FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

セルフ塾ブログ、2013年2月の拍手数ランキング
過去30日間のブログ拍手、エントリーランキンです。2月は28日までなので、1月の分も入っています。

 この 30日間に 131の拍手がありました。ありがとうございます。
これまでにない多さです。

「子どものやる気を起こすには」の17回は、別の記事にも書きましたが、ちょっとした異変です。

円の面積を求める公式と円周の長さを求める公式の区別は、以前から拍手が多かったのですが、9回はいつになく多いです。
 

合計 131

(拍手 17回)
子どものやる気を起こすには


(拍手 9回)
円の面積を求める公式と円周の長さを求める公式の区別


(拍手 5回)
尊王攘夷の「攘夷」とは


火成岩の種類の覚え方


「実像」と「虚像」との違い


(拍手 3回)
有機物と無機物


(拍手 2回)
保育園「子どもの世界」の卒業生2人


中学生のための「アルキメデスの原理」


分子でできている物質と、分子を作らない物質


6年漢字一覧表(181字) 教科書(創造)


cm2(平方センチメートル)をm2(平方メートル)に換算する


沖縄県平成24年度県立高等学校入学者選抜一般入学初回志願状況


沖縄県立高校入試推薦志願倍率が発表


「国庫支出金」と「地方交付税交付金」の違いは?。使い道が指定されているものと、自由なもの。


どこに句切れが?


「窓ぎわのトットちゃん」に見るセルフラーニング

(拍手 1回)
「子どものやる気を起こすには」に「ブログ拍手」が多数
沖縄県2013年度(平成25年度)県立高等学校入学者選抜一般入学最終志願状況
整流子を僕の体で説明
県立高校入学内定の2人の作文
中学生のための「コリオリの力 」
P波と初期微動の関係は、風と、それにゆれる木の葉の関係
フレミングの左手の法則(変則)の覚え方
今年の受験対策は、過去問題、予想問題を時間を決めてテストを形式で
子育ては応用問題、基礎力をつけて対応
化合物と混合物の違い
ろ過の原理、なぜこしわけられるか
尊敬語と謙譲語の見分け方
バスの間引き運転を告発
水深と浮力、そして浮き沈み
中学生のための「水圧」
県立高校入試問題(社会)、沖縄関連問題
トーカチは、米(八十八歳)の升を切るもの
分数を割り算に直す方法
手鏡太陽投影機を試作
不登校の子どもの指導、行動療法で。
嘉手納高校、平成24年度入学者選抜試験合格発表(2次)普通科、2012年度
平成24年度沖縄県立高校最終志願状況(セルフ塾関係)
比較級で長い単語にはmoreをつける、「長い」ってどういう意味?
「やませ」と「冷害」はどう違うか。「やませ」は風で「冷害」は災害
単位の換算は「田の字表」でやると分かりやすい。
「生かさず殺す」
自分の子どもの能力が劣ることを受け入れる
生徒が塾をやめる時
4つの辺の長さがどれも等しい四角形は、正方形??
教科書にでてくるお話
びっくりイタリア9日間 3月28日(月)1日目
60° 30°の直角三角形の対応辺
なぜ、本(ホン)は音読みか?
なぜ火成岩(火山岩、深成岩)?
あえて叱る
子どもころの小さなずれが大人になると大きなずれに
高機能テキストエディタ
沖縄県高校入試で、二次募集がなくなる?
我慢させられる経験が我慢する力に
尖閣漁船衝突事件とかんしゃく行動
クーラー禁止令
しつけは難しい
「希」の書き順
反抗期は、ホルモンのせいだよ
合同条件を頭に置きながら,証明を進める
2次関数の変化の割合は、簡単な公式 a(p+q) で
携帯電話着信音付きキーホルダー
なぜ,フレミングの左手の法則?
なぜ,youは,単数,複数が同じなのか?
保育園児はストレスに強い
叔母の85歳の生年祝い(トゥシビースージ)
マシュマロ・テスト(EQ―こころの知能指数)
計算が速くてはいけないか?
親は火星人,子どもは金星人
腹式呼吸
ほうびは後で与えるもの
沖縄県県立高校入試の最終志願状況
扇状地と三角州
be動詞の区別は慣れてしまった(三単現のsは不要か)
品詞を見分ける(国文法)
フレミングの左手の法則の変則
しっかり死んでください
子どもに愛が伝わっていますか
セルフラーニングの長所と短所
スキナーによるプログラム学習の原理
「わかる」へのこだわり
最高席次を讃える
スポンサーサイト

中学生のための領海、公海、排他的経済水域
 中学生の地理では、領海、公海、排他的経済水域について学びます。

 それについては、次のページできちんとをのべられています。

排他的経済水域(EEZ)と領海及び公海の違いを教えて下さい。

 ただ、中学生にとっては難しいと思うので、僕なりに説明します。

 かなりおおざっぱな説明になりますが、中学生にとってはわかりやすいはずです。中学生はこの程度の理解でいいです。

 ここでは、「日本にとって」ということで説明します。

 まず「領海」についてです。
 海岸線から12海里(約22キロメートル)までは「領海」です。

 領海は日本のものです。領海は日本なのです。

 いろんな面で、領土と同じような扱いをします。
 だから、日本の法律が適用されるところです。

 外国の船などが勝手なことをすることはできません。そこに入るな、と日本が言えば、出ていかなければいけません。

 領土が自分の家(建物)だとすると、領海は、自分の家の庭のようなものですね。


 次は「公海」です。

 日本の海岸線から200海里(約370キロメートル)より遠い海で、他の国の領海、排他的経済水域でない海は公海です。

 公海は、どの国のものでもない海のことです。

 公海は、公園のようなものです。

 個人的なだれのものでもありません。みんなのものということです。
 だから、公海では、どの国の船も自由に航行できます。

 さて、その中間にあるのが「排他的経済水域」です。つまり、12海里(約22キロメートル)から200海里(約370キロメートル)までがそうです。

 「排他的経済水域」とは、名前にあるように、経済的なことに関しては、ほかの国の権利を排する水域だということです。
 経済的というのは、お金に関係すると考えていいでしょう。

 だから、その水域の魚などは日本のものです。魚は釣って売ればお金になりますね。だから経済なのです。
 ほかの国の漁船が勝手に、その海域で魚をとることはできません。

 また、その水域で、石油がみつかったとします。その石油は日本のものになります。
 ほかの国が勝手にそれをとってはいけません。

 このように、経済的なことに関しては日本のものだ、ということになります。

 しかし、経済のほかについては日本の権利はありません。
 だから、それ以外のことなら、自由です。

 ほかの国の船が航行することができます。
 また、海底ケーブルなどを設置するのも自由なのです。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.