FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「子どものやる気を起こすには」に「ブログ拍手」が多数
 ちょっとした異変が起こっています。
 このブログの「子どものやる気を起こすには」の記事に、拍手が急に多くなっています。

子どものやる気を起こすには

 10日ほど前から、つきはじめ、これまで15の拍手が付いています。

 2年前の2011年04月28日に書いた記事で、これまで拍手はありませんでした。

 約10日間で1つの記事に15の拍手というのは、これまでにないことです。

 どこかで紹介されたのでしょうか。
スポンサーサイト




中学生のための、「寝殿造」と「書院造」
 中学歴史で、住宅のつくりに、寝殿造と書院造が出てきます。

 中学生にとっては、

寝殿造は、平安時代の貴族の住宅、
書院造は、室町時代に始まった武士の住宅

 と覚えればいいと思います。

 そして、書院造は現代の和風建築の基本だということも知っていたらいいですね。

 なお、京都御所、厳島神社は、寝殿造りで、
http://i-zukan.net/ic/h_japan2.htm

 二条城、金閣寺、銀閣寺は、書院造りだそうです。
http://i-zukan.net/ic/h_japan3.htm

 難関高校の入試に関してはわかりませんが、公立高校の基本的な問題はそれだけで十分です。

 一応、ヤフー辞書からそれぞれの言葉の意味を転載します。

しんでん‐づくり【寝殿造(り)】
平安中期に成立した貴族の住宅形式。中央に寝殿とよぶ主屋があり、その東・西・北にそれぞれ対屋(たいのや)を設け、渡殿(わたどの)で結ぶ。東西両対屋から南に中門廊を出し、中ほどに中門を、先端の池畔に釣殿を設ける。屋根は檜皮葺(ひわだぶ)き・入母屋(いりもや)造り。室内は板敷きで、置き畳を用いた。寝殿の前庭は白砂敷きで、その南に中島のある池がある。建物の配置は左右対称を理想としたが、平安後期にはしだいにくずれ、簡略化されていった。



しょいん‐づくり〔シヨヰン‐〕【書院造(り)】
室町時代に始まり桃山時代に完成した武家住宅の様式。基本として座敷に、床の間・違い棚・付け書院・帳台構えを設備するもの。銀閣寺(慈照寺)の足利義政の書斎であった東求堂同仁斎は、ほぼその形式が整った現存最古の例。





中学生のための電動機(モーター)の原理
 これから、中学生のために、モーターがなぜ回るのかについて書きます。
その前に、
1,磁石は異なる極同士(N極とS極)は引き合う力(引力)が働き、、同じ極同士(N極とN極、S極とS極)は、反発する力、斥力(せきりょく)が働くこと

2、コイルに電流を流すと磁石になる、磁界を帯びること、

3、電流の流れが逆になると、コイルの極が反対になること、

4、そして、整流子によって、電流が逆に流れることについての理解はできているものとします。
 整流子の原理については、次のページを参照ください。

整流子の分かりやすい教え方


 中学生に、理解してもらうために、話を作りました。次の話は、フィクションです。ただモーター(電動機)の知識については正しいです。

 Y氏は、磁石の力を使って、回転するもの(モーター)を作ることができるのではないか、と考えました。

 磁石には、引き合う力、反発する力があるので、その力を利用するのです。

 両端に N極とS極を設置します。

 そのあいだに、回転することのできる棒磁石を置きます。

 次の図のような場合、N極はS極に、S極はN極にひかれるので、時計回りに回転が始まります。

motor1.jpg


 そして、その勢いで、両端に備えられた磁石を超えて、動きます。これを慣性の力と言います。急に止まることはないのです。

motor2.jpg


 しかし、それを越えると、両端に備えられた磁石によって棒磁石は引き寄せられて、これまでの運動とは逆向き、反時計回りに動きます。

motor3.jpg


 回転を続けることができないのです。

 そこでY氏は考えました。

 両端の磁石の極を通り過ぎた瞬間に、別の極に変えることはできないかと。
 つまり N極がS極に、S極がN極に変えることができないかと考えたのです。
motor4.jpg

 それができれば、回転を続けることができるはずです。

 同じ極同士だと反発する力が働きます。近づくときには両端の磁石とは、異なる極になり、それをすぎると同じ極になればいいのです。

 図の右側を見てください。
 棒磁石の N極はS極にひかれて時計回りに回転していきます。
 S極を過ぎた瞬間に 棒磁石のN極がS極に変われば、反発する力、斥力が働きます。

 すると、この棒磁石は、そのまま時計回りの回転を続けることができます。

 そこでY氏は考えました。
 どうにかして一瞬にして棒磁石の極を変えることができないかと。

 そこで考えたのが、電磁石です。
 コイルに電流を流すと磁石になります。磁界を帯びるのです。両端がN極とS極になります。

 そして、電流の向きを逆にすると、このN極とS極は全く逆になります。

motor5.jpg


 そこで、電磁石(鉄にコイルを巻いたもの)を、棒磁石の代わりにします。

 そして、両端に備えられた磁石を通り過ぎた瞬間に、電流の向きを逆にすれば、回転を続けることができるはずです。

 Y氏は、次に、一瞬にして電流の向きを逆にすることができないか考えました。そこで思いついたのが、整流子です。

 整流子だと、一瞬にして電流の向きを逆にすることができます。

 それで、次のように、磁石はコイルの磁石に近づくときには異なる極になるようにします。

motor7.jpg


次の瞬間、電流は流れません。だから、電磁石ではなくなります。しかし、勢いがついているので、そのまま同じ方向に動き続けます。

motor8.jpg

次の場合、。整流子のため電流が逆に流れます。
極が逆になります。
近くにある磁石は同じ極になるので、反発する力が働きます。
motor9.jpg

このように 電流が流れているかぎり、同じ向きの回転を続けることができるのです。モーターの完成です。




この本は「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(物理)に関するものを集めたものです。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.