「名護市嘉陽層の褶曲」国の天然記念物への新規指定について

【要旨】名護市の東海岸には嘉陽層と呼ばれる砂岩と泥岩からなる地層が分布し、海岸の断崖にはこの地層が露出している。なかでも天仁屋バン崎の海岸一帯で確認されている嘉陽層には、ダイナミックな褶曲や地層の逆転現象などに加え、生物が這った痕である生痕化石(せいこんかせき)も数種類観察されることから、地学学習の場として高く評価されている。
今回、「名護市嘉陽層の褶曲」が9月19日に官報告示され、国指定天然記念物に指定された。
※「名護市嘉陽層の褶曲」=名護市指定文化財「底仁屋の褶曲」(平成4年11月1日指定)と天仁屋バン崎の褶曲及びその地先海域


 受験生の指導を終えて、2時過ぎに出発。途中、コンビニでおにぎりなどの昼食を買いました。

 少し走ったところで、カメラを忘れていることに気付き、取りに戻りました。

「落ち着いてしっかりしているようにみえて、こんなポカするんだよね。Yojiらしい」とKyoko.

40分ほどロスしてしまいました。

 途中、「大浦の大銀杏」を見物。別記事に書くつもり。

 ネットのページによると、国道331号線嘉陽から底仁屋にぬける国道331号線の旧道に褶曲がみられるようです。

 しかし、路頭の切り通しは、木や草でもうすっかり覆われています。それらしい姿が見えません。
(2013年3月15日追記:後日、友人Yoshihiroくんから「天仁屋ポンプ場のところで横道に入ると褶曲が見える」と教わりました。機会を見つけて行ってみたいです。)

 次に天仁屋バン崎に向かいました。

 グーグルMAPで調べたところ、そこまでの道はありません。

 途中で道が途切れています。

 それでも途中から歩ける道ぐらいはあるだろうと思い、中山林業生産企業組合のところから入って行きました。

 道は途中で切れて、先には進めません。しかたなくUターン。

 次の集落で右に折れ、海岸に向かいます。でも途中からすごい荒れた道になりました。坂道でスリップして、どうなるかと思う場面も。

 先へは進めないようなのでまたUターン。

 もう今日はあきらめて帰ろうか。準備不足だ、でも、もう少し進んで見ようか、ということで、国道を北に向かいました。

 そこに天仁屋の集落があり、そこを通り抜けて、海に向かうと意外にスムーズに海岸に到着。

 そこで車を降り、浜辺を歩くと、すごい褶曲を見ることができました。

 すごいところです。岩になった地層が、大きく折れ曲がっています。

 断層になっている場所もありました。褶曲と断層が組み合わされているのです。

 完全に折り畳まれて、上下が逆転している場所もあります。

 とにかくすごいスケールです。海岸沿いに2キロは歩きました。
 どこどこまでも、永遠に褶曲が続くのかと思われました。

 新聞記事の写真にあった、すごい褶曲の岩はまだ見つかりません。

 でも、途中迷ったので日が暮れかかってきました。
 潮も満ちてくる時間です。
 途中で引き返してきました。

 それでも、Kyokoは、すごい褶曲を見ることができた、と満足しています。

 満足な1日だった、多くの人に紹介して、見せてあげたいとも言っています

 足元は、岩石がいっぱいです。その石も地層のように、一つ一つに縞模様になってます。

 とても歩きにくいところでした。行く人はしっかりした靴で来たほうがいいですね。


CIMG2046.jpg


CIMG2047.jpg

CIMG2048.jpg


CIMG2049.jpg

CIMG2051.jpg

CIMG2050.jpg

CIMG2052.jpg

CIMG2053.jpg

CIMG2054.jpg


CIMG2057.jpg

CIMG2058.jpg


より大きな地図で 国の天然記念物天仁屋バン崎 を表示
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.